グルメ
2019/4/4 21:30

下処理が面倒な“春の味覚”タケノコ…時短しつつ美味しく味わう方法があった!

暖かくなって、“春の味覚”がおいしい季節になりました。その中の代表格、タケノコは大好物という人も多いのではないでしょうか。ただし、アク抜きをしたり、調理するのにけっこう手間がかかる食材なんですよね。そこで、時間がない中でも簡単においしくたけのこを食べられる方法がないか、「さば缶で作るドライカレー」を教えてくれたフードスタイリストの黒瀬佐紀子さんに教えていただきました。

たけのこの水煮で手軽に旬の味を楽しむ

———春はおいしい旬野菜がいっぱい。その中でもたけのこは、いろいろな料理に使えて便利ですよね! そもそも、たけのこの栄養価はどうなんでしょう?

 


黒瀬さん「たけのこには、むくみ防止に効果のあるカリウムと食物繊維が含まれているので、女性にとってうれしい食材なんです。穂先や根元など、部位によって違った食感も楽しめるので、いろんな料理にアレンジができて便利なんですよ!」

 

———でも、生のたけのこって、ぬかと一緒に長時間茹でたりと、下処理が大変なんですよね。しかも、子どもはあの独特な苦味が好きじゃないようで……。

 


黒瀬さん「もちろん、生のたけのこはおいしいですよね。でも、独特のえぐ味があるのでお子さんにとっては苦く感じるかもしれませんね。下処理が面倒なら、たけのこの水煮を使ってみてはいかがですか? 私のおすすめは、九州産のたけのこの水煮がセットになったタケマンの「たけのこセット」。スーパーでよく見かける半身以外に、乱切りや短冊切りなどすでにカットされている状態の水煮がセットになっているんですよ」

 

———カットしてあるなら、煮物や炒め物などにそのまま使えて便利ですね。水煮なら下処理不要でえぐ味がほとんどないから子どもも喜びそうです。黒瀬さん、たけのこの水煮を使ったレシピがあれば、ぜひ教えてください!

 


黒瀬さん「「では『たけのこのつくねバーグ』はどうでしょう? 和風のてりやきダレとたけのこのシャキシャキ食感がクセになる、ご飯が進むメニューですよ」

 

———おいしそうですね! たけのこの水煮は、ハンバーグのタネに加えるんでしょうか?

 


黒瀬さん「そうです。薄切りと角切り、2種類のたけのこを使うことで、1品の中でいろいろな食感を楽しめます。また、この料理のポイントは、鶏ひき肉を使うこと。牛豚の合びき肉だと味のパンチが強すぎて、繊細なたけのこの風味が薄れてしまうんです。また、鶏肉のたんぱく質は、たけのこのえぐ味を感じにくくしてくれますしね」

 

———たんぱく質がえぐ味を感じにくくしてくれる、なんて知りませんでした! これなら子どもたちもパクパク食べてくれそうです。小さめに作っておけば、お弁当のおかずにもぴったりですよね。

 


黒瀬さん「『たけのこセット』の商品は、すべて下茹でされている状態なので、調理時間も短くなるのがうれしいですよね。たけのこつくねバーグ以外にも、ドライカレーや麻婆豆腐に入れると食感のアクセントになりますよ!」

 

———たけのこというと和食のイメージがありましたが、いろんな料理と相性がいいんですね。

 


黒瀬さん「そうですね。たんぱく質と相性がいいので肉や卵はもちろん、チーズやバターともマッチするので、ぜひいろんな料理に使ってみてくださいね」

 

———そうします! 黒瀬さん、教えてくれてありがとうございました。

 

シャキシャキ食感の「たけのこのつくねバーグ」


①たけのこの水煮は穂先側を5mm幅の薄切り4枚、残りの軸側で5mm角の角切りにする。

 


②ボウルに鶏ひき肉と塩を入れて粘りが出るまでこねたら、①の角切りのたけのこ、長ネギに残りの【A】を加えさらにこねてから4等分に。薄切りにした穂先は飾りとして表面にのせて丸める。

 


③フライパンに油を熱し、②をたけのこの面を下にして中弱火で2分ほど焼き、裏返して弱火にしたあと、蓋をして6分ほど焼く。

 


④フライパンの油をさっとふき取り、【B】を加えて火を強め、肉に絡めながらとろみがつき汁気がなくなるまで煮詰める。

 

【材料(2〜3人前)】
たけのこの水煮…100g
鶏ももひき肉…200g
長ネギみじん切り…20g
油…小さじ2

<A>
しょうが汁…小さじ1
塩…小さじ1/3
コショウ…適量
卵…1/2個
小麦粉…小さじ2

<B>
酒、みりん、しょう油…各大さじ1

 

まとめ

たけのこは食感を楽しめる旬食材

黒瀬さんに教えてもらった「たけのこのつくねバーグ」は、鶏ひき肉との相性が良く、さっぱりしていて美味。いくつでも食べられそうなおいしさです。タネを多めに作っておけば、肉団子にしたり、スープの具にアレンジしたりと、いろいろな活用が可能。たけのこの水煮はスーパーで比較的安く手に入るので、ぜひ定番レシピに加えてみてください。

 

【商品情報】

「たけのこセット」DIDYCO×タケマン
4104円(送料無料)

 

フードスタイリスト/缶づめ料理研究家|黒瀬佐紀子さん

デザイン事務所に勤めた後、和食・フレンチ店でサービス実務にあたる。 その後、料理研究家のアシスタントを経て、現在はフードスタイリストとして活躍中。『缶詰食堂』(文化出版局)、『さば缶ダイエット』(主婦と生活社)、『缶つま』(世界文化社)など多数の著書が好評発売中。
http://www.omeletyellow.net/index.html

 

TAG
SHARE ON