雑貨・日用品
2019/7/9 21:00

気になる隙間汚れを一網打尽! 機能満載の「パッキン外せる! キッチンブラシ」

身の回りの生活用品から食品まで、何から何まで取り揃えている100円ショップ。しかし商品が豊富にありすぎるあまり、見落としているモノも多いかも。本稿では、値段以上の働きをしてくれる便利なグッズをレビューして大紹介していきます!

 

【関連記事】
油やソースがにじまない! オシャレな雰囲気もプラスできる「バーガー袋(カフェフラワーディア)」

 

●「パッキン外せる! キッチンブラシ」(ダイソー)

水筒や弁当箱を洗う時、隙間に詰まった汚れを落とすのって苦労しますよね。ネット上では、「蓋の溝が汚いけどスポンジではうまく洗えない…」「黒カビを落とすために、毎回パッキンを外すのが大変」といった声が上がっています。そこで今回は、ダイソーにて「パッキン外せる! キッチンブラシ」を購入。弁当箱や水筒、哺乳瓶などに対応したキッチンブラシです。

 

 

歯ブラシに似た見た目の同商品。実は「ブラシ、ピンセット、ピック」が1つになっており、用途に合わせてそれぞれのパーツを使い分けられます。それではパーツごとに使い方を確認していきましょう。ブラシの毛先は縦一列に並んでおり、ちょうど“モヒカン”のような形状です。毛の硬さもしっかりしているので、弁当箱の溝を洗う時にはうってつけ。

 

 

先が二股に分かれた柄の部分は、ピンセットとして使えます。両先に細かいデコボコがついているため、つかんだものをガッチリとホールド。持ち手に滑り止めがあるので、パッキンなどを引っ張り出す時に便利です。さらにピンセットはブラシから取り外せるのもポイント。ピンセットの柄が短くなり、手の小さい子どもでも扱いやすくなりますよ。

 

 

またピンセットを取り外すと、ブラシの逆サイドがピックになっていることに気づきます。ピックは水筒や弁当箱についているパッキンを外す時に大活躍。パッキンの隙間に差し込んで、ピックの先端で持ち上げるように力を入れると簡単に取り外せました。パッキンの場所によって、ピンセットとピックを使い分けるといいかもしれません。

 

 

実際に同商品を使っている人からは、「ブラシの毛先が細いから、狭い場所の汚れもキレイに落とせる。硬めの歯ブラシみたいで使いやすい」「今までは爪の先でパッキンを外してたけど、ピンセットがついてるから簡単に取り外せるようになった!」「汚れが溜まりやすいパッキンを洗うのがラクチンに。時短にも繋がって一石二鳥です」「ピックを使えば“てこの原理”でサクッと水筒のパッキンが外せますよ」と大好評。

 

「ブラシ・ピンセット・ピック」と機能てんこ盛りのキッチンブラシで、気になる隙間汚れを一網打尽にしてみては?

 

【ギャラリー】

 

 

【関連記事】
泡立ち抜群なスポンジが大好評! 様々なボトルに対応するダイソーの「ペットボトル洗いスポンジ」

TAG
SHARE ON