話題
2020/11/3 11:00

映画「ゆるキャン△」で使われたマグカップも登場! 日常生活でも活躍するアウトドアグッズ5選

世間では“家キャン”という言葉も浸透してきている昨今。便利なアウトドアグッズを揃えておけば、普段からキャンプ気分に浸れるかもしれません。今回は以前レビューしたアイテムの中から、特に注目を集めた便利グッズを5つピックアップしてみました。

 

■実写版「ゆるキャン△」で使われた「チタンシングルマグ 450」

まずはテレビドラマ「ゆるキャン△」において、志摩リン(福原 遥)が同シリーズを使用して話題になった「チタンシングルマグ 450」(2280円/税別)からご紹介しましょう。アパレルブランド・スノーピークから販売されており、サイズは86.2(直径)×91.5mm(高さ)ほどです。

 

450mlとかなりの量まで飲みものを入れられますが、持ってみるとビックリ。全然重くありません…。それもそのはずで、カップの素材は非常に軽量な“チタニウム”。軽いだけでなく熱が直接伝わりづらい親切設計や、折りたたみ式の持ち手など様々な面に配慮されています。

 

実際にカップでホットドリンクを飲んだところ、舌を火傷するレベルの熱さは感じませんでした。購入した人からも「注げる量が多いため、長時間作業する際のお供にうってつけ」「カップのフチは熱くないから、唇が火傷しにくくて助かります!」と絶賛の声が続出。淹れたてホヤホヤの熱々ドリンクが飲めるので、寒さが本格的になるこれからの季節にピッタリですよ。

 

【関連記事】
志摩リン(福原 遥)とお揃い気分! 実写版「ゆるキャン△」で使われた「チタンシングルマグ 450」レビュー

 

■しずく型のフォルムが個性的な「ドロップボトル 500ml」

続いては個性的すぎるデザインが注目を集めた「ドロップボトル 500ml」(2200円/税別)。ビッテから販売されている同商品は、なんといっても“しずく”のようなコロンとしたフォルムが特徴的です。

 

ボトル本体は「Traitan」という壊れにくいプラスチックでできており、伸縮性が高いカバーつき。持ってみたところなめらかな手触りでありつつも、グリップ力が高く滑りにくいカバーでした。さらにカバーの内側はタオル地で、ボトルの外側に水滴がついても吸収してくれます。

 

ボトルの方はというと、大きい飲み口で氷の出し入れがしやすい形状に。写真映えする見た目なのでカバーを装着せず、コップ代わりに使ってもインパクト大です。愛用者からは「不思議な形だけど持ちやすくて飲みやすい!」「家でも外でも毎日使ってます」と大好評な同商品を、ぜひチェックしてみてくださいね。

 

【関連記事】
コップ代わりに使ってもおしゃれ! 個性的なデザインの「ドロップボトル 500ml」レビュー

 

■たった数秒で折りたためる「Bamboo パタパタまな板mini」

持ち運びに最適な「Bamboo パタパタまな板mini」(1800円/税別)は、主にアウトドア商品を取り扱う「LOGOS」の製品。6枚の細い板が繋がっており、家での保管時も場所を取りません。

 

折りたたむとほんの数秒で、およそ20(横)×14(縦)×3.7cm(高さ)ほどのサイズに変形。まな板を広げた状態では、約33(横)×20cm(縦)もの大きさに展開できます。試しに野菜をカットしてみたところ、切った野菜を端に置いても不自由しない広さでした。

 

スリムなので隙間にも収納できますが、付属の収納袋を使えばフックに引っ掛けることも可能です。キッチン周りがごちゃつきやすい人は、省スペースで収納できる同商品を試してみてください。

 

【関連記事】
ほんの数秒でコンパクトに変身!? 食材が滑りづらい「Bamboo パタパタまな板mini」レビュー

 

■コンパクト&大容量を両立したジョウロ「スクイッシュ ウォータリングカン 6L」

輸入雑貨を販売する企業「スペースジョイ」のオリジナルブランド「GENIAL」。同ブランドの「スクイッシュ ウォータリングカン 6L」(2420円/税込)は、「楽天」のジョウロ部門・ウィークリーランキングで1位に輝いたガーデニンググッズです。

 

パッケージから取り出した状態はおよそ325(幅)×85(奥行)×355mm(高さ)ほどですが、ノズルは折りたたみ式になっているため展開が可能。変形させると約490(幅)×150(奥行)×310mm(高さ)の大きさにボリュームアップしました。

 

他のジョウロと一線を画しているのは、水を入れれば膨らむ“柔らかいポリタンク”です。最大6Lの水を溜めることができる上に、どの角度でも無理なく水やりが可能なL字型の持ち手も便利なポイント。使用している人からも好評で、ネット上には「高めの位置に置いた鉢植えにも無理なく水やりができました」「水がなくなれば自然と元の薄さになるからとても楽チン」といった声が寄せられています。

 

【関連記事】
タンクが膨らむ! 大容量のジョウロでガーデニングが捗る「スクイッシュ ウォータリングカン 6L」レビュー

 

■最後の1滴までおいしく味わえる「ティープレス ハーブ」

トイ・ホビー商品などを取り扱う「あおぞら」にはキッチン周りで役立つアイデアグッズがラインナップ。中でも「ティープレス ハーブ」(680円/税別)は「ニトリ」の公式Twitterで紹介された際、3000件以上の“いいね”を獲得した人気商品です。

 

多くの人から注目を集めた同商品は、ティーポットなしでお茶を淹れられるのが特徴。本体に金属製のネットがついており、大きさは4.1(幅)×17.7(高さ)×2.5cm(厚み)ほどです。ティーカップとマグカップのどちらに使用しても違和感がありません。

 

ネットの部分を開けて1杯分の茶葉をセットし、お湯を入れたカップに浸すとティーバッグと同じ要領でお茶が抽出されます。柄の端は押し込むことで茶葉を絞れるようになっており、最後の1滴まで味の滲み出たお茶に仕上がりますよ。忙しい日のティータイムに「ティープレス ハーブ」を活用してみてはいかがでしょうか?

 

【関連記事】
最後の1滴まで絞っておいしいお茶に! ティーバッグ感覚で使える「ティープレス ハーブ」レビュー

TAG
SHARE ON