話題
2020/6/24 10:50

ひと口食べれば“塩だれ”の虜に…“小盛派”から絶賛されているファミマの「炙り焼三元豚のカルビ重(麦飯)」

小腹が空いたときにちょうどいいボリューム感の小盛サイズ。できるなら量が少なくても、食べごたえのある具材をいただきたいですよね。そこで今回は、ファミリーマートから発売されている「炙り焼三元豚のカルビ重(麦飯)」(398円/税込)をピックアップ。小盛サイズのメニューですが、コンビニユーザーからは「多過ぎず少な過ぎないボリュームがイイね」「小盛だけど豚肉が超絶美味しい!」など好評の声が相次いでいます。ボリュームと味わいの両方に注目しながらレビューしていきましょう。

 

【関連記事】
ローソンオリジナルの創作メニュー!? パンチのある辛味が絶品の「麺屋はなび監修 台湾焼そば」

 

●「炙り焼三元豚のカルビ重(麦飯)」(ファミリーマート)

そもそも「三元豚」とは3種の豚をかけ合わせて生産された豚肉のことで、バランスのとれた肉質が特徴です。炙り焼きした三元豚は、どのような味わいを楽しめるのでしょうか?

 

さっそく温めた同商品のフタをオープン。“塩だれ”がかかった豚肉をひと口食べてみると、柔らかい食感の後にコクのある味わいが広がります。ファミマの公式サイトによれば、たれにごま油を使用しているとのこと。確かに食べた瞬間、こうばしい風味が鼻から抜けていきました。

 

テイストは三元豚のジューシーさとたれの塩味が相性抜群で、文句なしの美味しさです。豚肉に散りばめられているネギと玉ねぎのシャキシャキとした歯ごたえもGOOD。続いてご飯を食べてみたところ、白飯に入った押麦のプチプチとした食感を楽しめました。塩だれはご飯と合う味なので、モリモリと食べ進められますよ。

 

つけ合わせのもやしとほうれん草のナムルは想像以上に濃い味つけで、豚肉に負けないくらいご飯とマッチする味わい。バランスの取れた具材が入っているため、ご飯を残すことなく完食できました。満腹とまではいかなかったですが、程よくお腹が膨れた印象。ちょうどいいボリューム感で、仕事中の食事にも最適ですね。

 

購入者からは「塩だれが染みた豚肉がめちゃウマ!」「忙しい時でもパパっと食べられるから重宝してます」など好評の声が相次いでいました。食事を軽く済ませたい日は、ファミマの「炙り焼三元豚のカルビ重(麦飯)」を購入してみてはいかがでしょうか?

 

【フォトギャラリー(画像をタップすると閲覧できます)

 

※価格はライター購入時のテイクアウト価格です。

 

【関連記事】
生姜焼にトマトペーストをイン! 酸味×甘みが絶品のローソン「豚生姜焼弁当」にリピーター続出中!

TAG
SHARE ON