乗り物
2016/10/17 7:49

【短評】従来型とは似て非なる実力! トヨタ86の進化を体感!

2012年の発売以来、世界中のファンから愛されるトヨタの86が、大幅に改良されて8月に発売されました。外装に大きな変更はないものの、スポーツカーの本質である「走り」はさらに進化。ファンをますます増やしていきそうな同車の魅力を見ていきましょう!

 

注目すべきは格段に熟成されたシャシー回り

20160928_ble02_01

発売以来、ユーザーの年齢層が年々若返っているというハチロクの走りに磨きがかかりました。MT版についてはエンジンのトルク特性が向上。ボディはリア中心で剛性を高め、足回りもリセッティング。一見大きく変わったように思えない外装も空力が改良されて操縦性の進化に貢献しています。

 

実際、走らせてみると従来型との違いは明らかです。よくも悪くもFR車らしさの演出が直接的だった従来型に対し、新型は挙動変化の過程が格段にナチュラル。積極的に操る際の面白さはそのままに、扱いやすさが高められました。また、ステアリングのフィードバックも従来型より上質に。このあたりも、オトナの乗り物でもあるクーペとしては大きな進化といえます。

 

内装も質感と機能をブラッシュアップ

20160928_ble02_04

20160928_ble02_03

メーターには新たにTFTのマルチディスプレイを搭載。ステアリングはトヨタ車で最小径の362㎜となりグリップ形状も最適化。内装トリムも質感が向上しています。

 

トルク特性を改良しより扱いやすく

20160928_ble02_05

MT仕様のエンジンは、吸・排気系の見直しで低速域からのトルクが向上。さらに従来より幅広い回転域で最大トルクを発生する扱いやすい特性になりました。

 

20160928_ble02_06

トヨタ

86

262万3320~325万800円

【SPEC(GT“リミテッド”[6MT])】

●全長×全幅×全高:4240×1775×1320㎜●車両重量:1240㎏●総排気量:1998㏄●エンジン形式:水平対向4気筒DOHC●最高出力:207PS/7000rpm●最大トルク:21.6㎏-m/6400~6800rpm●JC08モード燃費:11.8㎞/ℓ

TAG
SHARE ON