グルメ
お酒
2022/10/23 11:15

国内クラフトジンの先駆け「季の美」とは?蒸溜所がある京都はバーシーンも盛り上がっていた

バーシーンも熱い京都

「季の美」の魅力は、バーテンダーの技やカクテルによっていっそう花開きます。ということで、京都市内きっての人気バーでそのおいしさを体験。1軒目は木屋町にある「BAR K6(ケーシックス)」へ。

↑「BAR K6」の西尾博之マネージャー。限定の「季の美 京都ドライジン 天橋立ワイン樽貯蔵」を使った「天橋立 ホワイト・レディ」を作ってくれました

 

今回のバー訪問の目的はもうひとつ。それは10月3日から京都を中心とした関西エリアで限定発売されている、「季の美 京都ドライジン 天橋立ワイン樽貯蔵」(700mlボトルで参考小売価格1万1000円)を味わうというものです。こちらは丹後半島「天橋立ワイナリー」で使用されたワイン樽で熟成された特別な「季の美」。京都産ネーブルオレンジと橙由来の柑橘系風味も加えられており、シトラスとバニラ香のほか、かすかにスパイシーさも感じられます。

↑左から、「季の美 京都ドライジン 天橋立ワイン樽貯蔵」と「天橋立 ホワイト・レディ」(1980円)、同店定番の「ジン&トニック~スダチ~」(1320円)

 

「天橋立 ホワイト・レディ」は、凝縮感のある甘みと酸味を、少量の赤ワイン塩がキュッとまとめ上げ、余韻は心地よいビターテイストが大人な印象に。「ジン&トニック~スダチ~」はスダチの和柑橘フレーバーが「季の美 京都ドライジン」と調和し、京都らしいはんなりとしたニュアンスが絶品でした。

 

そして次に訪れたもう1軒は、祇園エリアにある「祇園FINLANDIA BAR(フィンランディアバー)」。京都最大の花街・祇園甲部にある町屋バーです。

↑「祇園FINLANDIA BAR」。店先の小さな看板が目印で、この主張しない密やかな設えもたまりません

 

同店で提供いただいたのは「天橋立 マルティネス」。こちらは妖艶な甘みとビター感のあとに、シトラスが清涼感を演出する技アリな一杯。

↑「祇園FINLANDIA BAR」の世古昌弘代表

 

さらにガーニッシュとして添えられたオランジェット(柑橘チョコ)がベルモットと響き合い、「季の美 京都ドライジン 天橋立ワイン樽貯蔵」のシトラス感を浮かび上がらせます。和と北欧の要素が交じり合うこの空間で飲むと、このおいしさはいっそう豊かなものに。

↑同店では「天橋立 マルティネス」を1550円程度で提供しています

 

なお、「季の美」では「季の美 京都ドライジン 天橋立ワイン樽貯蔵」の発売に伴って、“京都に染まる”プロモーションを実施。京都では10月31日まで、府内のバーを中心とする飲食店で京都らしさを表現した各店舗のオリジナルカクテルを提供します。

 

また、東京・横浜・大阪エリアでは11月30日まで、オーセンティックバーを中心とする飲食店で各店舗のオリジナルカクテルを提供(「季の美 京都ドライジン 天橋立ワイン樽貯蔵」のカクテルは京都エリアのみでの提供)。

↑風情あふれる街中を闊歩しながら、京都ならではのジンの魅力に触れる旅も格別です

 

秋の京都は紅葉が最高ですが、旅行するなら食も愛でたいところ。「季の美ハウス」は体験できるスポットでもあり、訪れるべき価値にあふれています。旅行を計画中の人は、ぜひ参考に。また東京・横浜・大阪在住の人も、“京都に染まる”プロモーションは要チェックです。

 

“京都に染まる”プロモーション 概要紹介ページまたは季の美のInstagramをご覧ください。

https://www.bar-times.com/contents/105859/

https://www.instagram.com/kinobi_jp/

 

[お問い合わせ先]

ペルノ・リカール・ジャパン株式会社

[TEL.] 03-5802-2756

http://www.pernod-ricard-japan.com/

 

【フォトギャラリー(画像をタップすると閲覧できます)】

  1. 1
  2. 2
  3. 3
TAG
SHARE ON