話題
2019/7/18 20:50

しびれと辛さの決勝戦! 白熱したバトルが口の中で繰り広げられる「キング軒 広島式汁なし担担麺」

クオリティや値段、コンセプトなど様々な角度で進化を続けるカップ麺。料理の支度をする手間が省けて、時間のない現代人にとっては大助かりです。この記事では続々と発売される“カップ商品”をターゲットにして、皆さまにご紹介していきます。

 

【関連記事】
沖縄ご当地即席ラーメンが味わえる!? エースコックの「オキコラーメンBIG チキン味」

 

【カップ麺大全】「キング軒 広島式汁なし担担麺」(サンヨー食品)

今回は、サンヨー食品から230円(税抜)で発売されている「キング軒 広島式汁なし担担麺」を購入。“花椒のしびれと辣油の辛さ”がウリである「汁なし担担麺専門 キング軒」の味わいを再現したカップ麺です。パッケージに「花椒(シビレ)VS辣油(カラサ)」と記載の通り、どちらの辛さが勝っているのでしょうか?

 

 

ひと口すすると、花椒のしびれと辣油のピリッとした辛さを同時に堪能できます。舌には強い刺激が襲いかかるため、まるで本当に競い合っているかのよう。喉ごしなめらかな細麺は、歯切れがよくてコシもバッチリ感じられました。また、ほんのりシナモンの風味がきいているのもGOOD。辣油や花椒とは違うこうばしい香りが、食欲をどんどんアップさせますよ。

 

花椒と辣油の対決は“引き分け”といった印象の「キング軒 広島式汁なし担担麺」。購入者からは、「ホットでしびれる辛さがたまりません。何個でも食べられそう」「頭の中がスカッとします。麺もすすりがいがあって最高!」といった声が多数あがっています。同商品を食べて、存分に刺激的な辛さを楽しんでくださいね。

 

 

【関連記事】
タイ南部発祥のマッサマンカレーを再現!「カップヌードル マッサマンカレー ビッグ」

TAG
SHARE ON