文房具&日用品

【DIY女子必見】プロ顔負けの“可愛いすぎる工具”が話題ーークマやサイが驚きの姿に変身!

可愛い雑貨はあっても、なかなか“可愛い工具”を見つからないもの……。そんな不満も、雑貨屋「MelBon」なら解消できてしまう。いまTwitterをはじめとしたSNSでは、同店の工具が「可愛い見た目からのギャップがすごい」と話題になっている。[caption id="attachment_101496...

MelBon動物工具雑貨

これがアロマディフューザーって本当? 伝統の常滑焼と自然の枝のコラボ「アロマブランチ」がフォトジェニックすぎる!

アロマ空間のデザインや香りによるブランディング・CIを手掛けるアットアロマは、「アロマブランチ」シリーズをリニューアルし、常滑焼を取り入れた「aroma brunch TOKONAME (アロマブランチ トコナメ)」を発売しました。常滑焼は日本六古窯のひとつで、もともと日常的に親しみのある急須などが...

文房具の達人が手紙のマナーに物申す! 「目立たない修正液」を駆使してカジュアルに手紙と向き合ってみよう

手紙のマナーというのはいろいろあるもので、とにかく取り決めが細かい。カジュアルな手紙なら横罫の便箋でもOKだけど、「目上の人には縦罫が望ましい」とか、「封筒も弔事の手紙に使う封筒は郵便番号の枠がないものを使う」とか、手紙を書く前からルールが決まっているのである。例えばーー、 ●手紙の文面に...

ボールペンの人気No.1カラーが決定! ゼブラがサラサクリップ初の総選挙企画「SRS46カラフル総選挙」を開催

ゼブラは、文房具ウェブマガジン「毎日、文房具。」と共同で、ジェルインクボールペン「サラサクリップ」で人気のインク色を決める「SRS46(※)カラフル総選挙」を1月23日から実施します。投票期間は3月31日までです。※SRS46=サラサクリップ46色の頭文字をとったもの 「サラサクリップ」は...

スマホのギトギト液晶を一発解消! スプレー、クロス、ケースが一体化した手のひらサイズの画面クリーナー

ユニークで便利なモバイル製品の企画&販売を手掛けるデバイスネットは、六角形のスマートなデザインで持ち運に便利なスプレー式一体型の液晶画面クリーナー「ヘキサゴン」(DN-MCL-BL)を1月20日に発売します。実売価格は1080円。 コンパクト&ケース付きだから携帯してすぐに使える!「ヘキサ...

文房具の達人が心踊った! 実用性が違う“マストバイ”なおすすめステーショナリー5選【2016年版】

昨今では、さまざまなアイデア商品やおしゃれグッズが登場している「文房具」。一般的には、付せんノートやマスキングテープなどが流行った2016年ですが、はたして文房具の達人にはどう映ったのでしょうか? GetNavi webで文房具の記事を執筆している文房具ライター・きだてたくさんに、2016年に寄稿し...

印鑑+雑誌orノートは大間違いーー1000円でおつりがくるハイコスパ「印マット」であなたも捺印名人に!

「印鑑を上手に捺すコツ」をご存知だろうか? 均一に朱肉がついていて、カスレがなく、それでいてにじまず美しくぺっとりとした印影が捺せると、それはとても気持ちがいい。場合によっては軽くガッツポーズすら出るレベルだ。 とはいえ、なかなかそんなパーフェクトな捺印はできるものではない。だいたい10回...

バレンタインは「食べられないチョコ」で差をつけろ! 革のプロ・土屋鞄が放つステーショナリーセット「チョコレザートBOX」

創業51年、職人の手仕事によるランドセルや革鞄を手掛ける土屋鞄製造所は、バレンタイン限定のステーショナリーセット「チョコレザートBOX」を数量限定で発売します。こちらはチョコレートに見立てた革のマウスパッド、クリップホルダー、コードホルダーの3点セットで価格は1万7000円。1月14日から土屋鞄製造...

