いつものスマホが別次元の音に! プロが聴いて選んだ1万円以内で買える高音質イヤホン

スマートフォンやポータブル音楽プレーヤーに付属しているイヤホンを使っているものの、もう少しいい音で聴きたいな……と考えている人も多いでしょう。はじめてイヤホンを選ぶなら、5000円~1万円クラスのモデルをチョイスすると、音質の違いがわかりやすく感じられるので、ファーストステップにオススメです。今回は...

10年の時を経てあの「ロデオボーイ」が進化! 自宅で簡単“またがるだけ”ロデオエクササイズの最新版

THRIVEの「ロデオボーイ」は、室内にいながらまるで乗馬のようなエクササイズを体験できる乗馬型フィットネス機器。2005年に初代が発売されて以来、シリーズ累計83万台を売り上げる人気商品で、今回発売された「ロデオボーイ FD-017」は、10年間の開発期間を経て生まれ変わった新モデルになります。

まさかのスマホ電池切れを回避! 緊急用バッテリーを内蔵したLightningケーブル「Tsuchino-cord」

ティ・アール・エイは、cheeroブランドよりモバイルバッテリー搭載のLightningケーブル「cheero Tsuchino-cord 450mAh」を8月18日より販売開始しました。価格は2980円ですが、Amazon・楽天・Yahoo! 直販では初回数量限定で特別価格で販売されます。   本製品は、iOS用のLightningケーブルに、450mAhの充電用バッテリーを搭載した2 in 1ケーブル。充電/データ転送用のLightningケーブルとして使えるほか、外出時などにiPhoneやiPadのバッテリーが切れてしまいそうになったときには、緊急用のモバイルバッテリーとして使うことも可能です。モバイルバッテリーとして使用する場合は最大5V/1Aの出力となりますが、USBコンセントなどを使ってデバイスを充電する場合は最大5V/2.4Aでの急速充電も可能。電源接続時は、デバイスの充電をしながら、ケーブルに内蔵するバッテリーの充電を同時に行えます。   内蔵バッテリーの残容量に応じてLEDインジケータのカラーが変化するので、簡単に残量確認ができます。一般的なモバイルバッテリーよりもコンパクトで軽量なので、カバンの中に入れても邪魔にならず、手軽に持ち運ぶことができる点もポイント。いざというときには緊急用電源として使えるので、外出時や旅行先などではカバンの中に常備しておきたいですね。   発売を記念して、各ECサイトでは初回数量限定で、特別価格で販売中(Amazon.co.jpのみ1580円【初回500個限定】、楽天、Yahoo!は1680円【各初回100個限定】)。欲しい方は、いますぐECサイトをチェックしてみて下さい。

1万円以下でこの性能! はじめてのドライブレコーダーはオウルテック「OWL-DR04」がベストバイ![PR]

