家電
2021/5/24 10:05

【文房具総選挙2021】結果発表!「学生応援文房具」1位は3000円も納得の伝説的シャープペン

仕事や勉強など、作業がはかどる機能をもつ「はかどり文房具」の頂点を、ファンの厳正なる投票で決定する企画。第9回目となる今回の「文房具総選挙2021」は、2020年4月から2021年3月に発売・発表された文房具のなかから、史上最多となる8部門・99商品がノミネートしました。

 

引き続き各部門の結果を発表していきましょう。ここでは、トレンド部門「勉強がはかどる! 学生応援文房具」部門の結果をお伝えします。

【トレンド部門】「勉強がはかどる! 学生応援文房具」部門の部門賞と上位商品は?

ノートを取りやすくしたり、見やすくしたりする文房具が上位を席巻。学生だけでなく、資格試験などに向けて勉強をしている大人にもオススメです。

 

■第1位
ぺんてる「オレンズネロ 0.5」

よりタフに使える! 最強シャープペンの0.5mmモデル

同社のフラッグシップ・シャープペンの0.5mm芯タイプ。従来の0.2〜0.3mm芯タイプ以上に芯が折れにくく、集中を妨げにくい。「自動芯出し機構」を搭載し、ワンノックで芯が一本なくなるまで書き続けられる。税込3300円

 

【コレではかどる!】0.5mm芯でも書き心地は滑らか
筆記抵抗が大きくなりがちな0.5㎜芯でも滑らかに書けるよう、パイプの先端の角を丁寧に研磨。紙に当たるときのガリガリ感が抑えられ、気持ちの良い筆記感を味わえる。

↑ペン先のパイプが紙面から離れるたびに、自動で芯が繰り出される。パイプは芯の減り具合に合わせてスライドし、芯が折れるのも防ぐ

 

投票したファンのコメントは?

「価格以上にプレミアム感を感じる見た目と書き味が好きです」「全自動芯出し機構の元祖であり頂点! 0.5mmが出るのを待っていました!」などのコメントが寄せられました。

 

選考委員はこう見た!

文具ソムリエール・菅 未里さん「意外にも3000円のシャープペンが一位。高価格ながら一位を獲得したことは、価格を上回る機能が認められたということでしょう。」

文房具ライター・きだてたくさん「すでに0.2~0.3mmで“最強シャープ”の呼び声も高い『オレンズネロ』だけに、0.5mm版も期待していた人は多かったはず。第4位に入賞した商品などもあり、まだシャープペンは面白くなりそうな気がしています。」

ライター/放送作家・古川 耕さん「現行シャープペンとして屈指の完成度。歴代シャープペンの中でも上位でしょう。」

イオンリテール・大野 智さん「シャープペンシルと言えば『オレンズ』ブランド、という方も多いのでは。筆圧が強くてもこれはなかなか折れません。ストレスが減るので満足度は高いでしょう。」

 

第1位=部門賞は、中間結果の時点で1位だったオレンズネロが、そのまま逃げ切り! では2位以下も見ていきましょう。

 

■第2位
ゼブラ「サラサR」

鮮やかな新インクが、読み返しやすいノート作りをサポート!

人気のゲルインクボールペン「サラサ」に、従来モデルより27%も濃い新インクを搭載。くっきりと鮮やかに発色し、文字や線の視認性が高く読み返しやすいノートを作ることができる。税込110円(1本)、770円(7色セット)

 

【コレではかどる!】驚異的な速乾性でスレがない
新開発の染料インクは、発色だけでなく速乾性にも優れる。書いた直後に手で触れてもスレが発生しないため、うっかりミスで紙面を汚すことなく美しいノートに仕上げられる。

 

■第3位
コクヨ「キャンパス ソフトリングノート」

ページの端へもラクに書き込める、ソフトなリングを採用

ぷにっと柔らかい「ソフトリング」を搭載したキャンパスノート。リングに手が乗り上げても気にならず、集中してノートを取れる。中紙は、ページをきれいに切り取れるミシン目入り。税込286円(A5サイズ)、308円(B5サイズ)

 

【コレではかどる!】色付きリングですぐに見分けられる
5色展開で、リング部分も表紙に合わせた色になっている。教科ごとに色を決めておけば、カバンに入れた状態でもリングを見るだけで必要なノートのみを素早く取り出せる。

 

■第4位
三菱鉛筆「ユニ アルファゲル スイッチ」

用途に合わせて筆記感をスイッチング!

