デジタル
2021/4/29 17:30

【保存版】識者&ガジェットYouTuberが太鼓判を押した「殿堂入り」の13製品

コロナの影響下でも家電市場は好調。巣ごもりに適した白物家電や、在宅勤務を助けるモバイル機器は特に人気を集めている。今回は、識者のオススメアイテムを紹介。“新しい日常”に適した逸品が中心となった。

※こちらは「GetNavi」 2021年4月号に掲載された記事を再編集したものです。

 

【No.1】動画クリエイター・Kazuさんの殿堂入りモノ

動画クリエイター

Kazuさん

YouTube「カズチャンネル」を運営。家電・ガジェットのレビューやDIYなど、生活すべてを公開する行動派動画クリエイター。

バッグに気軽に入れられる映像のブレないジンバルカメラ

《ジンバルカメラ》

DJI

DJI Pocket 2

実売価格4万9500円

ポケットやバッグに入れて気軽に持ち運べるコンパクトボディに、4Kカメラや3軸ジンバルを内蔵。動きながらの撮影でも滑らかな映像を記録できる。新たにズーム機能を搭載したほか、セルフィー撮影時には美顔効果も働くようになった。

SPEC ●安定化機能:3軸 ●有効画素数:64MP ●駆動時間:140分 ●充電時間:73分 ●サイズ/質量:W124.7×H38.1×D30mm/117g

 

↑タッチ対応の液晶モニターを搭載。ディスプレイサイズは21×19mm。上下左右のスライド操作で各種機能を呼び出せる

 

↑6400万画素&最大8倍ズームで静止画を撮影可能。動画撮影時は最大4倍ズームに対応する。最大画角が93度と広いのもうれしい

 

↑細かな撮影設定はスマホアプリから行う。Wi-Fiでも接続できるが、手元で操作しやすいよう本体にスマホをつなげられる

 

「これほどまでに小さく、そして誰にとっても使いやすいVlog用カメラはないです!」

 

そうDJI Pocket 2を熱くレコメンしてくれたのは、動画クリエイターのKazuさん。Vlogとはビデオブログの意味で、飾り気のない日常的な自分の行動を映像で記録するというのが特徴だ。そうした自分のVlogを投稿し、人気を博しているYouTuberも数多い。彼らの多くが自分たちの日常を撮影するためにジンバル付きカメラを活用している。

 

「DJI Pocket 2はジンバル付きカメラというジャンルの開拓者であるOSMO Pocketの後継機なんですが、音がキレイなうえに映像もブレが目立たなくて本当にイイ。場面の切り替わりが多かったり、荷物が多くて細かなカメラワークにまで手が回らなかったりするときは、これ1台で撮ることが多いです」(Kazuさん)

 

ズーム対応など、静止画撮影機能も強化されており、旅先に持っていく“思い出撮影カメラ”としてもピッタリだ。

 

【殿堂入りの理由】本体底部を取り外して多彩なアクセサリーが使える

「底部を取り外してアクセサリーを取り付けられる新設計を採用したことで、より便利になりました。アタッチメントが豊富なので、首からぶら下げてよく使ってます」(Kazuさん)

↑マイクロ三脚を取り付けるベースやワイヤレスマイクの音を受信するレシーバーも取り付け可能。プロも納得だ

 

【No.2】動画クリエイター・Masuoさんの殿堂入りモノ

動画クリエイター

Masuoさん

近所にいるようなお兄さんが、何でも率直に紹介するYouTubeチャンネル「MasuoTV」が人気。登録者数は約119万人を誇る。

片手で取り回せるダイソン最軽量のスティック掃除機

SPEC ●充電時間:3.5時間 ●駆動時間:最長約20分(エコモード、モーターヘッド不使用時) ●サイズ/質量:W207×H1091×D222mm/1500g

《スティック型掃除機》

ダイソン

Dyson Micro 1.5kg

実売価格6万4900円

日本の住環境向けに研究開発され、質量1.5kgを実現したコードレスクリーナー。新たにボタンによるオンオフに対応し、使い勝手が向上している。クリーンな排気は従来どおりで、微細なホコリを99%カット。ごみ捨てもワンタッチで行える。

