デジタル
2018/10/2 14:00

最強スキャナーがさらに便利になるとは! 家の“紙問題”の強い味方・新ScanSnap「iX1500」

PFUのドキュメントスキャナー、ScanSnapシリーズに、6年ぶりの新製品「ScanSnap iX1500」が登場しました。今までのユーザーの声をもとにさまざまな点を改善。より簡単、便利に使えるようになったとしています。

 

専用ソフトウェアも、「ScanSnap Home」に一新。読み取ったさまざまな書類を自動でデータを整理する学習機能も搭載されました。

 

↑ScanSnap iX1500。10月12日発売(受注開始は10月2日から)、直販価格5万1840円

 

家の中にあふれる紙、なんでもスキャンできます

ドキュメントスキャナーは紙の書類をスキャンして、PDFや画像ファイルに変換する製品です。この説明を読んで「仕事で使うものだから私には関係ないよ」と思いましたか? 実はiX1500はふだんの生活の中でこそ、便利に使える製品でもあるのです。デザインは上品なホワイトで、リビングに置いても違和感がありません、

 

かさばる書類をまとめてスキャンしてパソコンに保存すれば、紙の量を減らせます。もちろんそれも1つの用途ですが、例えばレシートをスキャンして家計簿アプリに自動で登録したり、紙の写真をスキャンしてスマホで見られるようにしたりといった用途にも使えます。

 

↑紙のレシピやレシート、紙の写真などなど……スキャナーは家庭でも活躍します

 

iX1500では、スマホのような大型のタッチパネルがつきました。分かりやすいメニューで、パソコンのソフトウェアを使わずに、スキャン時の設定を変更できるようになりました。スマートフォンと連携する機能も備えていて、スキャンしたものを直接スマホに保存することもできます。

 

また、タッチパネルから使う人を選択できるようになり、読み取り方法を選ぶ操作がシンプルになりました。例えばビジネスマンのお父さんが使うときは、最初の画面に名刺や書類を読み取るメニューが表示され、主婦のお母さんが使うときはレシートや写真の読み取りが表示されるといったように、人に合わせて選択できるメニュー項目を設定できるようになっています。

 

↑タッチパネルを搭載。シンプルで分かりやすい操作になった
  1. 1
  2. 2
全文表示
TAG
SHARE ON