グルメ
お酒
2019/8/24 19:30

飲みやすい&罪悪感なしで杯が止まらない!新しい芋焼酎「かのか」は食中酒に最高だ

健康志向の高まりで、お酒にヘルシーさを求める人が増えている昨今。糖質ゼロのビールや缶チューハイ、ウイスキーで割ったハイボールなどとともに、焼酎も注目されています。この焼酎はつくり方によって「甲類」と「乙類」にわけられますが、そのハイブリッドに「混和焼酎」があり、同カテゴリーの売り上げNo.1ブランド「かのか」から、この秋新作が登場!

 

↑「芋焼酎かのか 濃醇まろやか仕立て」(左)と同「華やかすっきり仕立て」(右)。ともに1.8Lが税抜1450円で、4Lペットボトルなどサイズ違いもあります

 

新商品の特徴は? そしてその味わいを堪能するべく、発表会に参加。体験レポートしていきたいと思います。

 

 

甲類と乙類のいいとこどりをしたのが混和焼酎「かのか」

まずは「かのか」や「混和焼酎」についてのより詳しい情報から。ブランド自体は1993年に誕生し、ネーミングは“佳(よ)い香り”という意味が由来。麦焼酎や米焼酎、また缶の焼酎ハイボールもあって、今回は従来の芋焼酎が大幅リニューアルという形で9月3日に新発売となります。

 

↑ブランド全体のシェアは近年拡大。「混和焼酎」としての存在感を高めています

 

冒頭で述べた「甲類焼酎」と「乙類焼酎」の違いは、蒸溜方法にあります。前者は連続式蒸溜器を使うタイプで、“俺とおまえと~”で知られる「大五郎」や韓国焼酎などが該当。クリアな味わいで、割り材にも適しています。一方の後者は単式蒸溜器によるタイプで、「本格焼酎」とも。素材の味わいをより感じられるのが特徴で、香りやうまみも強めです。

 

そんな甲類と乙類のいいとこどりをしているのが「かのか」の主力カテゴリーである「混和焼酎」。素材本来の魅力がしっかりありながら、すっきりとした飲みやすい味わいが特徴です。混和というだけあって、おいしさを決めるポイントは各原酒のブレンディングにあり。新作では絶妙なブレンド技術で、個性豊かな2つの商品に仕上げられています。

 

↑味の特徴は商品名そのまま。「濃醇まろやか仕立て」はコクやうまみが強めで、「華やかすっきり仕立て」は爽やかかつフルーティ

 

ペアリングとしては、特に家庭的な惣菜に合う味に仕上がっているとか。それもあって、発表会の2部は「新宿西口思い出横丁」の協力店に繰り出し、特別にかのかとのペアリングセットを味わいました。

  1. 1
  2. 2
全文表示
TAG
SHARE ON