雑貨・日用品
2020/2/13 20:50

これぞまさに調理革命! まな板と包丁が合体した「クレバーカッター」レビュー

お茶の間にユニークな商品を提供する「テレビショッピング研究所」。目を引くアイテムが多数販売されている中、注目を浴びていたのが「クレバーカッター」です。包丁とまな板が合体した同商品に、ネット上からは「かなり切れ味が鋭くて使いやすい」「細い食べ物を切る時に大活躍する」といった声が上がっています。ロフトの通販サイトでは1760円で発売中ですが、一体どのような使い心地なのでしょうか?

 

【関連記事】
びんの狭間に宇宙空間!? 保温・保冷力に優れた「真空断熱スープジャー/JBT-300」レビュー

 

●細長い野菜などをササッと切れる「クレバーカッター」(テレビショッピング研究所)

ちょっとだけ食材を切るためだけに、包丁とまな板を取り出すのは少し面倒ですよね。そんな時に活躍する同商品は、ハサミのような見た目をしたブラックカラーのフードカッター。調理時間の短縮に最適な他、包丁を使うのが苦手な人でも安全にカットできます。サイズは約7.5×2.8×24.7cmで重さは190gほど。

 

 

↑包丁部分とまな板部分は取り外しが可能

 

銀色のカッター刃はさびにくいステンレス製です。きゅうりなどの細長い食材だけでなく、じゃがいものような大ぶりの野菜もカットできる模様。まな板の部分はポリアセタール、取手はポリプロピレンやABS樹脂で作られていました。

 

 

↑「パワープレッシャーハンドル」で手の負担が軽減

 

ハンドル部分をよく見てみると、バネのようなパーツ「パワープレッシャーハンドル」がついています。野菜を切る際に手の負担が軽くなる装置で、閉じたカッター刃を開いた状態に戻してくれるそう。ハンドルの端部には赤色のセーフティロックを搭載しているため、カバンやキッチン棚などへ収納する際にとても便利です。

 

↑セーフティーロックも搭載

 

試しにきゅうりを切ってみると、ハサミと同じ感覚でスムーズに切れました。力は必要なく、連続でカットしても手の疲れはほとんど感じません。簡単なメニューであれば、まな板や包丁を使わずに調理できるはず。ちなみに刃とまな板は分離可能なので、使い終わったら食器用洗剤できれいに洗ってください。

 

 

 

 

同商品の利用者からは、「にんじんや玉ねぎなどが超簡単に切れます。サイズがコンパクトなのでかさばらないのもGOOD」「予想以上に切れ味バツグン。少しだけ食材を切りたい時に大活躍する」「何回野菜を切っても手が全然疲れない。キャンプで使ったけど超便利だった」「まな板を洗う手間が省けて助かる。まさに調理グッズの革命だね」などと称賛の声が相次いでいました。

 

新生活で料理を始める人にもおススメな「クレバーカッター」。1つ持っておけば、快適なキッチンライフを送れるかもしれませんね。

 

【ギャラリー】

【関連記事】
たった10分で下駄箱がスッキリ! 新生活に向けて買っておきたい「伸縮シューズラック フレーム」レビュー

TAG
SHARE ON