芯が尖り続ける「クルトガモード」と、安定感のある筆記感で速記に対応する「ホールドモード」を搭載。アルファゲル素材のグリップが指の圧力を吸収し、長時間筆記しても疲れにくい。税込1100円

 

■第5位
コクヨ「キャンパス はがせるノート型ルーズリーフ」

ノートのように持ち運んで、書いたあと剥がしてファイリング

持ち運びしやすいようにクロス製本されたルーズリーフ。メモパッド型のため凹凸のある机の上などでも安定して書けて、書き終わったら一枚ずつはがして教科ごとにファイリングできる。税込319円

 

「文房具総選挙2021」結果発表まとめ

【大賞】

「文房具総選挙2021」にノミネートされた、史上最多8部門・99商品のなかから、頂点に立ったのはどの文房具!? 全体の上位5位までを発表します。
https://getnavi.jp/stationery/604308/

 

【トレンド部門】
仕事がはかどる! テレワーク&フリーアドレス文房具部門

コロナ禍で特に需要が広がったのが、本部門のアイテム。仕事道具をまとめる収納ツールから、狭いデスクでも使える省スペースアイテムまで、快適な環境構築を助ける商品が目白押し! 12商品がノミネートしました。その第1位と上位入賞商品は?
https://getnavi.jp/stationery/604334/

 

【トレンド部門】
勉強がはかどる! 学生応援文房具部門

昨年に引き続き、ノートをきれいに取れる、使っていてモチベーションが上がるなど、学習効率を高めてくれる文房具が数多く登場。資格取得などに向けて勉強中の大人も要注目! 13商品がノミネートしました。その第1位と上位入賞商品は?

 

【トレンド部門】
デジタルと連携してはかどる! デジアナ文房具 部門

今回新たに設置された部門。もっか、スマホやPCと連携することで、機能を拡張できる文房具が増加中。本部門では、それらの商品に加え、デジタル機器の使い心地を向上させる周辺アイテムもピックアップしました。9商品がノミネート。その第1位と上位入賞商品は?
https://getnavi.jp/stationery/605241/

 

【機能部門】
書く・消す 部門

人気ブランドから待望の多色・多機能ペンや細径モデルが登場するなど、ボールペンを中心に熾烈な戦いが予想された本部門。インク色にこだわった商品も注目されました。19商品がノミネート。その第1位と上位入賞商品は?
https://getnavi.jp/stationery/605243/

 

【機能部門】
記録する 部門

白でも黒でも書けるノートや、油性ペンで書き込めるホワイトボード、半分に折りたためる手帳など、常識を覆すユニークかつ画期的なアイテムが満載。いままでにないフォーマットを採用した手帳も話題でした。11商品がノミネート。その第1位と上位入賞商品は?
https://getnavi.jp/stationery/605245/

 

【機能部門】
分類する・印をつける 部門

付箋を中心に、9アイテムがラインナップ。名前の読み方を彫った印鑑や、メモを取れるIDカードホルダー、定規やマーカーペンの代わりに使える付箋など、新発想の商品が多く選出されました。その第1位と上位入賞商品は?
https://getnavi.jp/stationery/605247/

 

【機能部門】
切る・貼る・綴じる 部門

コロナ禍で増えた荷物の梱包・解梱作業の効率アップを図るアイテムを中心に、多彩な商品が集結。携帯はさみをはじめ、コンパクトながらも使い勝手を極めた商品など、13商品がノミネートしました。その第1位と上位入賞商品は?
https://getnavi.jp/stationery/605249/

 

【機能部門】
収納する 部門

今年は省スペースで使えるだけでなく、中身の取り出しやすさにもこだわった“立つペンケース”が多数ノミネート。雑貨のような素材やデザインの収納アイテムもトレンドとなりました。13商品がノミネート。その第1位と上位入賞商品は?
https://getnavi.jp/stationery/605251/

 

【選考委員特別賞】

「文房具総選挙2021」の選考委員を務めた文房具のプロ7名が、それぞれ「これぞ受賞に値する!」と感じたはかどり文房具を1点ずつ、特別賞として選出しました。
https://getnavi.jp/stationery/605226/

 

「文房具総選挙」特集ページ