ファッション
2021/3/31 19:10

ニューバランス、アルペン、渋谷未来デザインが共同で発足した「ワークティブプロジェクト」発表会

ニューバランス ジャパンは、アルペン、渋谷未来デザインと共同で、『「働く」をもっとアクティブに。』をテーマに産官連携の新プロジェクト「ワークティブプロジェクト」を3月29日に発足しました。発表会当日にはお笑いコンビのシソンヌも登場! その模様をファッション担当編集部員・野田がお届けします。

 

仕事のパフォーマンスを向上! 「ワークティブプロジェクト」が発足

GetNavi webでは、2月10日から発売された「THE CITY」コレクションを追っかけてきましたが、改めてここでおさらいします。THE CITY コレクションは、ニューバランスとアルペンが様々なシーンにFITする働く大人のデイリーウェアとして、スポーツデポ・アルペン独占販売しているアイテム。昨今、リモートワーク、在宅勤務など様々な働き方が推奨されるなど、労働環境が多様化しています。このような様々な働くシーンにおいて、自分らしくもっとアクティブに働けるよう、運動習慣を取り入れ仕事のパフォーマンスを向上させる「ワークティブ」という新たな働き方を2021年はTHE CITYコレクションで提案。

↑「THE CITY」コレクションのラインナップは、ジャケットやシルエットを選べる4種類のパンツ、ポロシャツなど

 

今回の発表会で語られたのは、(スタートアップ、ベンチャー企業含めて)渋谷に集まる多様性に満ちた個性と共に都市の課題と可能性を考え、プロジェクトを生み出している渋谷未来デザインと手を組み、ワークティブな働き方を推進するとのこと。

 

まず登壇したのは、ニューバランス ジャパンの前川貴宏さん。「働き方が多様化する中、ニューバランスジャパンでも昨年3月より在宅勤務を取り入れ現在でもほとんどの社員が自宅での勤務を続けています。アスレチックブランドとして、日々の働く時間にも運動を取り入れることで、心身の健康と仕事のパフォーマンス向上にもつながると考え、今回在宅勤務者、出社勤務者に対し、ワークティブの効果検証を2週間実証実験を行いました。その結果、適度の運動が仕事の効率の向上、睡眠の質やメンタル、健康状態に関しても良い結果が得られました。

 

これからの新しい時代に働く人々に向けて、運動を取り入れた新しい働き方の提案と、仕事のシーンで使える、快適で動きやすいプロダクトの提案を行い、働く人々の健康推進に寄与していきたいと考えています」(前川さん)

↑ニューバランス ジャパン 営業本部営業企画部 オムニチャンネル マーケティング課 アシスタントマネージャー前川貴宏(まえかわ たかひろ)さん

 

続いて、アルペンの齋藤胤人さん。「昨今、ライフスタイルが多様化し、スポーツの捉え方も大きく変わってきました。自転車通勤、自宅でのヨガやフィットネス、近所への散歩もスポーツとして捉えられ、スポーツが日常生活の一部に溶け込んできております。また、新型コロナウイルスの感染拡大によって外出や活動が制限される中で、多くの方が日常生活の中で身体を動かすことの必要性・重要性を改めて感じられていると思います。

 

アルペンは、『スポーツをもっと身近に』というコーポレートスローガンを掲げております。 ワークティブという働き方は、社会の大きな変化に対応する新しい考え方であり、弊社が目指す理念とも一致しております。2月から弊社で限定発売しているTHE CITY コレクションは既に大きな反響を頂いており、私たちもワークティブが今まさに広がりつつあることを感じております。スポーツ小売店として、今後も働く大人を応援し続けてまいります」(齋藤さん)

↑アルペンスポーツマーケティング部 プランニンググループ マネージャー齋藤胤人(さいとう つぐと)さん

 

そして、一般社団法人渋谷未来デザインの長田新子さん。「渋谷未来デザインは、渋谷区が掲げる『ちがいをちからに変える街。』という未来像を実現するために、渋谷に集まる多様性に満ちた個性と共に都市の課題に向き合い、さらなる可能性をパートナーの皆さんと共にオープンイノベーションでカタチにすることを行なっています。

 

コロナ禍において、人々の働き方は劇的に変化しましたが、自分自身も含めて身体面や精神面のバランスが崩れてきている現状もあります。だからこそ今まさに、“思わず身体を動かしたくなる街”を目指すこの渋谷区から、働くをもっとアクティブにする取り組み『ワークティブプロジェクト』を通じて、スタートアップやベンチャー企業含めて日々ビジネスにチャレンジする方々にパフォーマンスを発揮していただける環境を継続的に推進し、自分らしく働いてほしいという想いから、このプロジェクトに参画しました」(長田さん)

↑一般社団法人渋谷未来デザイン 理事 長田新子(おさだ しんこ)さん

 

シソンヌも絶賛の「THE CITY」コレクション

最後に登壇したのは、お笑いコンビのシソンヌの二人。長谷川 忍さんは昨年の発表会でも登場しましたが、相方のじろうさんは今回がはじめて。シソンヌは日本テレビ系バラエティー番組『有吉の壁』に出演しています。長谷川さんは同番組でも愛用していて、「これをカバンの中に入れておくと何者にでもなれる。走って人を追いかける役をやらされた時は、このウェアだと走りやすい。山の森の回では、上下このTHE CITYのウェアに、スニーカーもニューバランスだった。非常にコント向きのスーツ」と明かしました。

↑左からシソンヌのじろうさん、長谷川 忍さん。二人ともTHE CITYのスーツ姿がビシッとキマっております

 

じろうさんは「ネタ作りは座りでの作業が多いんですが、ストレスなく仕事ができました。それと腰が悪いんですけど、ストレッチしても気にならなかった」と着心地を語り、腕をダイナミックに上げたりストレッチをしたりと、アクティブな動きを披露してスーツの伸縮性をアピールしていました。

 

さらに長谷川さんは、「軽い着心地、伸縮性があり、軽くランニングをしても響かない。自宅の最寄り駅から、ひとつ前やふたつ前の駅で降りて、歩いて自宅まで帰ってみるのも良いかもしれませんね。汗をかいてしまっても洗濯できて、すぐに乾く。非常に利便性が高いウェアですよね」と、今回のワークティブに合った使い道も語ってくれました。

↑こんなに伸縮性があり、ストレスフリーというばかりにストレッチをしてくれて、笑いを誘っていました

 

また、THE CITY コレクションには今シーズンからバッグも登場。コーデュラ素材を使用したバックパックとトートバッグで、収納力と機能性も兼ね備えたアイテム。ビジネスシーンはもちろん、プライベートでもとシーンを選ばずに使えるので、おすすめです!

↑「THE CITY デイパック」1万890円(税込)。サイズ:W30×H48×D11cm/容量:22L

 

↑「THE CITY トートバッグ」1万890円(税込)。サイズ:W36×H33×D18cm/容量:20L

 

仕事の合間や終了後に適度な運動を取り入れることで、身体の凝りや固まりがほぐれて日々の仕事のパフォーマンスは向上します。その適度な運動の時にも、THE CITY コレクションは適していますね。筆者も取材で何度かTHE CITYを着用していますが、本当に動きやすく快適でストレスフリーなウェアです。働き方は多様化していますが、今回新たに発足された「ワークティブプロジェクト」の現代ビジネスへの広がりに期待大!

 

撮影/中田 悟

 

 

【フォトギャラリー(画像をタップすると拡大画像が表示されます)】