家電
調理家電
2019/8/7 17:30

「内炎式」と「外炎式」はどう違う? 実は奥深い「カセットコンロの微妙な差」をイワタニで聞いてきた

カセットコンロやカセットガスの代名詞が「イワタニ」のブランドで親しまれている岩谷産業。そんな岩谷産業が、関係者向けの内覧会を開催しました。会場にはさまざまなカセットガス製品がズラリ。とはいえ、カセットコンロとは結局「卓上で火を使って調理できる手軽なコンロ」のはず。なのになぜ、カセットコンロだけでこれだけ種類があるのでしょう?  それぞれの違いは何? せっかくなので、この機会に詳しく聞いてきました!

↑内覧会で展示されていた現行のカセットコンロ製品(一部発表前モデル)。「カセットコンロ」と関連製品だけでこれだけの種類があるのにはビックリです

 

内炎式と外炎式では、熱が逃げにくい内炎式が上位にあたる

ひとくちに「カセットコンロ」といっても、実は炎の出る機構などがちがいます。たとえば、イワタニの人気商品である通常サイズのカセットコンロ「カセットフー」シリーズ。

↑「カセットフー スーパー達人スリム」(写真左・実売価格2880円)と「カセットフー エコプレミアム」(写真右・実売価格5370円)

 

どちらも土鍋なら9号(エコプレミアムは約10号まで)利用できる標準サイズのカセットコンロですが、両者最大の違いはバーナーの仕組みです。スーパー達人スリムは、炎がバーナーの外側に広がる一般的な「外炎式」なのに対し、エコプレミアムは炎がバーナー内側に向かって燃える「内炎式」なのです。

↑スーパー達人スリムに使用されている外炎式バーナー。一般的なカセットコンロはこの方式を採用しています

 

↑エコプレミアムで使用されている内炎式バーナー。基本的に外炎式カセットコンロの上位機種であることが多いです

 

この2つのバーナー方式で、上位機種となるのはもちろん「内炎式」です。外炎式は、その炎の形状から熱が鍋底から逃げやすいのですが、内炎式は内向きの炎なので熱が逃げにくいというメリットが。たとえば、小さな鍋を加熱する場合も炎がはみ出さずに効率的に加熱可能なうえ、鍋底全体をまんべんなく均一に加熱するメリットがあり、トロ火加熱なども得意です。

 

プレートを利用した場合は外炎式が良い場合もある

ただし、一概にどんな場合でも「高級な内炎式」が良いかというとそうではありません。内炎式は構造上鍋の中心部を強く加熱するので、たこ焼きプレートなどを利用した場合に外側の温度が上がりにくいことがあります。このため、たこ焼きプレートや焼き肉プレートなど「焼き物系」にカセットコンロを多く使う場合は、比較的安価な外炎式を選んだほうが良いこともあります。ちなみに、イワタニの外炎式バーナーはほとんどは「タテ型炎口バーナー」を採用しています。これは、炎が出る「炎口」を、従来よりもタテに長い形にしたもの。これにより、ガスの炎が外に広がりにくくなり、より熱のロスが少ない調理ができるといいます。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
全文表示
TAG
SHARE ON