AV
ヘッドホン
2020/7/30 17:30

音楽制作現場の音が手軽に聴ける! ビクタースタジオ監修のモニターヘッドホン「HA‐MX100V」

音質的な装飾が少なく、より制作現場の意図に近いサウンドが手軽に楽しめると人気のモニターヘッドホンに、新たな定番となりそうなモデルが登場します。

 

JVCケンウッドは、ビクターブランドより、スタジオモニターヘッドホン「HA‐MX100V」を7月下旬より発売します。実売予想価格は2万3000円前後(税抜)。

↑「HA‐MX100V」。ビクターブランドの象徴である「犬のマーク」が刻印されています

 

同社が2016年に発売したモニターヘッドホン「HA-MX100-Z」は、原音再生能力と高い耐久性を両立したプロユースのヘッドホンとして、ビクタースタジオをはじめ多くの音楽制作現場で使用されています。そのHA-MX100-Zで培ったモニターヘッドホンの音響技術を継承し、「ビクタースタジオのモニタースピーカーで聴く現場の音をヘッドホンで再現する」というコンセプトで生まれたのが、今回の「HA‐MX100V」です。

 

そのサウンドは、ビクタースタジオエンジニアによる音質チューニングが施されています。ハイレゾ対応のモニタードライバーユニットは、スタジオでのモニタリングに必要とされる高い分解能を持ち、楽器やボーカルの質感などを豊かに表現します。また、モニタードライバーユニットの性能を最大限に発揮させるために、振動板前面に独自技術のサウンドディフューザーを搭載。伸びやかで解像感の高い高域再生と、音場の自然な広がりを実現しています。

↑ヘッドバンドにはビクタースタジオの刻印

 

振動板の前室側と後室側の両方の背圧は最適化され、振動板を入力信号により忠実に動かすことで低音再生力を強化。歪みが少なく自然で繊細な音場表現が可能です。

 

スタジオでのハードな使用に対応する高耐入力、高耐久性を実現しているほか、セパレーションを向上させるL/R独立グランドプラグ&ケーブルも採用。ポータブル環境での使用に便利な3.5mmプラグに加え、ネジ式6.3mm変換アダプタも付属しているので、機器に応じて使いわけることができます。

↑L/Rが色分けされているので見分けやすくなっています

 

音楽レーベルやスタジオを持つビクターならではのハイクオリティなモニターサウンドは、実際に音楽制作を行うプロの現場だけでなく、原音に忠実であることを好むオーディオファンにも人気となりそうです。

【フォトギャラリー(画像をタップするとご覧いただけます)】

 

【この記事を読んだ方はこちらもオススメ】

はやりのモニター系オーディオとは? ビクターの新型モニターヘッドホン「HA-MX100-Z」を聴く

アニソン好きならこれで聴け! 「アニソンを最高に楽しむためのヘッドホン」をプロがセレクト

TAG
SHARE ON