先日、東名高速道を走る大型バスに対向車線から乗用車が飛び込んでくるという衝撃の映像が公開された。記憶している方も多いと思う。交通事故のニュースは大半が事故現場を伝えるものだが、この映像は事故の瞬間を動画で捉えており、その映像が伝えるインパクトは極めて強かった。この映像を撮影したのは乗客でもない、運転手でもない。他ならぬ、バスの車内に設置されていたドライブレコーダーによるものだった。   交通事故はいつ、どこで、どんな時に遭遇するかは誰も予測はできない。しかも交通事故は民事が絡むため、その原因を巡って対立することも少なくない。そんな状況を動画映像で記録し、“動かぬ証拠”としてその状況を残せるのがドライブレコーダーなのだ。そのため、バスやタクシーなどのプロの現場ではもちろん、最近はマイカーのニーズも急増している。今回の東名高速道で発生した事故の一件は、その装着を後押しする要因となったのは間違いない。   そんななかで、今回紹介するドライブレコーダーがオウルテックの「OWL-DR04」。リーズナブルな価格を実現しながら、鮮明な記録を可能とした同社の最新モデルだ。ドラレコで最も重視すべきは万一のシーンを鮮明に記録することに尽きる。当たり前のことだが、実は意外にもその部分がないがしろにされているドラレコも少なくない。オウルテックの「OWL-DR04」は、その鮮明記録に力点を置いた機種として注目の一台なのだ。     フルHDの鮮明な映像を記録 本機でまず注目すべきは、撮像素子の画素数とレンズの画角だ。撮像素子のスペックを見ると1/3インチ310万画素CMOSセンサーで、フルHD(1920×1080ドット)画質の映像を記録できる。レンズの画角は156度(対角)。さっそく、実機を使用して撮影した映像から抜き出した画像をご覧頂こう。   曇天時の夕刻というさほど明るくない時刻でも、沿道の看板やスタンドの電子表示のほか、情報を細部まで鮮明に映し出しているのがおわかり頂けるだろう。信号機の光が消えて撮影される問題も、信号機の点滅周波数対策を行っているので、光の色をしっかり確認できる。これだけ鮮明に記録できれば、日常の運転時の記録としては十分といえる。   1/3インチ310万画素CMOSセンサーというスペックは一見すると平凡なように見えるが、これこそがドラレコとして本機ならではのポリシーを感じ取れる部分でもあるのだ。実は単純に撮像素子の高画素化は、単純に高画質とは結びつかない。なぜなら、高画素が進むと画素当たりのサイズが小さくなり、それは光学特性が低くなることを意味する。ノイズも増え、特に夜間などの悪条件下ではマイナス要素につながるわけだ。そこで、本機ではあえて撮像素子の画素数をフルHDレベルに抑え、一方で撮像素子のサイズをドラレコとしては異例の大型サイズとした。つまり、これによって光学特性の向上を狙ったものと推察できる。   それとレンズの画角。対角で156度というのはそれほど広くはない。ただ、レンズは広角にすればするほど映る範囲は広くなる一方で、周辺部の歪みが多くなり、同時に遠景は小さくしか映らなくなるという相反する現象も生じさせてしまう。本機はフロントウインドウを十分にカバーできる画角を持ちつつ、それでいて周辺部の歪みが少ない。鮮明に映像を捉えるという意味でその能力は極めて高いといえるだろう。   鮮明な映像を得るために重要な機能として「HDR」も搭載された。これは「ハイダイナミックレンジ合成」の略で、電子的にレンジ幅を広げることができる。これによって、輝度差が大きいときに黒つぶれや白つぶれを抑え、これにより逆光や夜間での撮影時に効果を発揮するメリットがある。本機でこれらを試してみると、夜間走行時に灯りのついた看板で若干白飛びが見られたものの、太陽光を正面に受けての撮影でも被写体が少しアンダーになる程度で鮮明さは失われていない。     【動画はコチラ】     こうしてみると、やはりセンサーが大きいメリットは十分活かされているようだ。画素数が抑えられたことで、データサイズの膨張も進むこともなく、付属の8GB・マイクロSDカードでも十分な録画時間が確保できている。参考までに付属のマイクロSDカードはメモリー界で信頼性が高いSanDisk製。このクラスのドラレコの多くがノンブランドのメモリーを多く使っているなかでメーカーとしての良心を感じ取れる部分でもある。   プライバシーに配慮した録音機能が便利 そして、本機で見逃せない機能がある。それが「プライバシーオート録音機能」だ。ほとんどのドラレコでは、音声への対応としてオン/オフのいずれかを選ぶ仕様となっている。オンにしておけば、万一の時の音声も記録できるが、同時に車内での音声も記録されっぱなしにもなる。これだと車内で会話するのもはばかれる。   本機に搭載した「プライバシーオート録音機能」は、通常記録中は音声録音を行わず、衝撃を検知したときにのみ音声録音を行うというもの。衝撃を検知した時点から録音が始まり、1ファイル録画完了まで録音。次のファイルでは再び音声録音が行われることはないから、これなら安心して車内で会話ができるってわけだ。なお、この機能は録画モードメニューの「音声録音」を選択し、ここで「オート」を選ぶことで有効となる。もちろん、常に録音するオンや録音しないオフも選択可能だ。   今回はこの機能を確かめるために、周囲の安全を確かめた上で急停車させてみた。