カメラ

タムロンが高画質と機動性を追求した超望遠ズームレンズ「100-400mm F/4.5-6.3 Di VC USD」を開発!

タムロンは、35mm判フルサイズデジタル一眼レフカメラに対応した本格派の超望遠ズームレンズ「100-400mm F/4.5-6.3 Di VC USD(Model A035)」を開発発表した。マウントはニコン用とキヤノン用の2モデルを用意している。

iPhone 8/iPhone Xでも使える! iPhoneで本格撮影ができるmidge「Pictar One iPhone Camera Grip」に大満足

スマホで写真を撮る機会は増える一方ですが、スリムなスマホは撮影の操作が行いにくいことも。話題のサポートグッズを元「デジキャパ!」編集部員がチェック。

Xシリーズ初の“等倍マクロ”に対応! フジノンレンズに80mm F2.8の中望遠マクロレンズが新登場

35mm判換算で122mm相当をカバーする開放F値2.8の中望遠マクロレンズ。Xシリーズ用交換レンズで初めて等倍撮影に対応し、テレコンバーターも装着できる。

スマホにも対応! ベルボンとコールマンのコラボ一脚「ベルボン CVUP-300」が発売

ベルボンとコールマンのコラボレーション一脚。軽くて扱いやすいエントリーモデルで、スマートフォンも装着できる。

600mmの超望遠モデルが高速AF&連写を手に入れた! ソニー「サイバーショット RX10 IV」デビュー

有効約2010万画素の1.0型CMOSセンサー、35mm判換算で24〜600mmをカバーするF2.4〜4.0の光学25倍ズームレンズを搭載した高倍率コンパクトデジタルカメラ。0.03秒の高速AF、AF/AE追従で24コマ/秒の高速連写が可能。

最新ミラーレスと割安な旧モデル、トータルではどっちが“買い”? キヤノン「EOS M6」と「EOS M3」のコスパを比べてみた

EOS M6と旧モデルとなるEOS M3の画質や連写性能、価格などを比較し、その進化点や実力の程を吉森信哉カメラマンや永山昌克カメラマンの意見を交えつつチェックしてみた。後編となる今回は、連写性能や価格を中心にチェックした。

【レビュー】広角側最強の高倍率ズームレンズはコレだ! “2mm”の差が生むタムロン「16-300mm」の描写力

数ある一眼カメラ用交換レンズのなかでも、1本持っておくと便利なのが広角から望遠までを1本でカバーできる高倍率ズームレンズだ。特にAPS-Cサイズ用で300mm程度までカバーする製品は、比較的コンパクトで超望遠域(450mm相当前後)までカバーできるとあって人気が高く、レンズメーカー製のほか純正レンズも数多い。

刻々と変化する様が感動的! 写真をつなぎ合わせる 「タイムラプス動画」を専用機能ナシで撮る方法

時間が短縮され、早送りの状態で撮れる「タイムラプス動画」は、変化が次々と訪れるので見ていて飽きない。最近はタイムラプス機能付きのカメラも増え、こうした動画の撮影も容易になってきた。とはいえ、現行機種の一部や少し前のモデルでは、タイムラプス機能を搭載していないモデルも多い。そこでここでは、そうした機種でのタイムラプス動画の撮り方や作り方を紹介しよう。

高画質と携帯性を両立させた小型軽量ミラーレスカメラ「富士フイルム X-E3」に高まる期待!

ファインダー付きのXシリーズで最小・最軽量*のミラーレス一眼カメラ。フラッグシップモデルと同じ有効2430万画素のローパスフィルターレスAPS-CサイズCMOSセンサー、画像処理エンジンを搭載し、携帯性と高画質を両立させている。スナップ撮影におすすめのカメラだ。

初心者でもクリエイティブな撮影が楽しめる! ミラーレス一眼カメラ「オリンパス OM-D E-M10 Mark III」デビュー

マイクロフォーサーズ規格に準拠したミラーレス一眼カメラ。オリンパスOM-Dシリーズのエントリーモデルで、2015年に発売された「OM-D E-M10 Mark II」の後継となる。最新の画像処理エンジン「TruePic VIII」、有効1605万画素のLive MOSセンサーを搭載。4つのカメラアシスト撮影モードを採用し、初心者でもクリエイティブな作品撮影が楽しめる。

超小型なのに1型センサー&ツァイスレンズを搭載! ソニー「Cyber-shot RX0」はいったい何者!?

有効約1530万画素の1.0型CMOSセンサー、35mm判換算で24mmのZEISS Tessar(テッサー)T*レンズを搭載した超小型コンパクトデジタルカメラ。防水性能や落下耐性、耐荷重という堅牢性を小型軽量ボディで実現した。多彩な静止画・動画撮影機能に対応し、複数台を組み合わせてさまざまな方向から被写体を撮影する「多視点撮影」も可能。

キヤノン謹製ミラーレス「EOS M6」は本当に“買い”なのか? 旧モデル「EOS M3」と徹底比較してみた

キヤノンのミラーレス一眼の現行モデルは、EVFを内蔵したEOS M5と小型でEVFを外付けにしたEOS M6、エントリーモデルのEOS M100、EOS M10の4機種がラインナップされている。このうち、中核モデルとなるのがEOS M6で初級ユーザーから中級ユーザーに人気のモデルとなっている。そこで...

360度カメラ・リコー「THETA」のできることがめっちゃ増えてる! 新作「V」のできることまとめ

リコーは、360度全天球で撮影できるTHETAシリーズの最新モデル「THETA V」を発表しました。THETA Vは既存モデルのTHETA Sとほぼ同じ小型サイズながら4K動画(3840×1920/30fps)の動画撮影が可能で、最大5分もしくは25分までの撮影ができます。また、4K/30fpsでの360度ライブストリーミング出力にも対応しています。

動画でも写真でもない! 知ればハマる「タイムラプス動画」のススメ【いまさら聞けない】

時間が短縮され、早送りの状態で撮れる「タイムラプス動画」は、変化が次々と訪れるので見ていて飽きない。最近はタイムラプス機能付きのカメラも増え、こうした動画の撮影も容易になってきた。そこでここでは、タイムラプス動画の撮り方や作り方を紹介する。[caption id="attachment_173396...

高性能かつオシャレ! 着せ替えジャケットでドレスアップできるミラーレス一眼カメラ「キヤノン EOS M100」登場!

キヤノンより、有効約2420万画素のAPS-CサイズCMOSセンサーを搭載したミラーレスデジタル一眼カメラのエントリーモデル「EOS M100」が登場。別売りの専用フェイスジャケットで外観をドレスアップできる。2015年10月に発売された「EOS M10」の後継機種で、最新の映像エンジンやAFシステムを採用して機能も大幅に進化した。

...

人気の動画ニュースVideo News

20170923-a01 (6)

懐かしの「スターロード」を実況プレイ! 「スーパーマリオワールド」をノーミスでクリアせよ【ゲーム芸人フジタの挑戦】

20170922_y-koba6_ic2_R

【開封動画】GetNavi11号別冊付録「オリジナル万年筆」開封の儀――コレが1冊に1本付いてきます!

20170920_y-koba3 (1)

【動画】「特捜戦隊デカレンジャー」のハイテク警察手帳キターッ! 大人向け仕様で復活した“SPライセンス”を遊び倒す

VIEW ALL

furugura

インフォメーションInformation

VIEW ALL

furugura
ホンモノケイカク
GetNavi
camera