ファッション
2018/9/24 16:00

このコスパ、確かに「最強」だ! 「ワークマン」初のカジュアル店で「機能性ウエア」新作をパトロール

ワークマンといえばその名の通り、働く男のためのアパレルショップ。つまりは、建設従事者を中心に、幅広いワーカーに向けた作業着ショップです。郊外展開している800店超の既存店には、建設従事者向けの質実剛健なウエアが所狭しと並んでいます。しかし数年前、「ワークマンのレインウエアって、バイク用に最強じゃない!?」と、口コミでまたたく間にライダーたちに広がりました。

 

ワークマンの機能性と安さにライダーたちが飛びついた!

それもそのはず、建設従事者は365日24時間、寒い日も暑い日も雨の日も雪の日も、あらゆる気候・気温の下で働かなければいけません。当然そのウエアは、寒くない、暑くない、湿気がこもらない、雨を通さない高機能なものが求められます。こうしたウエアの機能性は命にかかわるものですから、選ぶ側の目もシビアですし、作る側の責任も重大。結果的に、同社ウエアの機能性に磨きがかけられていきました。

 

加えて価格も重要。働く男たちの仕事はハードなのでウエアの寿命は短く、また、夏は何度も着替えるため、一度に複数枚購入します。ですから、機能が良くても価格が高いものは嫌われてしまうのです。こうした男たちのハードな要望に応えてきたのがワークマンのオリジナルウエア。その高機能かつ低価格なアイテムに、ライダーたちが飛びつくのは必然だったのです。

↑ワークマンでライダーに人気の高いシリーズ「RIDE ON イージス」

 

いざ、一般ユーザー向けのカジュアルブランド「WORKMAN Plus」1号店へ!

これをきっかけにワークマンはカジュアルブランドの開発を始め、今では釣り、サイクリング、登山、ゴルフ、ランニングなど各種スポーツユーザー向けに、アンダーウエアからレインウエアまで幅広いラインアップを揃えています。しかし、既存店はワークウエアの品数も多くてカジュアルウエアが埋もれてしまって探しにくい、また、「働く男のための店」なのでちょっと敷居が高い……といった課題がありました。

 

そこで今回、同社はカジュアルラインだけを集めたアウトドア・スポーツ・レインウエア専門店「WORKMAN Plus」(ワークマンプラス)を初出店することになったのです。その1号店は9月5日、巨大ショッピングモール「ららぽーと立川立飛(たちかわたちひ)」3階の南奥にオープン。売り場面積61坪のスペースに、300ものアイテムを用意しているとのこと。

↑「WORKMAN Plus」1号店が出店した「ららぽーと立川立飛」

 

筆者もトレッキングとゴルフで同社オリジナルウエアを愛用している手前、1号店のメディア向け内覧会の案内が届いたところで、もう行かないわけにはいきません。ワークマンだけに、ワークワークしながら(笑)参加してきました! 以下では、気になる同店のイチオシアイテムを一気に紹介していきましょう!

↑店舗外観

 

↑店内の様子

 

注目製品その1

冷気をシャットアウトし、伸縮性も抜群のアウター「AERO STRETCH」

この秋冬の新製品としてまず紹介したいのが、アウトドアブランド「FieldCore(フィールドコア)」シリーズのアウター、「AERO STRETCH(エアロストレッチ)」です。縫い目のないシームレス加工で冷気をシャットアウトし、裏地のアルミプリントで保温力3倍。それでいて130%の伸縮率で動きやすい防寒ウエアです。タウン着として最適。価格は3900円。ブラック、オレンジ、シャンブレーグレーの3色を揃えています。

↑AERO STRETCHのフーデッドパーカー

 

↑保温力を高める裏地のアルミプリント

 

注目商品その2

高い耐久撥水性を持つ「DIAMAGIC DIRECT 防風防寒ジャケット」

続いて、同じく新製品のDIAMAGIC DIRECT 防風防寒ジャケット。「DIAMAGIC DIRECT(ディアマジックダイレクト)」は三菱商事ファッションが開発した機能加工。高水準の耐久撥水性を持ち、汚れがついても落ちやすい加工を施した、冬のアウトドア活動に最適なウエアです。価格は2900円。背中側が若干長く、屈んでもパンツとの間に隙間ができないサイクルカットを採用しているので、通勤・通学にも使えます。

↑DIAMAGIC DIRECT 防風防寒ジャケット

 

注目製品その3

雨や雪の日も快適に過ごせる「360°リフレクト透湿防水防寒ブルゾン」

続いても新製品。レインウエア「AEGES(イージス)」シリーズからは「360°リフレクト透湿防水防寒ブルゾン」が登場。高い耐水圧と透湿性により、雨や雪の日でも快適に過ごせます。光が当たった時に反射して存在を知らせるプリントを全身に搭載しているので、視界の悪い夜でも安心。価格は4900円で、パンツは別売りで3900円です。11月には、背中にストレッチ素材を採用して動きやすくし、サイクルカットや二重袖、口まで覆うフェイスガードを搭載したライダー向けも発売します。こちらは5800円とリーズナブル。筆者はもうバイクを降りてしまいましたが、まだ乗り続けていたら、絶対欲しいだろうな…という一品です。

↑360°リフレクト透湿防水防寒ブルゾン

 

↑別売のパンツも合わせて購入したいところ

 

注目製品その4

人気のライダージャケット「RIDE ON イージス」

新製品ではないですが、人気のライダージャケット「RIDE ON イージス」も紹介しておきましょう。ストレッチ性のある厚地防水生地を使用しており、バイクを降りてそのままタウンユースとしても使えるファッション性が特徴です。赤と黄色は新色。4900円です。

↑RIDE ON イージスの新色
  1. 1
  2. 2
  3. 3
全文表示
TAG
SHARE ON