デジタル
Apple
2022/11/18 17:30

次期「iPhone 15」で高速USB-C通信ができるのは「Pro」だけ!? 著名アナリストが示唆

アップルが2023年に投入することが期待される「iPhone 15」シリーズについて、USB-C端子での高速通信が可能なのは上位モデルの「iPhone 15 Pro」シリーズになると著名アナリストのミンチー・クオ氏が伝えています。

↑高速通信もハイエンドとスタンダードモデルで異なるかも(画像提供/アップル)

 

iPhone 15 Proシリーズに関する噂の中には、USB-C端子の採用やカメラなどの大幅アップデートの話のほか物理ボタンが廃止されるという情報も。また、最上位モデルの「iPhone 15 Ultra(仮称)」ではチタンフレームが採用されるという予想もあります。

 

クオ氏によれば、2023年に投入されるiPhone 15シリーズでは、全モデルがUSB-C端子を採用するとのこと。しかし有線接続での高速転送に対応するのはハイエンドモデルの2機種(iPhone 15 Pro/15 Pro Max)のみで、スタンダードモデルの2機種(iPhone 15/iPhone 15 Plus)では、引き続きLightningと同じUSB 2.0規格が採用されるというのです。

 

一方、iPhone 15 Proシリーズは少なくとも「USB 3.2」または「Thunderbolt 3」に対応し、転送速度が「著しく改善」される可能性が高いそう。これにより、ビデオファイルなどが高速に転送できるようになるはずです。

 

最近はスマートフォンでも4K動画の撮影が当たり前になり、その転送方法が課題になっています。iPhone 15 Proシリーズは解決策の一つになるかもしれません。

 

Source: 郭明錤 (Ming-Chi Kuo) / Twitter via MacRumors

TAG
SHARE ON