著者 - 岡安学

岡安学

ゲーム雑誌の編集者を経てフリーライターとして活動中。近年は、デジタルから家電までオールジャンルを網羅して執筆を行なう。近著に「INGRESSを一生遊ぶ!」(宝島社)。また、家電コンシェルジュの神原サリーさん、ITジャーナリストの一条真人さんとメルマガを配信中 http://www.mag2.com/m/0001643378.html

伝説のSF漫画「BLAME!」がついに劇場公開! 作中の世界観を体験できるVRコンテンツも

1997~2003年に月刊漫画誌「アフターヌーン」にて連載された「BLAME!」と言う作品をご存知でしょうか。世界を管理していたネットワークが感染し、都市コントロールのアクセス権を失った人類が違法居住者として駆逐されてしまう世界を描くSF作品です。 作者は「シドニアの騎士」の弐瓶 勉。アニ...

はじめてのVRにおすすめ! 没入感抜群のスマホVRヘッドセット「HOMiDO V2」をレビュー【プレゼントあり】

昨年はVR元年と呼ばれ、VRやそれを見るためのVRヘッドセットなどが世に認知されてきました。しかし、興味を持つ人が増えてはいても、本格的なVRを楽しめる環境一式を揃えようとすると10万円以上かかる場合もあり、おいそれと導入できないといった人も多いでしょう。

男の「未来のガレージ」はこうなる! ソフトバンク「+Style」監修ストアが伊勢丹メンズ館で期間限定オープン

ソフトバンクが展開する「+Style」(プラススタイル)は、クラウドファンディングなどで新たに生み出された最先端アイテムを知ってもらいたい企業と、新しい画期的な製品を購入したいと思っている消費者とを繋げるものづくりプラットフォーム。その+Styleが監修するデジタルプロモーションストア「ミライデジタルボックス」が、5月15日~6月13日の約1か月間、伊勢丹新宿本店メンズ館にてオープンします。

牛丼業界にも糖質制限の波到来! ライスを湯豆腐にする松屋の新サービスを試してみた

いまや猫も杓子も糖質制限の時代。お米やパンが目の敵にされています。そんな世の流れを敏感に察知して、メニュー改革を行ったのが牛丼(牛めし)チェーンの「松屋」です。松屋フーズは、50円の追加料金を支払うことで、定食メニューのご飯を湯豆腐に変更できるサービスを5月9日より全国の松屋店舗で開始しました(一部...

あの「タイムギャル」が帰ってきた! 80年代ゲーマー感涙のLDゲームがスマホアプリで復活

去る4月のはじめに、なんの予告もなく「タイムギャル」というゲームタイトルがAndroidとiOS向けのアプリとして登場しました。オールドゲーマーは、この嬉しいサプライズに大歓喜しました。 「タイムギャル」って、そもそも何? と思われる方も多いでしょう。「タイムギャル」のアーケード版がリリー...

東京電力がガス自由化に参入! 電力自由化から巻き返しを図るべく打ち出したプランとは?

2016年4月に始まった電力自由化から1年、2017年4月から今度はガス自由化が始まりました。それをうけ、5月9日、東京電力エナジーパートナーは7月より開始する家庭向け都市ガス販売の料金プランを発表。

いよいよ今年打ち上げ! ロケットを相乗りするインドチームが来日して展望を語る【au×HAKUTO MOON CHALLENGE】

ゲットナビウェブでも何度となくニュースをお届けし、その動向を追い続けているau×HAKUTO MOON CHALLENGE。これはGoogleがスポンサーをつとめる人類初の月面ロボット探査レース「Google Lunar XPRIZE」に、日本から唯一参戦する一大プロジェクトです。今回はロケットを相乗りするインドチームが来日。それに伴うイベントや会見の模様をお伝えします。

ペットボトルは絶対必要? 制限すべき? 「ソーダストリーム」の面白い取り組み

全世界で毎日約15億本が消費されているというペットボトル。便利な反面、その多くが川や海、湖などに投棄されており、重大な環境問題になっていることをご存知でしょうか? もちろん、一部はリサイクルされていますが、リサイクルするためにはペットボトルを新たに作るよりも多くの資源を必要とするため、エコではないと...

壁やテーブルがタッチスクリーンに!? これは「Xperia Touch」という名の新型スマートデバイスの誕生である

ソニーモバイルコミュニケーションズは、壁やテーブルに投写し、投写した映像をタッチすることで操作ができる画期的なスマートデバイス「Xperia Touch」を発表。投写した映像にタッチできるというだけでも驚きですが、実はこのデバイス、Android端末としての機能も搭載。本稿ではその多彩すぎる機能の全...

乾電池2本で1000mを登頂!?エボルタ9年ぶりの刷新で美しくも険しいあの断崖絶壁に挑戦!

2008年に発売され、長期保存、長もち、高性能を実現した乾電池「EVOLTA(エボルタ)」が9年を経て「EVOLTA NEO」としてリニューアル。今回はその進化点と、恒例の「EVOLTAチャレンジ」についてご紹介します。[caption id="attachment_128281" align="a...

飲み会で盛り上がる! Nintendo Switchの真髄は大人数プレイにあり

任天堂にとって2012年発売の「Wii U」以来、久々の新型ハードの登場ということで大いに賑わった「Nintendo Switch」。3月3日の発売日には即完売し、23日に追加販売されるもそれもすぐに完売となってしまったことからも、その人気の高さがうかがい知れます。 筆者も1月の発表会の5...

自撮りもここに極めり!? スマホと一体になる空飛ぶカメラ「AirSelfie」がいよいよ発売!

AirSelfieはクラウドファンディングの「Kickstarter」で資金を集めて開発、製品化したスマホサイズのセルフィーカメラ。スマホカバーと一体になったバッテリーケースに収納することで、スマホと一緒にAirSelfieも持ち歩けるというのが大きな特徴です。[caption id="attach...

金魚をタブレットで誘導!? 国際スタートアップイベント「Slush Tokyo 2017」でデジタルライターが驚いた!

Slushは、2008年よりフィンランドで開催されている、テック系のスタートアップイベント。日本では2015年に初めて開催され、昨年は4000人の参加者を集めるなど急成長中です。3月29・30日に東京ビッグサイトで開催されたSlush Tokyo 2017には、日本だけでなく世界各国からスタートアッ...

ロボホンのドレスアップがブーム!? 着せ替えロボホンに加え、特設カフェではスワロフスキーも登場!

ロボホンといえば白黒ボディに丸い目が印象的――。そんなイメージがあると思いますが、いまロボホンオーナーの間では自分好みにロボホンをコーディネートするのが流行っているんだとか。その実態を探るため、

これは訪日外国人も大喜びしそう! 24時間1500円~でロボホンが観光案内役に

シャープと京浜急行電鉄(京急電鉄)、ビジョン、フューブライトの4社が、日本初となる多言語観光ガイドを行うコミュケーションロボットサービスを4月25日から開始すると発表しました。その役割を担うのは、もちろん「ロボホン」。英語と中国語で、訪日外国人向けのガイドをします。[caption id="atta...

...

人気の動画ニュースVideo News

20170518-i07 (1)

プロが考えた「足、クサくない?」とやんわり言う方法――岡本が「足クサ川柳」で動画公開

20170426-i01 (5)

【動画】未来がまた1歩現実に! 古い照明や家電もIoT化してしまう小型ロボ「Switch Bot」

20170425-s1 (3)

クオリティはほぼ映画! 美貌の姉、長澤まさみが女装の弟と旅をする新CMがオンエア

VIEW ALL

インフォメーションInformation

VIEW ALL

HOMiDO
ホンモノケイカク