 

 

↑Micro Fluffyクリーナーヘッドのほか、ミニモーターヘッドやコンビネーション隙間ノズル、卓上ツールなどが付属。天井からクルマの中まで様々な場所を手軽に掃除できる

 

↑これまでのクリーナーヘッドからさらに45%も小型化。ソファの下や棚の隙間などにもスムーズに入っていくため、家具を動かす必要がなくなった

 

↑8つのルートサイクロンで構成された同社史上最小のサイクロン機構。配置を工夫することで9万6000Gもの遠心力をキープ。高い吸引力を保つ

 

↑人間工学に基づき、より軽く感じられるように重量バランスを再設計。さらに、手元の構造を改良し、従来のトリガー式でなくスイッチ式を採用した

 

在宅時間が増えるなか、掃除をする機会が増えた人は多い。頻度が増えたことで掃除機の重さに小さなストレスを感じている人もいるだろう。本機は、そんな人にこそオススメの一台だ。

 

「Dyson Micro 1.5kgは、その名のとおり超軽量なのにパワーが強いので、自宅全般の掃除に重宝しています。コードレスで電源を探す手間もなく、ストレスフリーに使えるんです」(Masuoさん)

 

動画クリエイターのMasuoさんはそうベタ褒めする。気になる駆動時間についても「パワー“強”で掃除をすると充電が5分程度しか持たないという指摘もありますが、実際は“強”でなくともしっかりゴミを吸い取ってくれるので、使ってみると十分に快適でした」と太鼓判を押した。

 

【殿堂入りの理由】床だけでなく天井の掃除も楽にこなせる圧巻の軽さ

「とにかく軽く、グリップが手に馴染むので、片手で持ち上げての天井の掃除も、階段や段差の移動もとても簡単です。気軽に使えるので『掃除しよう!』という気になります」(Masuoさん)

↑ゴミ捨ては、グリップの下部に付いている赤いレバーを下げるだけ。溜まったゴミを触らずに捨てられるので衛生的だ

 

★コレも殿堂入り!

SPEC ●洗濯・脱水容量;10kg ●乾燥容量:6kg ●標準使用水量:約78L ●定格洗濯目安時間:約30分 ●サイズ/質量:W600×H1009×D722mm/約75kg

《ドラム式洗濯機》

パナソニック

NA-VX300 BL

実売価格21万9780円

自動槽洗浄機能をはじめ、洗濯槽をキレイに保つ機能が充実したヒートポンプ乾燥対応機。「洗濯・乾燥容量が大きいのがうれしいポイント。いまは、洗濯と乾燥を完全にこの1台で行っています!」(Masuoさん)

 

【No.3】アーティスト・ピエール中野さんの殿堂入りモノ

アーティスト

ピエール中野さん

ロックバンド「凛として時雨」のドラマー。人並外れた聴覚とチューニングスキルをもつイヤホンマニアとしても有名。

ノイズキャンセリング機能も備え圧巻の重低音を堪能できる

SPEC ●ドライバー径:40mm ●対応コーデック:SBC、AAC、aptX HD ●連続再生:最大24時間 ●充電時間:2時間 ●質量:308g

《ワイヤレスヘッドホン》

Skullcandy

Crusher ANC

実売価格3万5800円

10Hz〜200Hzの重低音に反応してヘッドホンが振動するセンサリーベース機能を搭載したヘッドホン。アクティブノイズキャンセリングを備えるほか、専用アプリで聴力テストを行うことで最適な音質に自動で調整可能な新機能にも対応した。

 

↑ややハードなシェルで携帯性に優れた専用キャリングケースが付属する。また、急速充電対応の充電ケーブルも同梱

 

↑左耳側にスライダーを装備。これを上下に動かすことで、振動のレベルの強弱を、楽曲を聞きながら手早く調整できる

 

↑耳をすっぽり覆うイヤーカップは折りたたみ可能。ノイズキャンセリングと組み合わせれば、電車内でも静寂が訪れる

 

