デジタル
アプリ
2018/5/24 18:00

最新「自動翻訳デバイス」の語学力を現地出身の人はどう評価する? 安くて軽い「ili」編

海外旅行に行ったとき、やはり心配になるのが、現地でのコミュニケーションです。ツアーでガイドさんが付いているなら安心ですが、自由度が高い旅行だと、意思疎通は自力で行わなければいけません。

 

自身が学んだ経験のある言語なら、さほど問題ないでしょう。しかし、全く知らない言語を使う必要がある場合、事前の準備は必須となります。そんな時に活用したいのが、最近話題の翻訳ツール。伝えたい日本語を話したり、入力したりするだけで、現地の言語に変換してくれます。

 

用意したツールは「ili(イリー)」「POCKETALK(ポケトーク)」「Google翻訳(スマホのアプリ)」の3つ。

 

180306tama02
↑海外旅行向け翻訳機「ili」

 

iliは2018年2月に一般向けの発売が開始された海外旅行向けの翻訳機。オフラインでの翻訳が行えるのが特徴で、iliに向かって話し掛けた日本語を英語、韓国語、中国語の3か国後に変換して発話します。価格は2万1384円。

 

180306tama01
↑双方向で会話翻訳が可能なPOCKETALK

 

POCKETALKは50か国語を双方向に翻訳できる通訳デバイス。こちらも音声入力したテキストを翻訳して発話します。小さいディスプレイも備わっていて、テキスト表示も確認できるのが特徴です。ただし、使用時にはWi-Fi接続または専用SIMカードでの通信が必要となります。直販価格は2万4800円~。

 

180306tama03
↑定番の翻訳アプリ、Google翻訳

 

Google翻訳は翻訳において定番中の定番とも言えるアプリ。オンラインなら、音声入力したテキストを翻訳し、音声で発話できます。カメラで文章を読み取れるのも同アプリならではのメリット。また、オフライン翻訳も限定的に可能です。指定の言語のファイルをあらかじめダウンロードしておけば、キーボードで入力したテキストのみ変換できます。スマホがあれば、無料で利用可能なのもポイント。

 

本記事では、まずiliをピックアップし、実際に英語・中国語・韓国語を母国語とする海外の人に試していただき、使用感について聞いてきました。

 

↑左から順に、検証に協力してくれた、リンさん(中国語圏)、コリンさん(英語圏)、イムさん(韓国語圏)の3名

 

  1. 1
  2. 2
  3. 3
全文表示
TAG
SHARE ON