AV
2015/12/7 18:30

AK380のスタンダードモデルが登場! これでようやく購入ができる……のか?「AK320」

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

12月3日にアユートからAstell&Kernのハイレゾポータブルプレーヤーの最新モデルが発表されました。超高級モデルのAK380のスタンダードモデル「AK320」です。発売日は12月18日で、すでに予約受付が開始されています。

 

AK380との違いは、内蔵メモリが256GBから半分の128GBになっており、外装の素材もジュラルミンからアルミニウムに変更されている点。ですが、容量に関してはmicroSDカード(最大128GB)に対応しているので、安心です。再生能力はDSDネイティブの再生ができずPCM変換での再生となっています。リニアPCMも192kHz/24bitまでで、それ以上のデータはダウンコンバートされるとのこと。それでも十分すぎる性能! AK380がモンスターすぎるってことですね。基本機能はそのモンスターマシンを同じであるのは嬉しいところです。

 

で、それらの機能を厳選したことで、価格がだいぶお安くなっています。価格はオープン価格ながら、直販価格が24万9980円になるとのこと。かなり安くなりましたよね……? え、約25万? だけど、AK380は価格もモンスター級で50万を超える感じだったわけで、そう考えれば半額以下。お買得といえばお買得なんです。とは言え、25万はビッグマネーですよね。アベノミクスでボーナスが増額してウハウハな人にはオススメです。

 

ポータブルプレーヤーといっても、家でネットワークオーディオに接続し、据え置きとしても十分使える実力があるとのことです。発表会場では視聴することもできました。AK380との聴き比べなどもできましたが、もはやどちらも自分の許容範囲を超えるレベル。どちらも素晴らしい音でした。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
AK320よりグラフィックイコライザーから、パラメトリックイコライザーに変更。より細かい設定をすることができるので、自分なりの音質にこだわる人には最適です。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
AK380との違い。DSDやPCM、USB DACなどのスペックを落としつつ、価格も落としています。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
AK320の発表と同時にハイレゾ配信の「groovers+」についても紹介していました。Wi-Fi搭載モデルから直接アクセスが可能になり、楽曲の購入が可能になりました。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
2015年12月末までに5万曲の配信を予定。参加しているレーベルも豊富です。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
さらにキャンペーンとして、Universal Jazz名盤5作品から1曲を無料ダウンロード可能。2016年9月末まで、全アルバム全楽曲がすべて3%オフになるとか。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
4型の大型タッチ液晶を搭載し、視認性が高く操作もしやすい。液晶も背面も剛性の高いGorilla Glassを使用し、耐久性も高いです。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ボリュームノブはデザイナーが光と影からイメージ。ボリュームノブ付近がくびれているのがAK380との大きな違いでもあります。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
外装はアルミの削りだし。削りだしならではのソリッド感が溢れ出しています。

 

 

写真・文/岡安学

TAG
SHARE ON