本・書籍
自己啓発
2019/8/7 6:00

『凪のお暇』の凪ちゃんのように空気を読みすぎてしまう人が、今すぐいい人をやめるたったひとつの方法とは?

TBSドラマ『凪のお暇』が大好きで、毎週金曜日の22時から大興奮しながら見ている私。

 

空気を読みすぎてしまう、黒木華さん演じる主人公の凪ちゃんが仕事も恋愛も手放してゼロから自分らしく生きていくストーリーなのですが、先日発表されたオリコンの最新ドラマバリューの満足度では、100ポイント中で97ポイントを獲得し大人気ドラマになっています。

 

感情移入してしまう個性豊かな登場人物たちに魅了されるのはもちろんですが、現代を生きていく上で、誰もが一度は「凪ちゃんみたいに全てをリセットしたい!」と願っていることも反映されているのではないでしょうか?

 

みんなが凪ちゃんのようにできたらいいですが、できない人がほとんどだと思いますので(笑)、今回は『「ひとりで頑張る自分」を休ませる本』(大嶋 信頼・著/大和書房・刊)より凪ちゃんのように「いい人」で苦しむあなたの気持ちがラクになるたったひとつの方法をお伝えしていきます。

 

気がついたら『いい人』になっているあなたへ

同僚から「ちょっとこれお願い〜」と雑用を頼まれてしまう、私じゃなくてもできる仕事がいつも回ってくる、仕事があるのに飲み会に参加しないといけない、職場では作り笑いのしすぎで帰宅後ぐったり、恋人に尽くしても振り向いてくれない、奥さんと仲良くしたいのに喧嘩が絶えずにいつも謝ってばかり……などなど。

 

そんな自分では「いい人」として頑張っていても、周りから嫌われて空気がギクシャクしちゃったりすることありませんか? 実は、あなたが「●●さんのために」とか「私がやらなきゃ」と張り切って「いい人」になるほど、周りはストレスを抱えているそうなんです!

 

相手のためにと「いい人」になれば、相手はそのバランスを取るために足を引っ張るような「悪い人」になってしまう。

(『「ひとりで頑張る自分」を休ませる本』より引用)

 

著者の大嶋さん曰く、これは人に備わっている恒常性という機能が働いている結果で、本能的に「真ん中に戻そう」という力が働いているからなんだとか。「いい人」をプラス5とすると、そのプラス5をゼロにするために、マイナス5の「悪い人」が出現してその空間のバランスを取ろうとするんですね。人間ってすごい……。

 

この恒常性は、個人の体の中でも起こることなのですが、テンションが上がりすぎても、ずっとテンションが上がり続けることってないですよね? 職場で、家族間で、恋人との関係の中で、いつ恒常性が働いているか、「真ん中」はどこなのかなどを一度考えてみると、気がつくことがあるかもしれません!

 

 

他人の力に乗っかれますか?

恒常性を意識することで、「みんなのため、職場のためと思っていたことが環境を悪化させてたかも…」と恐ろしくなった人いませんか?

 

『凪のお暇』の凪ちゃんは全てを捨ててリセットして人生をやり直しましたが、今のご時世、スパッとお仕事をやめるってなかなかできないですよね。ほとんどの方が、仕事を辞められずにこの現状に悩んでいると言う人が多いはず。「どうせ今の職場や立場は変えられないから…」と嘆かずに、もしかしたらあなたが「いい人」をやめることで周りの空気がガラリと変わるかもしれないのです!

 

じゃあ、実際に「いい人」をやめるにはどうしたらいいのか? 答えはとっても簡単で、他人の力に乗っかればいいだけ。

 

「他人の力」に乗っかる、とは具体的にどうしたらいいのか。

それは、「いい人」を演じる前に「相手に素直な質問」をすればいいんです。

(『「ひとりで頑張る自分」を休ませる本』より引用)

 

他人の力に乗っかる? 誰にも頼れる環境じゃないのよ! 私がやらなきゃ誰がやってくれるの? と思ったあなた!そして「私が手を抜くなんて、周りに迷惑だし申し訳ない」と思ったあなた! その考えがあなたを厄介な「いい人」にしてしまっているんですよ。

 

ここで言う「相手に素直な質問」をするというのは、問題が起きそうな時に「私がやってあげようか?」とか「ここは私に任せて!」と自分から率先して問題を取りに行かず、「○○についてどうしたらいいと思う?」や「●●さんはどう思う?」と、相手に聞いてみるだけ。「いい人」になって全てを自分でなんとかしようとせずに、相手にも委ねることができるようになれば、チームで仕事をする新しい楽しさを感じることができるようになるはずです。「いい人」がひょっこり顔を出したら「他人の力に乗っかろう!」と唱えちゃいましょう!

 

 

『いい人』をやめるには、自分中心に生きるしかない!

『「ひとりで頑張る自分」を休ませる本』は、「いい人」の皮を一枚一枚剥いてくれるように、優しく「いい人」からの脱出方法を解説してくれているのですが、その中でも私がほぉーと唸った一説をご紹介いたします。

 

ところが「いい人」が自分を犠牲にして相手を助けても、「相手はちっとも幸せにならない」という現実がそこにあります。

(『「ひとりで頑張る自分」を休ませる本』より引用)

 

私も「ここは任せて!」と「いい人」を演じてしまうクセがあり、その場にいる相手や誰かのためと思ってやっていたのですが、それが逆に幸せではなかったんだということに34歳の今、ようやく気がつくことができました。

 

つまり、世の中の全ての人が「自分のため」に生きればいいだけなんです(クレーマーのようにわがままに生きるとかじゃないですよ!)。また「あなたのためよ〜」なんて言うのも禁句ですが、もし周りからのそんな言葉を言われても「余計なお世話だよ!」と思えるくらいの人になりたいですよね(笑)。

 

「よーし、明日からいい人をやめるぞ!」と意気込んでも、そう簡単にはやめられないかもしれません。そんな時には、『「ひとりで頑張る自分」を休ませる本』を読んで、あなたの周りをべったりと囲む、みかんの薄皮のような「いい人」を少しずつ剥いでいきながら、あなたらしく、あなた中心に生きられるヒントを見つけてみてください。

 

きっと全てをリセットし、スタートしようとしている『凪のお暇』の凪ちゃんのように美味しい空気で呼吸ができるようになるはずですよ♪

 

 

【書籍紹介】

「ひとりで頑張る自分」を休ませる本

著者:大嶋信頼
発行:大和書房

「いい人」でいなきゃ、と思い込んだらツライだけ。今日から「自分中心」に生きるヒント!

楽天koboで詳しく見る
楽天ブックスで詳しく見る
kindleストアで詳しく見る

 

本当の働き方改革をしたいなら、「それって本当に必要?」な、意味のない仕事ごっこをやめよう!

TAG
SHARE ON