ダッソー・システムズ 関連記事

映画「アイアンマン」シリーズで印象的なのは、特殊なスーツを着用した主人公トニー・スタークが、掌と足の裏からジェットを噴射して高速で飛び回る姿です。そんなスーツは映画のなかにしか存在しないと誰もが考えるでしょう。少し前だったらその通りでしたが、時代は進歩しています。アイアンマンに出てくるようなジェットスーツは、実際にイギリスのGravity Industries(GI)社で開発されていました。

モトクロスできる義足がないなら自分で作ってしまおう——。一流のアスリートとして活躍していたときに片足を失ったにもかかわらず、マイク・シュルツ氏は人生を積極的に捉えています。今年2月に米国ナッシュビルで開催された3DEXPERIENCE World 2020に登壇した彼は、そのポジティブシンキングで筆者を含め聴衆を驚かせました。前向きな意識とテクノロジーが組み合わさると、いかに人生は変わるのでしょうか? シュルツ氏の講演から考えてみたいと思います。

3DEXPERIENCE World 2020の最初の講演は、クラウドファウンディングサイト「Kickstarter」の共同設立者チャールズ・アドラーでした。Kickstarterは、どのようにして始まったのでしょうか? その答えは一攫千金でも、スタートアップ風に業界をディスラプト(破壊)したいというわけでもなく、現在のクリエイティブのあり方に対してアドラー氏が「危機感」を抱いたが故だったのです。