文房具
2020/1/6 22:00

あのストライプで商標も取得済! 国民的消しゴム「MONO」現行ラインナップ一挙見せ

消しゴム市場において5割以上のシェアを誇るのが「MONO(モノ)消しゴム」。そんな国民的消しゴムには、10以上ものバリエーションがあります。「モノ消しゴム」の現行ラインナップと、意外と知られていない消しゴム以外のアイテムを紹介します。

 

青・白・黒のストライプはよく消える消しゴムの証

日本人の多くは、青・白・黒の並び(MONOカラー)を見るだけで「あっ、消しゴムだ」と認識するといいます。実はこの3色のストライプは、「色彩のみからなる商標」として特許庁に認定されているもの。つまり、国が認めた“ザ・消しゴムの色”というわけです。

 

ところでこのモノ消しゴムが、鉛筆のおまけだったのをご存知でしょうか。1967年、「消しゴムできれいに消せる」という鉛筆の特徴を伝えるため、新発売の鉛筆「モノ100」にプラスチック消しゴムが同梱されました。それが、「おまけなのによく消える」と評判を呼び、2年後には「モノ消しゴム」として単体で発売されることに。それから50年、消し心地の軽いものからピンポイント消しに特化したものまで、様々なファミリーが誕生してきました。ニーズに応じ形や雰囲気は変われど、青・白・黒の3色が持つ「よく消える消しゴム」という信頼感は揺るぎません。

 

↑最高級鉛筆「モノ100」のおまけとして作られたプラスチック消しゴム。モノ消しゴムの前身は、ケース付きでした

 

発売から50年を迎えた日本中で愛される定番消しゴム

【その1】モノ消しゴム

■1969年11月発売 ■5サイズ展開

66円(PE-01A)、88円(PE-03A)、110円(PE-04A)、220円(PE-07A)、330円(PE-09A)

発売から50年を数える超ロングセラーにして、日本を代表する消しゴムのスタンダードモデル。高い消字性能とサラッと軽い消し心地は、常に変わらず国内トップレベルのクオリティを誇ります。

 

プレゼントに最適な「モノ・ボックス」

■2017年7月発売

1188円

モノ消しゴムデザインの紙箱にモノ消しゴム(PE-01A)が18個入っています。プレゼントにも人気。

 

文字なし版も!!

■2017年8月発売

132円(2個入り)

ストライプのみの文字がないデザイン。文房具の持ち込みが制限される試験会場等でも安心して使えます。

 

【その2】モノノンダスト

■1986年4月発売 ■1サイズ展開

110円

消しクズが散らばらないノンダストタイプ。使ったあとは消しクズの塊を指でつまんで捨てるだけで、紙面や机の上の掃除が完了して便利。

 

【その3】モノ ライト

■1986年9月発売 ■2サイズ展開

66円(PE-LTS)、110円(PE-LT)

従来の約半分の力でサラッと消せる、ライトな消し心地。軽くこするだけでしっかり消せるので、広い面積を消しゴムかけしても手が疲れにくく、スリムな形で握り心地も良好です。

 

【その4】モノノック3.8

■1995年11月発売 ■3色展開 ■替え消しゴム:110円(4本入り)

110円

直径3.8mmの消しゴムを搭載した細消しツール。コシがあり折れにくい消しゴムを採用しています。ラバーグリップを備え、握りやすくコントロールも自由自在です。

 

【その5】モノ もっとかる〜く消せる消しゴム

■1996年8月発売 ■1サイズ展開

110円

名前の通り、軽い力で消せる学習用消しゴム。ゴシゴシこすらなくてもいいので、繰り返し消してもノートやテスト用紙がグシャグシャになりにくい。

 

【その6】モノ もっとあつまる消しゴム

■1996年8月発売 ■1サイズ展開

110円

柔らかな消し心地で消しクズがまとまる学習用。消しクズが塊になって掃除がラクなので、リビング学習でも机や床が汚れるのを気にせずに使えます。

 

  1. 1
  2. 2
  3. 3
全文表示
TAG
SHARE ON