デジタル
Apple
2021/6/8 6:20

iOS 15は「シェア」で便利に! WWDC21で発表された新機能まとめ

Appleの世界開発者会議「WWDC21」が、日本時間6月8日午前2時から開催されました。Appleの最新情報が多数発表されたこの発表会について、速報をお届けします。

↑冒頭に登壇したティム・クックCEO

 

こちらの記事では、WWDC2021で多数の新機能が発表されたiOS 15について紹介していきます。

↑iOS 15の新機能について紹介するクレイグ・フェデリギ氏

 

コミュニケーションやシェア機能を強化

コロナ禍でオンラインコミュニケーションの機会が増えたことを受け、ビデオ通話アプリ「FaceTime」の機能が大幅に強化されました。まず、アップルが推進する空間オーディオに対応し、画面上に表示された方向から話者の音声が聞こえるなどより自然な通話ができるように改善されるとともに、周囲の雑音を低減して話者の声だけにフォーカスすることが可能に。これはオンオフを切り替えられるので、周囲の音も届けたいときはオフにするなど、シーンに応じて使い分けることができます。また、カメラでおなじみのポートレートモード機能が利用できるようになり、背景をぼかして人物だけを際立たせられるようになります。

↑FaceTimeが空間オーディオに対応

 

さらに、リンクからビデオ通話に参加できる「FaceTime Link」機能が追加され、リンクを送ることでAndroidやMac以外のPCからも参加できるようになります。リンクをカレンダーに登録しておけば、先々のビデオ通話の予約をすることも可能。FaceTimeをビデオ会議のツールとして利用しやすくなっています。

↑通話リンクを作成できる「FaceTime Link」

 

↑リンク機能によりAndorid端末やMac以外のPCでもFaceTime通話が可能に

 

このほか、FaceTimeの通話者同士で音楽や動画を同時に楽しめる「Share Play」機能も利用可能に。インカメラで自分が視聴している姿を映すことができるので、反応を共有して一緒に盛り上がることができます。Share PlayはApple MusicやApple TVのほかにも、HuluやTikTokといったサードパーティーのアプリにも対応する予定です。

↑FaceTimeで音楽を一緒に聴くことも可能に

 

↑動画も楽しむことができます

 

↑動画はApple TVで再生し、FaceTimeをiPhoneに表示させるなどの使い方も可能

 

Messageアプリもシェア機能を中心に強化されています。これまでMessageで複数の写真を送ったときにはタイムライン上に画像が1枚ずつ表示されていましたが、新たに複数の写真をコラージュして見やすく表示できるようになるほか、たくさんの画像をまとめて1枚だけタイムライン上に表示し、タッチするとアルバム画面が開くような動作が可能となっています。

↑複数の写真をコラージュして表示

 

↑たくさんの写真を送った場合はまとめて表示することもできます

 

また、MessageでApple Musicのプレイリストを共有などが簡単に行えます。

↑気に入ったプレイリストを簡単にシェアできます

 

プライベートを確保するための機能を搭載

iOS 15では、仕事に集中したりプライベートな時間を確保するために、通知機能をカスタマイズする機能が追加されました。朝や夕方など決まった時間に通知をまとめてお知らせする「サマリー」機能や、あらかじめ設定したアプリからの通知のみ表示させる「集中モード」を使えば、余計な通知に邪魔されずに時間を有意義に使うことができるようになります。

↑通知をまとめて知らせる「サマリー」機能

 

また、ナイトモードにすれば通知をすべてオフにでき、メッセージを送った人にもいまは通知できないことが伝えられます。緊急時などには、相手がナイトモードに設定していても通知を表示させるようにすることも可能です。

↑緊急時には相手が通知オフにしていても通知されるようにすることも可能

 

画像上のテキストを認識する機能も強化されました。ノートやホワイトボードに書いた文字を撮影すると、画像上の文字をテキストとして認識し、ほかのアプリにドラッグ&ドロップしたりコピペしたりすることが可能となります。これは自分で撮影した画像だけでなく、web上の画像などでも利用可能。写真に写った電話番号をタップし、そのまま電話することもできます。

↑ホワイトボードなどを撮影すると、文字をテキストデータとして扱えます

 

ただし、このテキスト認識は、当初は英語や中国語、仏語などのみ対応となり、日本語には対応していません。日本語対応する日が待ち遠しいですね。

↑当初は英語や中国語などのみ対応

 

このほか、ウォレットアプリで対応する自動車のロックを解除したり、予約しているホテルのルームキーをスマホ上で操作できたり、といった機能が追加されます。

 

↑クルマのロックをiPhoneから解除可能

 

↑ホテルのルームキーなどもウォレットに集約されます

 

↑天気アプリもグラフィックが刷新され、紫外線情報なども表示されるように

 

目新しい新機能や大きな変更点はないものの、様々な機能が細かく改善されている印象のiOS 15ですが、これらの新機能は2021年秋に予定されているOSアップデートにより利用可能になるとのこと。iPhoneユーザーは秋が待ち遠しくなりそうですね。

↑iOS 15へのアップデートは2021年秋の予定

 

【フォトギャラリー(画像をタップするとご覧いただけます)】

TAG
SHARE ON