話題
2020/2/29 19:30

「超小型の即席洗濯機」から「洗えるシュラフ」までーー最近レビューしてとにかく便利だったグッズ5選

巷に溢れている便利グッズの中には、私たちの生活を豊かにするアイテムが数多くあります。そこで今回は、以前紹介して注目を集めた商品を5つチョイスしました。どのアイテムも、アイデアに溢れた逸品ばかりですよ。

 

バケツと水さえあれば洗濯機が完成! “手のひらサイズ”洗濯機「ちょこっとウォッシュ」

サンコーレアモノショップの「ちょこっとウォッシュ」は、少量の衣類を洗濯したい時に大活躍するアイテム。以前放送された「家事ヤロウ!!!」を始め、多くのメディアで取り上げられて注目を集めています。

 

付属の吸盤を本体の裏側にセットし、水を張ったバケツを用意。本体をバケツ内側の側面に貼りつけて靴下と洗剤を投入した後、USBケーブルをACアダプタに接続したらスタートです。すぐさま自動的に円盤が回転を始め、パワフルな水流を起こし始めました。

 

一方向だけの回転ではなく逆回転まで駆使するなど、小型とは思えないパワーにビックリ。説明書によれば、洗浄モードは“水流洗いモード”を約5分、“振動洗いモード”を約1分ずつ交互に繰り返す仕組みとのこと。“旅行中に服が汚れた時”や“長期出張で荷物を減らしたい時”など、活用する場面はかなり多いはずです。

 

【関連記事】
バケツと水さえあれば洗濯機が完成!? 話題の“手のひらサイズ”洗濯機「ちょこっとウォッシュ」レビュー

 

 Twitterで約6.6万「いいね」の「火の元・戸締りチェッカー」

「火の元・戸締りチェッカー」は、キッチン用品やインテリアグッズなどを販売しているコモライフの商品。Twitterユーザーが使用感をつぶやいたところ、約6.6万「いいね」を獲得した物忘れ防止に役立つアイテムです。

 

同商品を利用すれば、戸締りなどをおこなったかすぐに確認可能。使い方は“スライダー”を動かし、外出前に確認した項目を「×」から「○」へ変更するだけです。付属しているシールは「電気」「玄関」「こたつ」「ストーブ」など全部で17種類。自分で書き込める“フリー項目”のシールも用意されていました。

 

やるべきことを確認できる「火の元・戸締りチェッカー」は、うっかり屋さんにピッタリな商品かもしれません。

 

【関連記事】
家の鍵閉めたっけ? Twitterで約6.6万「いいね」の「火の元・戸締りチェッカー」、アナログすぎるが、それがいい

 

斬新な発想のマウス型カッター「Line」レビュー

はさみなどの刃物を製造・販売している「長谷川刃物」の「Line」は、ユニバーサルデザインの概念を取り入れたマウス型カッターです。切れ味や使いやすさが大好評な同商品を紹介していきましょう。

 

“回転式のカッター刃”は、力を入れた方向に刃が回転してついてくるので新聞や雑誌、コピー用紙の切り抜きをするのに便利です。試しに紙を切ってみるとスルスルと刃が通り、切れ味はバツグン。握り心地もよく、軽い力で切ることができました。力を入れた向きに刃が回転するおかげで、方向転換する際に手首をひねる必要はありません。

 

安全かつ快適に作業できる同商品を使えば、写真の切り抜きやグリーティングカード、切り絵などを作る時にも一役買いますよ。

 

【関連記事】
アートワークなどに大活躍! 斬新な発想のマウス型カッター「Line」レビュー

 

凍りつく足とサヨナラ! 暖房器具メーカーの作る「電気キッチンマット」

電気を使ったひざかけや毛布を取り扱っている「椙山紡織」。同社の「ホットキッチンマット」は、寒い季節に重宝するキッチン用のマットです。昨年12月に「ZIP!」で紹介されて話題になりました。

 

サイズ約45×90cmほどの同商品は、コンセントに接続することで表面温度がおおよそ45度にまで上昇。キッチン周りで使っても大丈夫なよう「抗菌・防カビ加工」「滑り止め加工」「防水加工」が施されています。

 

実際に使ってみると、足に優しい温もりがじんわりと伝わってきました。温度加減も丁度よく、冷え込んでいた足がいつの間にかポカポカに。キッチンまでエアコンの暖房が行き届かなくても、これなら凍えずにクッキングを楽しめるはず。

 

【関連記事】
凍りつく足とサヨナラ! 暖房器具メーカーの作る「電気キッチンマット」が秀逸だった

 

コスパ狙いの寝袋をお探しならロゴスの「丸洗いスランバーシュラフ・2」

様々なアウトドアスタイルを展開している「LOGOS」の「丸洗いスランバーシュラフ・2」は、その名の通り丸洗いできる寝袋。数あるLOGOS商品の中でも特に人気が高く、キャンパーの注目を集め続けています。

 

シュラフのサイズは約80×190cm。付属の袋に収納した状態だと27×27×38cm程度の俵型になります。主な素材には、汗などの水分をスムーズに外へ排出する「モイスチャーマネージメント」を採用。ジッパー部分にはドラフトチューブがついているため、冷気の流入をシャットアウトしてくれるそうです。

 

実際にシュラフの中へ入ってみると、予想を遥かに上回る保温性にビックリ! 生地は薄くて軽いのに、みるみるうちに体がポカポカしてきます。このシュラフがあれば、より快適なアウトドアライフを楽しめそう。

 

【関連記事】
コスパ狙いの寝袋をお探しなら有力な一品をご紹介! ロゴスの「丸洗いスランバーシュラフ・2」レビュー

TAG
SHARE ON