家電
洗濯機
2019/9/11 19:45

独自技術を「これでもか」と投入! 「タテ型洗濯機ではシャープが抜けている」と実感させたスマホ連携モデルを詳しく解説

洗濯乾燥機には大きく分類してドラム式と縦型の2タイプがあり、日本国内では最新機能をドラム式に優先して搭載する傾向があります。そんななか、縦型洗濯乾燥機に独自技術をこれでもかと詰め込んでいるのがシャープ。そのシャープが9月19日にIoT対応の縦型プラズマクラスター洗濯乾燥機「ES-PW」シリーズを発売します。他の縦型洗濯乾燥機とはひと味ちがうES-PWを、発売前にチェックすることができました。

 

↑「ES-PW」シリーズのラインナップ。写真左から洗濯容量11kg/乾燥6kgの「ES-PW11D」(実売予想価格23万円前後・税抜)、洗濯容量10kg/乾燥5kgの「ES-PW10D」(同22万円前後)、そして洗濯容量8kg/乾燥4.5kgの「ES-PW8D」(同20万円前後)の3モデル

 

AIoTクラウドサービスに対応し、地域や季節に応じてアドバイスを行う

ES-PWシリーズは、同社縦型洗濯機としてははじめてWi-Fiに対応した縦型洗濯乾燥機です。AIoTクラウドサービス(※)「COCORO WASH」に対応し、スマートフォンと連携することで、外出先からも操作や洗濯の予約が可能。また、住んでいる地域などにあわせてオススメの洗濯をアドバイスする機能も搭載しています。洗濯機を起動したときに、天気や季節にあわせたアドバイスや、季節に合わせたダウンロードメニューのヒントなどを伝えてくれます。

※AIoT……シャープの造語。IoT(モノがインターネットに接続して、相互に情報をやりとりすること)とAI(人工知能)を組み合わせたもの

 

具体的には、雨や花粉が多いときは、外に干さずに乾燥機能の使用をオススメし、天気の良い日にはカーテンなどの大物洗濯、祭りの季節なら浴衣コースのダウンロードをすすめる、といった具合です。

 

洗濯コースはスマホで選べるので検索性が大きくアップ

洗濯コースは大幅に増え、スマートフォンから洗濯メニューを選べるようになったため、検索性が大きくアップしています。

↑スマートフォン用COCORO WASHアプリ。洗濯機がその日の天気などから「洗濯物の乾きやすさ」まで判断する時代になりました

 

スマートフォンからはカーテンやカーディガンといった「アイテムから選ぶ」メニューが選べるほか、汗じみ(黄ばみ)やファンデーションなどの「汚れから選ぶ」メニュー、そして柔軟剤の香りを楽しみたい、部屋干ししたいなどの「こだわりから選ぶ」の3つの方法から洗濯方法を選ぶことが可能。選んだコースは洗濯機に送信すればOKです。また、洗い方はクラウドから新たにダウンロードして増やすこともできます。このほか、洗剤の銘柄を登録することで「今の洗濯物に最適な洗剤の量」を知らせたり、洗濯結果を表示したりするなど、クラウドに連携させることでさまざまな機能が利用できるようになります。

↑スマートフォンから洗濯設定ができるようになったため、洗濯コースも大幅に増えました。「アイテムから選ぶ」ではなんと「ぬいぐるみ」や「ペット用品」といった項目も

 

↑洗濯機の本体には光センサーのほか、重量、水位、温度センサーを搭載。これらのセンサーを駆使して最適な洗い方を行います。洗濯後にスマートフォンで洗濯結果を確認することも可能

 

↑ちょっと面白いのが、スマートホームサービス「COCORO HOME」と連携し、冷蔵庫から洗濯終了通知をうけとる機能。冷蔵庫を開けたときに「洗濯が終わりました」と声をかけられるので洗濯したことを忘れません

 

  1. 1
  2. 2
  3. 3
全文表示
TAG
SHARE ON