話題
2020/6/23 10:50

ローソンオリジナルの創作メニュー!? パンチのある辛味が絶品の「麺屋はなび監修 台湾焼そば」

人気ラーメン店の味を手軽に味わえるコンビニの“再現メニュー”。行列ができる名店に並ばなくても、本格味を楽しめるのはありがたいですよね。しかし今回ローソンで購入した「麺屋はなび監修 台湾焼そば」(450円/税込)は、どうやら事情がちょっと違う模様。名古屋名物「台湾まぜそば」ブームの火つけ役として有名な「麺屋はなび」ですが、同商品は店舗にない“コンビニオリジナル”の創作メニューです。プロが監修したことにより、どのような味わいを楽しめるのでしょうか?

 

【関連記事】
生姜焼にトマトペーストをイン! 酸味×甘みが絶品のローソン「豚生姜焼弁当」にリピーター続出中!

 

●「麺屋はなび監修 台湾焼そば」(ローソン)

まずトッピングをチェックしてみると、麺の上に“台湾ミンチ・もやし・ニラ”が乗せてありました。また同商品は、パンチのある辛味が特徴的なメニュー。テイストだけでなく、辛さにも注目しながら実食してみましょう!

 

 

最初に“豆板醬入り醤油たれ”と麺をよく絡めてからひと口味見。もやしのシャキシャキとした食感と共にたれのこうばしいテイストが味わえました。さらに遅れて台湾ミンチの濃厚な“ジューシーさ”もプラス。既に旨味満点で納得の美味しさですが、噛めば噛むほど辛味も広がっていきます。額に汗をかくほど体が熱くなりましたが、パンチのある辛さのおかげで箸がとまりません。

 

続けて焼そばを食べていると、酸味が効いたニラのテイストが。たれの辛味とも絶妙にマッチしており、味にアクセントを加えてくれます。レンチンした後にそのまま食べるのもいいですが、味をまんべんなく楽しみたい人はよくかき混ぜるのがおススメ。具材が中央にまとまっているため、ミックスしてから食べれば飽きのこない味を楽しめます。

 

夢中になって食べていたら、あっという間に完食。意外だったのは、辛さがポイントのメニューにもかかわらず思ったよりも“くどさ”がなかったところです。ピリ辛好きだけでなく、辛い料理が苦手な人でも食べられると思いますよ。

 

購入した人からは、「『麺屋はなび』が監修しているおかげで、史上最高の台湾焼そばを堪能できた」「クセになる辛味に1度ハマるとやめられなくなる」など好評の声が続出。

 

「麺屋はなび」の味を手軽に楽しみたい人は、ぜひ同商品を購入してみてくださいね。

【フォトギャラリー(画像をタップすると閲覧できます)

※価格はライター購入時のテイクアウト価格です。

 

【関連記事】
過去最高の焼肉たれ!? 肉好きは見逃し厳禁のファミマの「特製ダレの炙り焼牛カルビ重」

TAG
SHARE ON