近年、音楽配信サブスクの浸透とテレワークによる需要とが重なり、ヘッドホンやイヤホンへの注目はさらに高まっている。そんななかで「音質がとにかく良くて、物理的にも震える超重低音を楽しめる唯一無二のヘッドホン」と、「凛として時雨」のドラマーであるピエール中野さんはSkullcandyのCrusher ANCを猛プッシュする。

 

中野さんが特に注目するのは、ヘッドホンが振動するセンサリーベース機能。本機は同機能が作用する周波数帯域がさらに広がっており、音楽をエンターテインメントとしてより楽しめる。また、使用者に合わせて音質を調整するパーソナルサウンド機能も本機の目玉のひとつだ。同機能はアプリで行う3分ほどの簡単なテストを参照してその人の音の聴こえ方を計測。そのデータを参考に音質をチューニングしてくれる世界初の機能。使用者の左右の耳の特性を把握して、再生時に聴こえ方の差をなくしてくれる。

 

これにより、楽曲に鮮明なステレオ感がもたらされるのだ。さらに、同機能には、ボリュームを過剰に上げなくても大音量に感じられるようになるというメリットもあり、進化したノイズキャンセリング機能と併せて、耳への負担も抑えられる。

 

【殿堂入りの理由】パーソナルサウンド測定は人生を変える体験

「パーソナルサウンド機能を使用後はこれまでと違う方向から音が聴こえ、なじみ深い楽曲も新鮮に感じられます。本機はそもそもの音質が良いのですが、付加価値機能として面白いです」(ピエール中野さん)

↑聴力テストや各種音質設定が行える専用アプリ。表記は英語表示のみだが、イラストが豊富に使われているので心配無用だ

 

★コレも殿堂入り!

SPEC ●対応コーデック:SBC、AAC、 LDAC、 aptX、aptX HD ●連続再生:最大20時間 ●充電時間:約6.5時間 ●サイズ/質量:W57.3×H121.8×D14.8mm/約164g

《携帯オーディオプレーヤー》

ソニー

ウォークマンNW-ZX507

実売価格8万8000円

AIが再生中の楽曲をリアルタイムで解析し、アップスケーリングしてくれる携帯音楽プレーヤー。「音楽再生のプレーヤーにこだわるならこれ。ストリーミングサービスにも対応し、イコライザーなどのカスタマイズも豊富です」(ピエール中野さん)

 

【No.4】e☆イヤホン PRスタッフ・たにみくさんの殿堂入りモノ

e☆イヤホン PRスタッフ

たにみくさん

世界最大の品揃えを誇るポータブルオーディオ専門店e☆イヤホンのPRスタッフ。アイテムの紹介やレビューを行う。

低価格品の常識を覆す高品質で愛の詰まったイヤホン

SPEC ●再生周波数帯域:5Hz〜40kHz(ハイレゾ対応)●出力音圧レベル:92dB ●接続プラグ:φ3.5mmステレオミニプラグ ●質量:約10g

《有線イヤホン》

Hi-Unit

HSE-A2000PN

実売価格3600円

ピエール中野さんがプロデュースし、音質をチューニングした有線イヤホンの第2弾モデル。ドライバーにはグラフェンコート振動板を採用。低音域はバスドラムとベースサウンドの生々しさを向上させ、高音域は澄みわたった音を楽しめる。

 

↑ケーブルのタッチノイズを軽減できるクリップが付属。新たにマイクも搭載しており、通話もこなせる

 

「高額な製品に手を出す勇気がまだないという人に、ぜひ試してみてほしいのがピエール中野さん監修の有線イヤホン第2弾、通称『有線ピヤホン2』です。比較的安価なモデルなんですが、クリアに澄んだ高音域や深く厚みのある低音域が絶品なんです!」(たにみくさん)

 

e☆イヤホンのたにみくさんは語る。「有線ピヤホンの第1弾は、1700円でイイ音を、というコンセプトで大好評でした。今回はリモコンマイクを搭載したり、服とケーブルが擦れた時に生じるタッチノイズ軽減のためのクリップが付属したりと大きくグレードアップ。通話やウェブ会議もできるようになって、使い勝手がグッと向上しました。音楽に没入して楽しめるだけでなく、仕事にも使える、超ハイコスパな逸品です!」(たにみくさん)

 

【殿堂入りの理由】格安なのに付属品まで充実しているのがイイ

「安価でもキャリングケースが付属しています。むき出しでカバンにしまうと起きやすいケーブルの断線を予防でき、長く使えるのがうれしい! 作り手の愛を感じます」(たにみくさん)

 

↑Hi-Unitで専用キャリングケースが付属するのは、ピエール中野監修モデルだけ。ピエール中野のロゴが刻印される

 

★コレも殿堂入り!

