乗り物
クルマ
2020/1/28 18:00

KINTOはクルマの新しい乗り方の形! サブスクに一番マッチするのは「クルマ」だった

サブスクリプション(サブスク)で利用できるサービスが急速に拡大中です。高価で手が届かなかったモノも気軽に利用でき、気分次第で簡単に交換もできます。モノを“所有”することにこだわらなければ、より自由で豊かな生活が満喫できます!

 

昔からあるレンタカーや近年流行のカーシェアは、愛車を「所有」することから「使用」することへ代えるためのサービスですが、さらにまた違った形の新しいクルマの乗り方が“サブスク”です。今回はトヨタが提案する「KINTO」を紹介していきましょう。

 

費用や手間がかかり過ぎるクルマにこそ最適なサービス

クルマは人生で家の次に高価な買い物であり、購入後も様々な諸経費がかかる耐久消費財であります。そのため、近年では「もうクルマは買わない」という家庭が増えつつあり、カーシェアサービスが人気を呼んでいます。

 

その一方で、購入でもカーシェアでもなく、レンタカーとも違う新しいクルマの乗り方、「サブスク」が昨年あたりから登場してきています。購入ではないので頭金不要、任意保険やメンテナンス費用など、購入後のランニングコストも月々の定額支払いでまかなえて、好きなクルマを選んで乗れます。価格や手間を考えると、クルマはサブスクに一番適している製品に違いありません。

 

そして、カルモ、カーベル、NORELなど、早くも複数のサービスがスタートしているなか、2019年に誕生した「KINTO」はクルマサブスクの本命です。なぜなら、国内トップの自動車メーカー・トヨタが展開するサービスという安心感と、今後のサービス展開にも期待が持てるからです。

 

KINTOとは?

頭金なしで、税金や任意保険の支払い、メンテナンスなどの手続きもすべてワンパッケージ化した月々定額制サービス。納車後3年後は新しいクルマに乗り換え、もしくは契約を終了しクルマを返却するか選ぶだけです。

 

大人気のコンパクトSUV「ライズ」は月額3万9820円~

トヨタ

ライズ

月額3万9820円~

 

トヨタとダイハツが共同開発した、スポーティなデザインの最新SUV。高い着座位置で見通しがよく、ボディサイズもコンパクトで運転しやすい。新車購入価格は167万9000円~228万2200円。

 

↑左右のリアシートを倒すと、フラットで広大な荷室が出現。長い荷物の積載も容易に行えます

 

アクア

月額4万3450円~

 

プリウス

月額5万710円~

 

RAV4

月額6万3800円~

 

ノア

月額6万3250円~

 

クラウン

月額9万5700円~

 

【サブスク「KINTO」のメリット1】

アクアからクラウンまで幅広いラインナップ!頭金ナシですぐに新車に乗れる

トヨタの豊富なラインナップがベースで、サービス開始1年にして、最新モデルのコンパクトSUV「ライズ」を含む全13車種から選べるようになりました。2020年1月15日からは、レクサスブランドも含めて16車種が追加されます。ネットで契約でき、支払いは毎月の固定料金のみ。頭金を用意する必要もありません。

 

【サブスク「KINTO」のメリット2】

毎回定額を支払うだけで保険料やメンテ費用も必要ナシ

購入後もクルマには様々なランニングコストが必要となり、その金額も決して安くありません。しかし、KINTOを利用すれば、税金、任意保険代、車検費用など月々の定額料金はコミコミ。つまり、ユーザーは駐車場代やガソリン代のみ支払えばOKなのです。

 

 

【POINT】 あなどれない! 任意保険の金額

万が一のために任意保険への加入は必須。ですが運転する人の年齢によっては、年間の保険料が高額になる場合も。KINTOなら月額料金に含まれるので安心です。

全年齢補償……32万100円

25歳未満補償なし……18万7860円

35歳未満補償なし……12万1750円

トヨタ アクア G(車両保険金額215万円)で試算。試算条件●等級:6S●主な使用目的:日常・レジャー使用●記名被保険者の免許の色:ゴールド●運転者限定:なし

 

【サブスク「KINTO」のメリット3】

3年後は新しいクルマに乗り換え可能。いつでも最新のクルマに乗り続けられる

人生の各時期において、必要となるクルマの条件は違ってきます。KINTOでは、3年間の契約満了後に別の車種に乗り換えることができるので、それぞれのライフステージに合った、しかもそのときの最新モデルに乗ることができるのです。

 

 

【TOPIC】 ボルボもサブスク「SMAVO」で気軽に乗れる!

ボルボの「SMAVO(スマボ)」は、最新セダンのS60を月額定額で乗れるサービス。3年契約で3年目から乗り換え可能な「SMAVO2/3」、5年契約で4年目から乗り換え可能な「SMAVO3/5」の2プランを用意。

↑2年連続で日本カー・オブ・ザ・イヤーを獲得したボルボ。最新モデルのS60も好評です

 

月額6万7100円(SMAVO 3/5の場合)

 

文/フォッケウルフ、安藤修也、上岡 篤

 

【フォトギャラリー(画像をタップすると閲覧できます)】

TAG
SHARE ON