乗り物
鉄道
2019/12/15 18:00

六本木で開催中の鉄色濃厚の「天空ノ鉄道物語」−−特別展の見どころに迫った

〜〜六本木ヒルズ 森タワー52階「特別展 天空ノ鉄道物語」〜〜

 

東京の六本木ヒルズ、森タワー52階で、2020年3月22日(日曜日)までの期間限定で「特別展 天空ノ鉄道物語」という催しが開かれている。

 

略して「天鉄展」は鉄道好きのための催しである。鉄道会社の博物館で開かれる催しとはちょっと異なる。老若男女を問わず楽しめる仕掛けがずっしりと詰まる。かなり濃厚な“鉄色”企画も含む。そんな天鉄展の見どころに迫ってみた。

*一部写真は「特別展 天空ノ鉄道物語」広報事務局提供、ほか筆者撮影

 

【関連記事】
ファミリー&鉄道ファン必見! 一度は足を運んでおきたい東日本の鉄道博物館5選

 

【天鉄展レポート①】レアな鉄道関連用品が1000点以上ズラリ

最初に「特別展 天空ノ鉄道物語」の催しの概要を見ておきたい。

会期2019年12月3日(火)〜2020年3月22日(日)
時間10〜20時(ただし火曜日は〜17時)*入館は閉館の45分前まで
会場森アーツセンターギャラリー&スカイギャラリー(六本木ヒルズ 森タワー52階)
交通東京メトロ日比谷線・六本木駅1C出口から徒歩3分
入場料一般2500円、高校生・大学生1,500円、4歳〜中学生1,000円 *3歳以下は無料

主催は日本テレビ放送網、森アーツセンター、日テレイベンツ。JR各社、大手私鉄各社などが協力して、開かれている。

↑国内を最初に走った蒸気機関車「一号機関車」の実寸大スケールモデル、“製造当初の姿”が段ボールによって再現された。制作はアーティストの島英雄氏。後ろに天空駅ホームが設けられた。背景には東京タワーも見える。全面ガラス窓のスクリーンに映像が映し出され幻想的な雰囲気となる

 

【天鉄展レポート②】鉄道大好き中川家・礼二さんらが盛り上げる

天鉄展が開始された前日に、オープニングセレモニーと内覧会が開かれた。その模様からお届けしよう。オープニングでは壇上に主宰者および、今回の催しを監修した川西康之氏らが並ぶ。

 

ちなみに川西氏は建築家であり、デザイナーの肩書きも持つ。えちごトキめき鉄道(新潟県)の観光列車「雪月花(せつげつか)」をプロデュース、デザインしたことでも知られる。

 

さらにお笑い芸人の中川家・礼二さんと鉄道好きで知られる女優の松井玲奈さんがアンバサダーに就任。登壇してオープニングセレモニーを盛り上げた。

↑アンバサダーに就任した中川家・礼二さんと松井玲奈さんが登壇。礼二さんは新幹線のトイレが流れる音を再現して場を和ませた。礼二さんの左隣が監修者の川西康之氏。川西氏は「東京オリンピックを目前に控えた東京の上空で、新しい未来の鉄道の姿を共有したい」と意気込む

 

天鉄展は1964年から2020年と前後のオリンピックイヤーの間に見られた、鉄道の移り変わりが展示の中心となる。特に日本で独自に育まれた「食」「旅」「アニメーション」「ゲーム」「テクノロジー」といった“鉄道文化”に注目。子どもから大人まで楽しめる体験型の展覧会としている。

↑「鉄道車両ドアインスタレーション」と呼ばれるコーナー。ドアに触れると、背景のイラストが変化、全面、電車に変わって走り出すなど、“触ってびっくり!”のコーナーとなっている

 

さて、天鉄展。何をおしゃれな六本木の街でやろうとしているのだろう、しかも六本木ヒルズだぞ、と筆者は疑問を持ちつつ、訪れたのであった。想像の範囲で言えば、鉄道会社の博物館で行われる展示内容とかぶる気がしたのだが。

 

内覧会を見た感想を先に言ってしまえば、こだわっていて楽しい、と感じた。場所が一等地のため、入場料もそれなりだが、楽しむ目的をしっかり見いだせば無駄はない。すでに、期間中に何度も入場できる「超・特急定期券(1万900円)」や、数量限定のオリジナルグッズが付く「グッズセット券(4600円)」は販売終了と、前人気も上々だった。

 

今回の展覧会を監修した川西康之氏は次のように話す。

 

「日本テレビさんが主催されているので、鉄道会社の垣根を越えてご協力体制をしいていただけました。これは既存の鉄道会社の博物館ではできないことだと思います」。

「2つめにテレビ局ならではの持っている映像アーカイブスをお楽しみいただけるところが、従来の催しとは違うところかと。あとは52階で、今までにないコンテンツをお見せできるところでしょうか」。

 

天鉄展、どのあたりが見どころなのか、具体例を見つつ、さらにお好みに合わせた楽しみ方を紹介していこう。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
全文表示
TAG
SHARE ON