話題
2020/6/16 10:50

夏にぴったりのピリ辛メニューが登場! 6種類のスパイスを使用したセブンの「スパイシーチキンのジャンバラヤ」

米国南部のクレオール料理“ジャンバラヤ”。1度は聞いたことがある名前ですが、家庭で食べる機会は少ないですよね。そこで今回ピックアップしたのが、セブン-イレブンで販売されている「スパイシーチキンのジャンバラヤ」(496円/税込)。本格的な辛味が人気を博しており、ネット上からは「汗が噴き出すほどの風味がやみつきになる!」「外が暑い日にこそ食べてほしい。さらに美味しくいただけますよ」といったコメントが。それでは、セブンの本格的なジャンバラヤをレビューしていきましょう。

 

【関連記事】
スタミナ最強の絶品メニュー! 味変もできるローソンの「麺屋はなび監修 台湾まぜそば」

 

●「スパイシーチキンのジャンバラヤ」(セブン-イレブン)

まるでチキンライスのようにご飯が真っ赤に染まっている同商品。表面には大きめにカットされた“チキン”がドンッと盛られていて、想像以上にボリューミーな印象です。また“ゆで玉子”や“パセリ”といった食材も加わり、全体的にとっても華やかなカラーリング。さっそくフタを開けてみると、スパイスの独特な香りが湯気とともに鼻を抜けていきました。

 

 

いざ、メインのチキンから実食スタート。パクッと口に運んだ瞬間、刺激的な風味が一気に広がります。シャキシャキとした食感のサルサソースは、ジューシーな肉汁が残るチキンと相性バツグン。ソースに“甘み”をきかせているものの、気がつくと少しずつ額が汗ばんできますよ。

 

お水をがぶ飲みしつつ、続いて6種類のスパイスで味つけされたご飯をひと口。1粒1粒がパラパラに仕上がっているため、かなり上品な口当たりです。後からスパイスの独特な香りが鼻を抜けていき、スプーンがさらに進みました。つけ合わせのゆで玉子は、ジャンバラヤにマイルドな味わいをプラス。まろやかなテイストに変化し、最後まで飽きずに堪能できる一品です。

 

実際に同商品を購入した人からは、「ピリッとした辛味が絶妙すぎて最近ハマってます。スパイスの匂いを嗅ぐと食欲がそそられる…」「チキンとご飯の味つけが絶品! サルサソースとも見事にマッチしてるからすごく美味しい」などの声が続出中。

 

スパイシーな風味が際立つジャンバラヤを食べて、ぜひ汗を流してみてはいかがでしょうか?

 

 

【フォトギャラリー(画像をタップすると閲覧できます)

 

※価格はライター購入時のテイクアウト価格です。

 

【関連記事】
野菜不足の人に朗報! 鶏と豚の“ガラ”がクセになるセブンの「Wガラスープが自慢! 6種具材のタンメン」

TAG
SHARE ON