通常聞く音量レベルでラジオを再生しておき、急停車。ここでモニター上のアイコンに鍵マークがついて退避フォルダーに入ったことを示された。帰宅後、このデータを再生してみると、急停車した直後から音声録音が記録されていた。少し音声がモゴモゴした感じではあるが、状況の確認には十分使えそうだ。まさに“プライバシー”に配慮した機能として、ドラレコの使い勝手を十分知り尽くした中で開発された機能といえるだろう。   【動画はコチラ】   小型のボディにシンプルなボタン配置 操作系は極めてシンプルな構成となっている。モニターを正面にして右側に操作スイッチが並び、左側はテレビなどで再生するときに使うHDMI端子とマイクロSDカードスロットを配置。本体上部には電源とメニューキーを兼ねるスイッチと、電源用microUSB端子も備わる。兼用スイッチがあるのはドラレコとしては一般的な対応だ。     購入して最初に行うべきは日時設定。GPS機能があればこれは自動設定となるが、それがない本機では手動で行う。電源を入れると録画が自動的にスタートするので、これを右側面の上にある録画/OKキーを押して一旦録画を終了させる。続いて天面の電源/メニューキーでメニュー画面を表示させ、モードキーで設定タグから「日付/時刻」を設定するという流れだ。また、本機ではナンバープレート情報を設定することもできる。データ管理をする上でわかりやすい番号を登録しておくと都合がいいだろう。   Gセンサーの感度は、デフォルトでは設定可能な全3段階の「中」に設定されている。個人的にはデフォルトの「中」が適当であると感じたが、この設定ではちょっと強めの段差を超えるとGセンサーが動作するようなので必要に応じて切り替えるといいだろう。   ドラレコでは「ここぞ!」というシーンを任意に保存しておけるのも定番機能のひとつ。本機では録画中に右側面の「モードキー」を押すことで、鍵マークが点灯してファイルを退避フォルダーに移動させて保護できる。この設定を行っておけば上書き消去されることはなくなる。適宜、使いこなすと便利な機能となるはずだ。   自分でもキレイに取り付けられる さて、価格に対して魅力的な機能を搭載した本機だが、ここでその取り付け方法を考えてみたい。カー用品専門店などでは、ドライブレコーダーの取り付けサービスを行ってくれるところもあるが、オンラインショップなどで本機を購入する場合は、自分で車内に取り付けることが基本となる。せっかくなら、ケーブルなどが露出しないよう出来るだけきれいに取り付けたいものだ。   OWL-DR04の電源はほかのドラレコと同様、シガーソケットから取り、本体にUSB端子で受け取るタイプとなっている。ここで気にしたいのがこのコードの引き回しだ。通常ならコードフックをピラーやダッシュボード貼り付けてコードを引き回す。実用上は問題ないが、見た目は正直いってあまりよろしくない。特に白っぽい内装色のクルマなら、黒い電源コードが目立ってしまう。   そこで少し手を加えてAピラーからグローブボックス裏を経由する方法で対応してみた。ルーフ側は、ケーブルがずり落ちてこないようにクッション材を挟み込んで、隙間に押し込む。結果は、多少の手間はかかったものの、それを忘れるほどの美しい仕上がり。自分で取りつける際も、面倒がらずにこの方法をオススメする。     カー用品の店頭に行けば多くのドラレコが並び、そこから一台を選ぶのは至難の業。これまでの経験上、数千円クラスのモデルはトイカメラの機能を拡大したものも少なくなく、ドラレコとして使うにはオススメできない機種も多い。かといって3万円近くになるとちょっと手を出しにくいのも確かだ。重要なのは、単に高スペックを追うのではなく、ドラレコとして必要な機能を満たしているかを重視して選ぶこと。その意味でも本機は画質面でも機能面でも満足いく性能を発揮してくれる貴重な一台といっていいだろう。   また、複数の自家用車を保有している人や、家族のクルマにもドラレコを取り付けたいという人には、8月2日に発売されたばかりのエントリーモデル「OWL-DR05」もオススメだ。こちらはHD画質(1280×720ドット)でHDR機能も備えていないが、直販価格で7480円と、さらに求めやすい価格となっている。よく乗るクルマには高画質なDR04、あまり乗らないクルマや2台目、3台目には低価格なDR05、というように使い分けてもいいだろう。   この最新モデル「OWL-DR05」の発売を記念した、購入者向けキャンペーンも実施されている。オウルテック製のドライブレコーダーを購入した人を対象に、計10名を憧れのサーキットを愛車で走れる走行体験へ招待するほか、抽選で20名に同社の取扱い製品から好きなものが1つプレゼントされる。詳しくは、同社のキャンペーンサイトをチェックしよう。   【キャンペーン概要】 期間:2017年7月15日~2017年9月30日 当選者発表:2017年10月20日(※日程は予告なく変更になる可能性があります) 賞品:A賞 岡山国際サーキット走行体験(10名)、B賞 オウルテック製品プレゼント(20名)、C賞(Wチャンス) オウルテックダイレクト クーポン券1000円分(応募者全員) 対象製品:OWL-DR01-BK、OWL-DR02-BK、OWL-DR04-BK、OWL-DR05-BK

