家電
調理家電
2016/6/27 19:19

最低1週間かかる果実酢がたった24時間で! 「インスタ受け」も狙えるフルーツビネガーメーカーが1万円で登場!!

ツインバードは9月下旬から、フルーツビネガーメーカー EH-4686Wを発売します。希望小売価格は1万円(税抜)。

 

20160627-s1 (6)

フルーツビネガーメーカー EH-4686Wは、「太陽の恵みをいただく」をコンセプトに立ち上げられたブランド、OLALAの第二弾。通常、フルーツビネガーの製造は1~3週間はかかるところ、本機は約50℃で温めることにより、約24時間で作ることができるといいます。

 

季節のフルーツや野菜、ハーブなどを使ったレシピブックが付属。これを参照して作ったビネガーは、水や炭酸水で割ってサワードリンクになるほか、マリネやサラダなどの料理にも使えます。

20160627-s1 (10)
↑本機ではさまざまなピクルスも簡単に作れます

 

↑野菜のマリネも作れます
↑かぼちゃ、きゅうり、にんじんなどを使って野菜のマリネも作れます

 

ガラスボトルは安心の日本製(HARIO社)。使い方は、材料を容器に入れてボタンを押すだけと簡単です。また、フルーツビネガーは見た目がカラフルなため、インスタグラムをはじめ、SNSでの受けも良いとのこと。健康にいいお酢を手軽においしく摂り、SNSで食生活の充実ぶりをさりげなくアピールしたい人には、見逃せない製品ですね。

↑
↑フルーツビネガーは見た目もカラフルなので、SNSにアップするネタとしても人気だそうです

 

20160627-s1 (1)
↑レシピブックにはビネガー&果実酒20種、アレンジレシピ16種、合計36種を掲載予定

 

【SPEC】

消費電力:15W

温度設定:約50℃

ガラス容器容量:約700mℓ

サイズ/質量:約W130×H305×D130mm/約0.9kg(ガラスボトル・フタ含む)

 

【URL】

ツインバード http://www.twinbird.jp/

 

TAG
SHARE ON