デジタル
デジタル周辺機器
2020/8/14 20:40

水に弱いガジェットの除菌に最適! スマホに取り付ける除菌アイテム「深紫外LED(UV-C)スマートステリライザー」

5秒の照射で99.9%除菌ができる、3gの超コンパクトなモバイル取り付け型 「深紫外LED (UV-C) スマートステリライザー」のiPhone版が再入荷されました。最近、除菌アイテムのニーズが高まっていますが、キーボードやマウスなど水やアルコールで除菌がしにくいアイテムの除菌にも使える一品です。

↑製品仕様は、サイズは1.5cmx2.9cm、重さ3g

 

日常生活の様々な場面で私たちはウイルスや細菌と接触しています。ウイルスは、 物質の表面上つくと一定時間残存することがわかっています。5秒間の照射で除菌効果が得られる、UV-C スマートステリライザーを使ってこまめに除菌することによって感染を防ぐ手助けとなります。

 

↑たった5秒間照射するだけで、 99.9%除菌できるので、 日常生活の身の回りのアイテムにスポット除菌を行うことができます

 

指先と同じくらいの超コンパクトサイズも特徴。いつでもどこでも持っていくことができ荷物になりません。また、スマートフォンに差して使うので、 充電不要で外出先や屋外などいつでもどこでも使用できます。

 

紫外線C波(UV-C)は細菌やウイルス、 カビ対策といった目的で、 特に病院や食品加工業などでは以前から利用されていますが、深紫外LEDは、100~280nmの「UV-C」と呼ばれる波長領域の光を発するLED。深紫外LEDの開発により、これまで殺菌装置など紫外光の応用機器に使う光源の主流だった水銀ランプを代替する新たなデバイスとして深紫外LEDの需要が急増しています。深紫外LEDは、小型で高効率、ウォームアップ時間ゼロなど、水銀ランプよりも優れた特長を備えています。コンシューマー向け商品として、利用しているスマートフォンに取り付けるだけで利用できるのが画期的かつ人気です。

 

本製品は、ふと気になった時に取り出してスマホに挿すだけで使える気軽さがポイント。日々の除菌を徹底したい方におすすめのアイテムです。

 

 

■除菌効果について
5mmの距離から5秒照射で99.9%以上の除菌効果、10mmの距離から10秒照射で99.9%以上の除菌効果となります。本体に内蔵されているICチップで、表面除菌の物理的方法を実現させます。UVC LED光の高集積や正確な波長を制御し、細菌やバクテリアの増殖を防ぐ254nmを維持して安定した波長となる仕様です。光の効果は表面にのみ影響し、実際の皮膚には害を及ぼしません。 ※検査機関による検査・性能テスト実施済み

TAG
SHARE ON