ワールド
2020/1/31 18:30

世界一巨大な「スニッカーズ」は驚異の2トン越え! 「食べ物のギネス記録」はどんどん生まれる

「スニッカーズ」といえば、小腹がすいたときにさっとかじれるチョコレートバー。そんなスニッカーズの、重さ2000キロ以上になる巨大バージョンがアメリカで製造され、ギネス世界記録に認定されました。そこで本稿では、これまでに生まれた世界各地の食べ物に関するギネス記録をチェック。スニッカーズを含めて、食べ物に関する面白いギネスレコードをいくつかご紹介しましょう。

 

重さ2000キロ以上「世界一巨大なチョコレートナッツバー」

↑世界一巨大なチョコレートナッツバーに認定されたスニッカーズ

 

2020年1月にギネスに認定されたスニッカーズの記録。高さ61センチ、横幅66センチ、重さは2132キロにもなる巨大なスニッカーズが、アメリカのテキサス州にあるマース社のスニッカーズ製造工場で作られました。使用したチョコレートは1587キロ、キャラメルとピーナッツ、ヌガー(砂糖やはちみつなどを練り合わせたもの)は合わせて544キロ以上。米国メディアによると、市販されているスニッカーズのおよそ4万1000個分に相当するそうで、世界一長いチョコレートナッツバーとしてギネス世界記録に認定されました。

 

その数3万個! 「ビッグマックを世界で一番多く食べた男」

マクドナルドの看板メニュー「ビッグマック」が好きすぎて、毎日のように食べ続けて、「ビッグマックを世界で一番多く食べた人物」としてギネス世界記録に認定されたアメリカ人がいます。それがドン・ゴースクさん。この男性は44年間ほぼ毎日、ビッグマックを1日2個食べ続け、2016年に2万8788個のビッグマックを食べたとギネス世界記録に登録されました。そして、その後もビッグマックを食べる生活を続け、2018年にはついに3万個の大台も突破したのだとか。

 

ギネスに殿堂入りした男が「目隠しで世界一多くのM&M’Sを箸でつまんだ」

豆を箸でつかむ「豆つかみ競争」は、箸の使い方を練習中の子どもはもちろん、大人だって簡単にはできないゲームです。そんな豆つかみに、丸い形のチョコレート「M&M’S」を使って挑んだ男性が、ニューヨークに住むアシュリータ・ファーマンさん。彼は目隠しをした状態でこのチャレンジに挑戦し、1分間で20個の記録でギネス世界記録に認定されました。ちなみに、このファーマンさんはギネス記録マニアとも言える人物で、これまでに600以上の記録を達成し、現在でもタイトルを保持している記録は200ほど。「世界で最も多くのギネス世界記録タイトルを持つ男」として知られています。

 

日本人フードファイターの記録! 「3分間で世界一ハンバーガーを食べた男」

ギネス世界記録で日本人が樹立した記録が、「3分間で世界一ハンバーガーを食べた」というもの。日本人フードファイターの小林尊さんが2014年に挑んだチャレンジで、用意されたのは4オンス(113グラム)のパテを50グラムのパンで挟んだ中型サイズのハンバーガー。彼はこれを3分間で12個完食し、ギネス世界記録に認定。現在でもギネス世界記録保持者の肩書きを維持し続けています。

↑ギネス世界記録の認定証を受け取り、うれしそうな表情を見せるスニッカーズの代表者(右)

 

「くだらない」と言ってしまってはおしまいですが、ギネスで「世界で一番」という称号をもらえるのはやはりうれしいもの。次はどんな記録が生まれるのか楽しみですね。

TAG
SHARE ON