デジタル
apple
2019/6/4 7:45

新型「Mac Pro」を眺めているだけの庶民だけど、見た目もスペックもワクワクがとまらないんです

WWDC 2019でアップルは、ハイエンドモデルに位置する新型「Mac Pro」を発表しました。

 

【関連記事】

Apple新OS「iOS 13」発表! ダークモード、フォト機能などアプデ内容まとめ

 

筐体デザインを刷新し、円筒状のデザインから再びタワー型ボディになりました。前面パネルには多数の穴が空いており、3つの強力なファンを搭載することでエアフローを大幅に改善。CPUは、最小構成で8コアのIntel Xeonプロセッサを搭載。最大28コアのIntel Xeonプロセッサも搭載可能。メモリは6チャネルに対応し、最大1.5TBをサポート。PCI Expressは8スロット、Thunderbolt 3ポート×2、USB-Aポート×2、3.5mmオーディオジャック、10Gbpsイーサネット端子を内蔵しています。電源は1.4KWを搭載。モンスタースペックを搭載しながら静音性を実現しています。また、オプションで移動のためのキャスターを取り付けることも可能。

↑32インチのRetina 6Kディスプレイ「Pro Display XDR」

HDR表示もできる32インチのRetina 6Kディスプレイで視野角も広く、画素数は1億2000万ピクセルを誇ります。

 

ディスプレイと合わせて新Mac Proを使えば、8K動画で細かい画像の編集、色のレンダリングなどクリエイティブな作業の次元が変わるでしょう。

 

↑動画編集のみならず音楽制作やゲーム制作など、創作の幅を一気に広げるポテンシャル
↑より繊細でダイナミックな表現を意のままに生み出せる
↑ディスプレイは縦型にしても使用可能

Mac Proの価格は5999ドル、Proディスプレイは4999ドル。2019年秋ごろに発売予定です。あまりのスペック、価格に圧倒されるばかりですが、秘めた可能性を考えるとワクワクしっぱなしです。