「スタバPC」に貼ってミステリアスに自己演出! モアイ、河童、UFOなどムー公認ステッカーが登場!!

ムー的流行語大賞で振り返ったように、2016年はムーと各社様のコラボ企画が多方面で花開いた一年だった。2017年も拡大して……とシメの雰囲気を醸し出していたところが、油断は禁物である。自分で油断して自分で驚くのだが、2016年のムーコラボ企画、最終にして最新情報! ムー公認ステッカーなどが発売された...

【いまさら聞けない】iQOSって何? 紙巻きたばこと何が違うの?

近年禁煙ブームに拍車がかかり、煙や灰が出ない加熱式たばこ「iQOS」が大ヒット中。コンビニなどでは依然として品切れ状態が続いています。そんなiQOSと豊富に登場するアクセサリーを紹介します。

“験担ぎ文房具”を使えばきっとサクラ咲くよ! 正月勉強中の受験生はおめでた文房具で気分転換してみよう

あけましておめでとうございます。2017年もよろしくお願いいたします! ……と、年が明けて自動的におめでたいなら良いのだが、この時期「けっ、めでたくなんかねぇよ!」とやさぐれている人たちもいる。主に受験生と、そのご家族である。なんせ、あと2週間もしないうちにセンター試験が始まってしまうのだ...

年末の大掃除にはズバリ、消しゴムを使うべし! サビ、水アカ、ウロコ汚れも「住まいの消しゴム」でなんのその

師走も押し詰まり、2016年も残すところあと1週間足らず。いよいよ今年も終わりだな……と思ったとき、ふと口ずさんでしまうメロディーがある。「今年の汚れ、今年のうちに♪」これを聴くと“あっ、掃除用洗剤買いに行かなきゃ”という気分になってしまう、CMソングの大名曲だ。 毎年毎年ちゃんとやってる...

“字が汚い族“が年賀状で美文字を書き上げるには? 「スットカケール」を使えば美しい文字がすっと書ける!

年賀状シーズンということで、前回は「字が汚い族でも書きやすい筆風ペン」を紹介した。しかし、あのペンを使ったら「美文字が書けるようになる!」と思った人がいたら申し訳ない。それはちょっと誤解を生む書き方だった。 そもそもペンだけでは字の汚さを完全にフォローするのは難しい。というか、ペンを変えた...

「手帳が仕事に役立つ」というのは最近の話。なぜ今、紙の手帳が人気なのか?

もはや、意外に知られていない歴史的事実なのだけど、手帳でタイムマネージメントする習慣なんて、ここ10年に満たない、かなり新しい手帳の使い方だ。それ以前は、手帳を買うという習慣さえなかった。毎年会社からもらう手帳に、大事な予定を書くか、メモを取るかくらいが一般的なビジネスマンだった。ルーティーンワーク...

この両面テープの製品名わかりますか? 発売50周年を迎えた「ナイスタック」を使った簡単DIYテクニック6選

お家やオフィスなど身の回りのアイテムをちょっと工夫したいと思うことはありませんか? DIYでモノを作ったり、補修や修理したりしたいと憧れを持ちつつも……なかなか道具を集める時間も手間も面倒。そんなときは手軽でコスパにも優れた“両面テープ”がおすすめです! 使う場所やシーンに合わせて種類も豊富。手も汚...

...

人気の動画ニュースVideo News

20170119-a02-01

【DIY女子必見】プロ顔負けの“可愛いすぎる工具”が話題ーークマやサイが驚きの姿に変身!

20161226ble4_00

2017年はロボットのいる生活が普通に! 音声アシスタント端末の次なる注目モデルは?

20161202_blnak1_25

360°カメラはニコンとリコーどっちがいい? 「4つの撮り方ルール」と併せてオススメモデルを紹介

VIEW ALL

インフォメーションInformation

VIEW ALL

TAG

ホンモノケイカク
stationery