グルメ
2018/10/28 19:15

米粉を使えば時短&体にやさしい! 親子で作る「米粉クレープ」でハロウィンを楽しもう

ハロウィンにクリスマスと、パーティーが増えるこの季節。ママ友たちと持ち寄りパーティーをやる予定だけど、いつもメニューを考えるのに困っちゃうのよね。しかも、大勢が集まるからたくさん作らないといけないし……。おしゃれでSNS映えもするお菓子を作るにはどうしたらいい? そうだ、ママ友の松岡明理さんなら、前にも「お酢を使ったヘルシーデザート」の作り方を教えてくれたし、素敵なデザートレシピを知っているかも!? さっそく聞きにいっちゃおうかしら!

 

参ったなぁ……と、いつも困っている「参田家(まいたけ)」の面々。きょうはお母さんが、ハロウィンで困っているようです。

 

参田家の人々とは……
maitake_family
ちょっと気弱なお父さん、元気でしっかり者のお母さん、もうすぐ小学生の娘、甘えん坊の赤ちゃん、家族を見守るオスの柴犬の4人と1匹家族。年中困ったことが発生しては、ご近所の専門家に解決策を伝授してもらい、日々を乗り切っている。
https://maita-ke.com/about/

 

体にやさしい米粉を使ったお菓子づくり

comment-mother
お母さん「松岡さん! 今度の持ち寄りパーティーで、デザートを担当することになったんです……。何かおすすめのレシピはありませんか?」

 


松岡さん「そういうことなら、米粉で作ったクレープはどうですか? 『米粉ショートブレッド』の手作りキットを使えば、誰でも簡単においしく作れますよ!」

 

comment-mother
お母さん「“米粉”ってパン作りのイメージがあったけど、お菓子も作れるんですね! でも米粉は、小麦粉と同じように使えるんですか?」

 


松岡さん「実はとっても便利なんですよ。粉がとてもサラサラしていてダマになりにくいから、他の材料とのなじみもいいんです。小麦粉でクレープを作るときは60分くらい生地を寝かせないといけないんですけど、米粉はその必要がないのも便利なポイント。お菓子を作るなら、むしろ小麦粉よりも使いやすいかもしれません!」

 

comment-mother
お母さん「それはかなり時短になりますね! とはいえ、パーティー用に大量に作るとなると大変……」

 


松岡さん「パーティー会場にホットプレートを用意できるなら、みんなと一緒にわいわい作っても楽しいですよね。子どもたちにも手伝ってもらい、好きな大きさに生地を伸ばしてくれれば、お母さんとしても楽チンですし」

 

comment-mother
お母さん「それは、子どもたちも喜びそう! 次のパーティーで試してみますね」

 


松岡さん「子どもが集まると、苦手な食材があったり、食べるスピードが違ったりして同じものを一緒に食べられないんですよね。しかも遊びに夢中になって、ケーキがないがしろにされたり(苦笑)。だったら、クレープ作りを遊びのひとつとして楽しんでもらって、あとは好きなトッピングを自分たちで選べば、それぞれ大好きなクレープに仕上がるはず!

 

comment-mother
お母さん「たしかに、みんな同じ食材が好きとは限らないですものね」

 


松岡さん「甘いものが苦手なお子さんや大人には、砂糖を入れていないクレープ生地を焼いてトルティーヤのように食べるのもおすすめです。ツナマヨやウインナー、レタスなどをクレープ生地で巻けば、また違った楽しみ方ができますよ」

 

comment-mother
お母さん「私も“おかず系クレープ”が食べてみたいわ! 子どもが集まるパーティーだとアレルギーのことも気になるけど、米粉ならその心配も軽減されますね

 


松岡さん「しかも、このキットに入っている米粉は国内メーカーなので安心。米粉って、意外と生産地がわからないものが多いんです。食材にこだわるママにとって、うれしいポイントですよね」

 

comment-mother
お母さん「子どもに食べさせるものにはこだわりたいですよね。ほかにも、米粉を使ったお菓子のアイデアがあれば教えてください!」

 


松岡さん「クレープを15枚ほど焼いて、クリームと交互に重ねていけば、ミルクレープのできあがり! オーブンでスポンジを焼く必要もないから、意外と簡単に作れるんですよ。できあがったミルクレープに赤と緑を基調としたラッピングをするだけで、クリスマスケーキにもなります。最近は、100円ショップでもラッピング用品が豊富なので、わたしもよく活用しています」

 

comment-mother
お母さん「米粉って使い方がわからなくて、今まで使ったことなかったけど、思っている以上に使いやすいんですね。さっそく米粉を買って、うちでもお菓子作りにチャレンジします! 」

 

バリエーション豊かな「米粉のクレープ」の作り方

①<A>の材料をポリ袋に入れ、まんべんなくミックス。

②ボウルに卵を入れ泡立て器で混ぜ、牛乳を加えてから、①を加えよく混ぜる。

③溶かしバターを加え、さらに混ぜる。

④テフロン加工のフライパンを中火で熱する。③をお玉1杯分流し入れ、薄く焼く。

⑤生地のふちがチリチリと焼けてきて、表面もプクッと膨らんできたら裏返し、さっと焼く。

⑥お好みで生クリーム、フルーツ、アイスを巻いたり、メープルシロップなどかける。サラダクレープとして、野菜、ツナマヨ、ハム、チーズなどを巻いても!

【材料(2人前)】
卵…2個
牛乳…500ml
溶かしバター…20g
<A>
 米粉 …200g
 ココア…15g
 砂糖…20g

 

クリスマスにぴったり!「米粉のミルクレープ」の作り方

①クレープの生地を15枚ほど焼き、冷ましておく。

②チョコレートを湯煎で溶かしておく。生クリームに砂糖を加え、ハンドミキサーで泡立てる。6分立てくらいになったらチョコレートを加え、さらに泡立てる。

③クレープ生地を広げ②を塗る。これを交互に繰り返し、仕上げにココアパウダーをかける。

④お好みでクレープ生地の中に、バナナやいちごを挟むとよりおいしく! ピックや、チョコスプレーなどで、かわいくデコレーションすると華やかに仕上がる。

【材料(2人前)】
米粉のクレープ…15枚ほど
チョコレート…50g
生クリーム…200ml
砂糖…20g

 

まとめ

米粉で子どももママ友も喜ぶお菓子を!

お菓子作りって難しいと思っていたけど、私でも簡単に作れそう! 保育園で調理師としても働いている松岡さんは、「職場でも米粉を使っている」と言ってたわ。それだけ安心できる食材ってことね。子どもたちが喜びそうなアイデアも教えてもらったし、さっそく材料を買いに行かなくっちゃ!

 

教えてくれたのは……

フードコーディネーター/松岡明理さん

親から子へ、手作りならではの温かさ、伝統の味を伝えていく事の大切さをモットーに活動。8歳の娘さんを持つママのリアルな毎日ごはんレシピには、簡単なのにおしゃれで写真映えするアイデアがいっぱい! 母娘の8年間の食卓の全記録を綴ったレシピ本『12か月の母娘ごはん』(講談社)も好評。
https://www.instagram.com/m.akarimam/?hl=ja

 

【商品情報】