デジタル
Apple
2019/9/11 7:43

【Apple発表会まとめ】iPhone 11 Pro/Pro Max詳報! 史上初の「Pro」はみんな欲しくなる方のプロだった

2019年9月11日、午前2時から行われた、Appleの発表会。iPhone 11が発表されるなど、全世界から注目を集めた発表会の模様を、GetNavi webでは詳報でお届けします。

 

 

タピオカフォンはすごかった! プロ仕様のカメラに”死角”なし

普及モデルのiPhone 11に続けて発表されたのが、5.8インチサイズのiPhone 11 Proと、6.5インチサイズのiPhone 11 Pro Maxです。これらの機種は、iPhoneでは初めて「Pro」の名を得たことからもわかるように、iPhone 11の上位モデルとして展開されます。ディスプレイサイズはiPhone 11 Proが5.8インチ、iPhone 11 Pro Maxが6.5インチです。

 

【iPhone 11についてはこちら】

【Apple発表会まとめ】iPhone11のお手頃感すごい!カメラにハードに…進化だらけなのに699ドルから

 

その特徴は、何と言っても背面に搭載された3つのカメラ。ネット上では「タピオカ」などと話題にされていますが、このカメラがすごいんです。

3つのカメラの内訳は、標準、望遠、超広角。3つカメラが連動することで、あらゆる画角をサクサク切り替えながら撮影することができ、同じシーン、同じカメラの位置でも、多様な写真を撮影することが可能です。暗くても明るい写真を撮ることのできるナイトモードを搭載するほか、標準、超広角カメラは手ブレ補正にも対応。欠点がもはや見当たりません。

 

ビデオカメラとしても、これらのカメラは高性能です。4K、60fpsのHDR撮影(ハイダイナミックレンジ・明るさの異なる複数の映像を合成し、綺麗な映像に仕上げる技術)に対応しています。また、スローモーション撮影などの新機能を搭載した前面のカメラは、従来機種以上の広角化を実現。カメラの画素数は、背面、前面の全てのカメラが1200万画素となっています。

 

プロセッサもバッテリーも史上最強

プロセッサは、iPhone11と同じ、A13 Bionicを搭載。「スマホ史上最速」として、Appleが送り出した、最強のチップです。

 

そして、さらに特筆すべきはそのバッテリー。iPhone XSと比べたときの電池持ちは、iPhone 11 Proが4時間、iPhone 11 Pro Maxが5時間、それぞれ延長に成功しています。iPhone 11も、iPhone XR比で1時間のバッテリー持続時間延長を実現しているのですが、それが霞んでしまうほどの進化ですね。

 

画面は新開発の有機ELディスプレイであるSuper Retina XDRディスプレイで、これはMac Proと同等のクオリティとのこと。ボディはステンレス製、カラーは新色のミッドナイトグリーンのほか、スペースグレイ、シルバー、ゴールドの4色で展開されます。

 

9月13日予約スタート、9月20日発売となっているこれらのモデルは日本のApple公式サイトでもすでに公開されており、価格設定はiPhone11 Proが10万6800円、iPhone11 Pro Maxが11万9800円から(それぞれ税別)。Proの名の通りの価格設定ですが、新しもの好きとしてはやっぱり欲しくなっちゃいます……!

 

【フォトギャラリー(GetNavi web本サイトにご覧になれます)】

 

【Apple発表会2019 September 詳報記事リスト】

Apple Arcadeはこちら

Apple TV+はこちら

iPhone 11こちら

iPhone 11シリーズカメラまとめはこちら

iPadはこちら

TAG
SHARE ON