AV
レコーダー
2019/10/31 11:00

UHD BD再生に対応! 快適視聴にこだわった東芝レグザブルーレイ「UTシリーズ」が11月下旬発売!

東芝映像ソリューションは、「REGZA(レグザ)」ブランドよりUHD BDに対応したレグザブルーレイ「UTシリーズ」3機種と、HDDレコーダー「D-4KWH209」を11月下旬より順次発売します。

↑DBR-UTシリーズ

 

ラインナップは、UTシリーズが3TB HDD搭載の「DBR-UT309」(実売予想価格8万5000円前後/税抜)、2TBの「DBR-UT209」(同7万5000円前後/税抜)、1TBの「DBR-UT109」(同6万5000円前後/税抜)。HDDレコーダーは2TB HDD搭載の「D-4KWH209」(同7万円前後/税抜)のみ。発売はDBR-UT309のみ12月中旬で、ほかは11月下旬予定。

↑HDDレコーダー「D-4KWH209」

 

“見逃さない”にこだわったBDレコーダー

2019年のレグザブルーレイは、「『録りの逃さない』から、『見逃さない』へ」をコンセプトに、「時短」視聴機能などとの録画番組を快適に視聴するための機能が充実。また、同社のBDレコーダーでは初めてUHD BD再生にも対応しています。

↑東芝 レグザブルーレイ UTシリーズ

 

UTシリーズは、地デジ/BS/CSの3番組同時録画に対応したBDレコーダー。高画質な4K映像を楽しめるUHD BD再生にも対応するほか、BDやDVD、地デジ放送などの4K以外のコンテンツも4K解像度にアップコンバートして出力できます(24P/60P対応)。

 

また、4Kレグザテレビと組み合わせることで、さらに高画質で映像が楽しめる「レグザ4K高画質リンク」機能も搭載。様々なコンテンツをより自然で高精細に視聴することができます。

 

スマホ用アプリ「スマホdeレグザ」も進化しており、手元のスマホを使って音声での番組検索(※)や、音声操作に対応。時短のお好み設定や自動録画設定などもスマホ上で行えるようになります。

※:バージョンアップにより対応予定

 

4Kテレビと組み合わせられるHDDレコーダー

HDDレコーダー「D-4KWH209」は、BS/CS 4Kチューナーを2基、地デジ/BS/CSチューナーを2基備え、新4K衛星放送のW録画にも対応したHDDレコーダー。4Kチューナーを搭載していない4Kテレビと組み合わせることで、新4K衛星放送の視聴・録画が手軽に行えるようになります。また、レグザブルーレイと接続して、録画番組のBD保存も可能な「レグザリンクダビング」機能も搭載(4KコンテンツはHD変換が必要)。

↑D-4KWH209

 

4KレグザテレビでおなじみのAIクラウド型レコメンドサービス「みるコレ」を採用しており、ユーザーの視聴傾向に応じて好みの録画番組やネット動画コンテンツの提案を行ってくれます。また、録画した番組の見たいシーンだけを視聴できる「シーンリスト」や、自動スキップ+早見早聴き再生の「時短」視聴も可能(4K放送はHD変換した場合のみ)。

 

内蔵HDDは2TBで、最大7台までUSB HDDを増設可能(同時接続は4台まで)。

 

これから年末にかけて、テレビでは大型の特別番組が増える季節。レコーダーの購入や買い替えを検討している方は、ぜひレグザブルーレイをチェックしてみて下さい。

 

【この記事を読んだ方はコチラもオススメ】

2019年の東芝レグザは「攻めの有機EL戦略」! プロユースにも耐える4K有機ELテレビ「X930/X830」

BDレコーダー買うなら「4月以降」が狙い目! プロが教える「増税前」の駆け込み購入診断

TAG
SHARE ON