グルメ
2016/7/6 6:00

【雑談に使えるネタ帳】「冷凍卵」「オイルおにぎり」「カクたこ」って何? 最新トレンド料理4強

取引先とのトークや居酒屋での話の題材まで、本記事では幅広く使える最新ネタをピックアップ。通勤時間や休憩時間にサクッと読める分量でお届けします。今回も“食”の最新トレンドを解説! オイルの風味を楽しめる「オイルおにぎり」やフライパンで作れる四角形のたこ焼きなど、4つの料理を紹介します。手軽に作れるものばかりなので、小腹が空いたときやお弁当の一品にオススメです!

 

【関連記事】

【雑談に使えるネタ帳】「スコップコロッケ」「悪魔トースト」「ブーケサラダ」って何? 最新グルメ用語3選

 

オイルを手軽にとれるポスト“おにぎらず”

 0601_174_R

オイルおにぎり

オイルを混ぜ込んだおにぎりのことで、ポスト「おにぎらず」との呼び声も高い。食用の油は様々な種類がありますが、オメガ6系のごま油など良質なオイルや、チアシードなど近年話題のスーパーフードを混ぜ込むのもオススメ。ヘルシーかつ、オイルの風味を楽しめる一品です。

 

【簡単レシピも紹介!】

材料(各1個ぶん)

【A

ごはん 150g

にんじん(粗みじんに切り・電子レンジで50秒加熱) 大さじ1

オリーブオイル 小さじ1/2

粉チーズ 小さじ1

ハム 1枚(角切り)

 

【B】

ごはん 150g

ごま油 小さじ1/2

ツナ缶ほぐし身 大さじ1

白ごま 小さじ1

ゆかり 小さじ1

 

【C】

ごはん 150g

ちりめんじゃこ 大さじ2

しそ 2枚(千切り)

みそ 小さじ1

ごま油 小さじ1/2

 

作り方は、【A】【B】【C】それぞれの具材をごはんに混ぜ込み、ラップで包んで握るだけ。お弁当にする場合は、崩れやすいので、1個ずつ個包装にするのがポイントです。混ぜご飯にしてからオイルをかけて、器に盛りつけるだけでもおいしいですよ。

 

25-A_sashikae_R

↑好みのオイルをご飯とブレンド。握る際はラップを使うとしっかり握れておすすめ

 

 

たこ焼き器がない関東の家庭にご多幸を!

0601_150_R

カクたこ

ソースメーカー「オタフク」発の四角いアイデアたこ焼き。卵焼き用のフライパンで作るため、たこ焼き器が関西ほど普及していない関東を中心に人気に。ネーミングも直球で、四角いたこ焼きだからズバリ「カクたこ」。準備、片付け、調理の手軽さでもヒットしています。

 

【簡単レシピも紹介!】

材料(2人前・2枚ぶん)

薄力粉 80g

卵 2個

だし汁 300mℓ

たこ(輪切り) 80g

青ねぎ(小口切り) 適量

天かす 適量

紅生姜  適量

サラダ油  適量

中濃ソース 適量

マヨネーズ 適量

青のり 適量

 

器具は違えど、ひと口食べればたこ焼きの味になるから驚きです。まずは、だし汁に卵、薄力粉を入れよく混ぜます。油をひいた卵焼き器を中火で熱し、生地を1/2流し入れます。具材を入れたら2~3分焼いて折り返し、ひっくり返してさらに焼きましょう。

 

0601_039_R

↑卵焼きの要領で作ります。たこはフライパンの手前に並べるのがポイント

 

みそ玉にお湯をかけるだけで味噌汁が完成!

 0601_161_R

みそまる

みそにダシと具を混ぜて丸くした味噌汁のもと。時間がない日も簡単にできる人気の作り置き料理「つくおき」の一種で、作るときは丸めるだけ、食べる際は湯を注ぐだけという“時短”効果で人気を集めています。味を変えれば見た目も華やかになるデコレーション要素も人気を後押ししているようです。

 

【簡単レシピも紹介!】

材料(4種類20個ぶん)

【あ】

みそ 200g

かつおぶし粉 大さじ4

 

バリエーション(4種類)

「A」

乾燥わかめ 大さじ1と1/2

白いりごま 適量

 

「B」

青さのり 5g

とろろこんぶ 適量

 

「C」

ちりめんじゃこ 大さじ4

しそ(千切り) 6枚

 

「D」

花麩ドライ5個

梅入りゆかり 適量

 

【あ】をよく混ぜてベースの味噌を作ります。あとは、この1/4量に「A」〜「D」の好みの具を加え、コロコロと丸めたり具材をまぶすだけで完成。みそまる1つに1カップ(200mℓ)のお湯を注ぎ、よく混ぜていただきましょう。ラップに包んで冷凍保存すると長持ちします。

 

0601_010_R

↑ゴマや青のりなどをまぶして彩りよくアレンジ。バリエーションはきわめて豊富です

 

冷凍庫でもちもちに変身した黄身に夢中!

 0601_111_R

冷凍卵

ジップロックなどに入れて冷凍した卵です。生卵やゆで卵、半熟卵にはなかったもっちりクリーミーな黄身の食感に、とりこになる人が続出中。解凍にやや時間がかかるものの、作り方は凍らせるだけと至って簡単です。使い切れなかった卵の保存アイデアとしても重宝されています。

 

【簡単レシピも紹介!】

材料(1杯ぶん)

卵 1個

ご飯 適量

しょうゆ 適量

 

冷凍庫に卵を入れて、ひと晩ほど凍らせます。殻をむいて器に入れて40分ほど置いて自然解凍。むきづらいときは殻ごと流水にあてましょう。あたたかいご飯にのせてしょうゆをかければ、もちもち食感の冷凍卵かけご飯の完成です。

 

0601_052_R

↑先に白身が解凍され、黄身は絶妙な食感に。「おにぎらず」の具などにも応用できます

TAG
SHARE ON