SPEC ●オーディオ入力:Bluetooth 5.1ほか ●連続再生:最大5時間 ●充電時間:約2.5時間 ●サイズ/質量:W87.5×H75×D41.3mm/約209g

《Bluetoothスピーカー》

JBL

JBL GO 3

実売価格3990円

迫力十分な低音域が特徴の小型ワイヤレススピーカー。「カラーが6色と豊富でデザインもかわいい! 底面に滑り止め素材を使っているうえ、フックも一体化しているので気軽に持ち運べます」(たにみくさん)

↑IP67の防塵防水に対応。バッテリー駆動なのでアウトドアや水場でも、場所を選ばず気軽に音楽を楽しめる

 

【No.5】オーディオライター・山本 敦さんの殿堂入りモノ

オーディオライター

山本 敦さん

ハイレゾに音楽配信、スマホなどポータブルオーディオの最先端を探求。海外の展示会取材やインタビューもこなす。

iPhoneと高度に連携する賢い小型スピーカー

SPEC ●ドライバー:フルレンジドライバー ●スピーカー方式:デュアルパッシブラジエーター ●無線接続:Wi-Fi(802.11n)●サイズ/質量:W97.9×H84.3×D97.9mm/約345g

《スマートスピーカー》

Apple

HomePod mini

実売価格1万1880円

360度に音が広がる小型スピーカー。AIアシスタントのSiriに対応し、声による操作が可能。iPhoneと連携するAirPlay 2をサポートするほか、ワンタッチでiPhoneとHomePod mini間の楽曲切り替えが可能なハンドオフ機能も利用できる。

 

↑楽曲の再生をバトンタッチするハンドオフ機能。外出時や帰宅時、聴きたい音楽をスムーズに引き継げる

 

【殿堂入りの理由】2台使えばステレオに! 再生環境を自在に構築

「本機を2台揃えればステレオに! 用途や予算に合わせて再生環境を自在に構築できます。同じ音源を別々の部屋で同時に鳴らすマルチルーム再生に対応するのも◎」(山本さん)

 

↑iPhoneに加え、iPadやMacとも連携。配信サービスApple Musicも単体で利用できる

 

【No.6】フリーライター・田中真紀子さんの殿堂入りモノ

フリーライター

田中真紀子さん

白物家電、美容家電を得意とするライター。ユーザー目線を大切にした主婦ならではのレビュー記事には定評がある。

食材を入れるだけで本格料理が失敗なし

SPEC ●定格容量:2.4L ●消費電力:800W ●予約設定時間:最大15時間 ●保温:最大12時間 ●サイズ/質量:W395×H249×D305mm/約6.1kg

《自動調理鍋》

シャープ

自動調理鍋「ヘルシオ ホットクック」KN-HW24F

実売価格6万1960円

レシピどおりに材料を入れるだけで、定番品から特別なごちそうまでおいしく作れる自動調理鍋。栄養を多く残す水なし調理に対応するほか、Wi-Fi経由でスマホと連携し、メニュー追加も可能。各種パーツは食洗器で洗える。

 

↑料理をかき混ぜる「まぜ技ユニット」を装備しており、完全放置で料理が仕上がる。54種の料理に対応梱

 

【殿堂入りの理由】本格的な低温調理もこの1台でこなせる!

「日常的なおかずづくりに加え、ローストビーフやサラダチキンといった本格的な低温調理にも対応するのが◎。袋に食材を入れて、水を張った内鍋で加熱するだけとお手軽です」(田中さん)

↑低温加熱は機械まかせでOK。肉や魚のタンパク質が過剰に変性するのを防ぎ、柔らかく仕上がる
  1. 1
  2. 2
全文表示
TAG
SHARE ON