デジタル
スマートフォン
2023/1/5 13:00

グーグル初の折りたたみスマホ「Pixel Fold」は今夏発売?「Galaxy Z Fold5」とは負け戦だが…

米グーグル初の折りたたみスマートフォン「Pixel Fold」が、サムスンの次期「Galaxy Z Fold5」と同じく2023年の夏の終わりに発売される可能性が浮上しています。

↑グーグルがサムスンに真っ向勝負を仕掛ける?

 

韓国の電子業界情報誌「The Elec」は、サムスンディスプレイ関係者の情報として、Pixel Foldが第3四半期(7~9月)に量産が始まると報道。これまでPixel Foldは初め2022年末、さらに2023年3月頃に発売と予想されていましたが、The Elecもそれを受けて「(発売を)2回延期した」と述べています。

 

さらにThel Elecの情報筋は、Pixel Foldの折りたたみ画面は7.57インチ、カバーディスプレイ(外側の画面)は5.6インチであり、どちらもサムスンディスプレイが7月~8月に生産する予定だと付け加えています。

 

サムスンのGalaxy Z Foldシリーズは、海外の場合、例年では8月終わり~9月に発売していますが、それを考えると、グーグルはPixel Foldの発売を意図的にそこにぶつけるのかもしれません。

 

しかし、サムスンの最新折りたたみスマホと真っ向から対決となれば、かなり厳しい戦いとなりそうです。一つ目の理由は、折りたたみの有機ELパネルを採用する以上、グーグルはサムスンから供給を受ける必要がありますが、同社がライバルに最先端のパネルを渡すはずがないからです。

 

The Elecの情報筋によると、Pixel Foldでスタイラスが使える可能性は低いそうです。サムスン電子のスマートフォン部門は、折りたたみスマホのSペン(スタイラス)機能をサポートするために必要な強固な特許ポートフォリオ(特許をまとめたもの)を構築したとのこと。つまりPixel Foldがスタイラスに対応することは、特許の壁に阻まれるというわけです。

 

また、Galaxy Z Fold3以降の有機ELパネルには偏光板(ディスプレイ内部での光反射を防ぐ部材)をなくして、折りたたみやすく、薄型かつ軽量化できる技術が導入されるようになりました。が、この技術がPixel Foldに提供される見込みは薄いとして、ディスプレイ市場調査会社DSCCはグーグルの折りたたみスマホがサムスン製品よりも競争力が低いと推測したとのことです。

 

もう一つの理由は、Pixel Foldに採用が噂されるグーグル独自開発チップ「Tensor G2」の性能が、Galaxy Z Fold5に搭載とみられるSnapdragon 8 Gen2には及ばないため。すでにTensor G2はPixel 7やPixel 7 Proに使われており、少なくとも従来型のベンチマークテストでは1年前のSnapdragon 888にも劣っていました(それでもグーグル幹部は「全く問題ない」とコメント)。

 

それでいて、価格は1799ドル(約23万7600円※)でGalaxy Z Fold4と同等と予想されています。このままの条件であればサムスンとの競争は辛そうではありますが、Pixelシリーズ恒例の豪華なオマケや旧モデルの高価下取りなどを期待したいところです(下の動画に予想レンダリング画像あり)。

※1ドル=約132円で換算(2023年1月5日現在)

 

Source:The Elec
via:PhoneArena

TAG
SHARE ON