マンガ連載 Cartoon series

印刷業界関係者が戦慄する「水ぶくれ」ならぬ「火ぶくれ」ってナンだ? 『今日も下版はできません!』第22話

おすすめ動画 Movie

連載史上最高の難易度!? 「チャンピオンシップ・ロードランナー」の46~50面をクリアせよ!【ゲーム芸人フジタの挑戦】

新着ニュースLatest News

「けものフレンズ」の監督が息抜きで作った!? そのクオリティの高さに各方面では様々な考察が進む

今年1月から3月にかけて放送され、現在も大人気のアニメ「けものフレンズ」(テレビ東京系)。8月15日、同作で監督を務めた“たつき”が自身のTwitterに「息抜きのアニメ作りました」と、およそ1分半の動画をアップして話題になっている。

【腕時計の素朴な疑問】ダイバーズウオッチと一般モデル、頑強構造の差はどこにある?

耐久性、耐衝撃性に優れるダイバーズウオッチは、夏に欠かせない腕時計です。ハードユースにも耐えることで海などのレジャーでも重宝されていますが、壊れない秘訣は一体どこにあるのか? 一般モデルと比較して検証してみましょう。

ズームカメラにもカーナビにもなる! 変化自在の個性派スマホ「Moto Z2 Play」をがっつり使ってみた[PR]

MVNOサービスが拡大し、通信会社を自由に選んで使えるSIMフリーのスマートフォンが各社から続々登場しています。ひと昔前は、国内で使えるSIMフリースマホの選択肢はそれほど多くなかったのですが、現在はMVNO市場の広がりに伴い、購入しやすい低価格のエントリー機から、キャリア端末と同等かそれ以上のスペ...

高橋みなみ「ここはすごくインスタ映えする!」 夏を満喫できるグランピング施設が話題に

8月3日にオンエアされた「高橋みなみのこれから、何する?」(TOKYO FM)では、この夏行くべきグランピング施設を3つ紹介。「めたくそオシャレ! 女子会したい」「大人女子の癒やしになりそう」とアウトドア好きな女子の間で話題になっている。

末永くロードスターを愛したい人に朗報! マツダが初代、NA型のレストアサービスに着手

マツダは8月4日、初代「ロードスター」(NA型)を対象としたレストアサービスを開始すると発表した。

無印、セブンプレミアム、ボンカレーに岩下の新生姜!? カレー研究家が選ぶインスタントカレートップ10

汗をかきながら食べる夏のカレーは格別。7月29日に放送された「王様のブランチ」では、1週間に10食、年間600食以上のカレーを食べるというカレー研究家・スパイシー丸山が最新インスタントカレーのランキングを発表した。本稿では、同ランキングのベスト10を紹介していこう。

世界のカムリが新型になって日本のセダンに新風を巻き起こすーー見所は「フルTNGA」と「流麗なデザイン」[PR]

世界的なSUVブームや、日本市場で定着したミニバンの勢いによりかつてクルマを代表するカテゴリだったセダンの存在感が薄まりつつある。2016年度(4月~3月)の乗用車の販売でも、上位30台に入っているのはクラウンとカローラの2台のみという状況だ。 ところが、そんな現状に一石を投じてくれそうな...

いつものスマホが別次元の音に! プロが聴いて選んだ1万円以内で買える高音質イヤホン

スマートフォンやポータブル音楽プレーヤーに付属しているイヤホンを使っているものの、もう少しいい音で聴きたいな……と考えている人も多いでしょう。はじめてイヤホンを選ぶなら、5000円~1万円クラスのモデルをチョイスすると、音質の違いがわかりやすく感じられるので、ファーストステップにオススメです。今回は...

そんなバナナ……MLBで「グラウンド入場で負傷して選手交代」のアクシデントが発生

選手の負傷はスポーツにおいてもっともツラい場面のひとつだ。鍛え抜かれた身体で人と人が競い合い、勝者の歓喜、敗者の涙が見ている者の心を揺さぶる。そのなかで不意に訪れる「ケガ」という要素は、ときに物事をよりドラマチックに演出するが、すっきりしない気持ちを招くことも多い。やはり万全の状態で競い合ってこそ、スポーツの醍醐味である。

MLB動画野球

焼肉の日は“カルビ500円つかみ取り”へ! 焼肉屋「伊藤課長」の限定キャンペーンが超太っ腹だった

もうすぐ8月29日で「ヤキニクの日」。肉好きの方は、ここぞとばかりに焼肉店にいきたくなると思いますが、それに先駆けて注目のイベントが開催中なのをご存知でしょうか。それが「伊藤課長」というホルモン焼肉の都内&期間限定で行われている、肉のつかみ取り540円(税抜500円)キャンペーン。体験してみたらコス...

【立ち食いそばまとめ】これぞビジネスマンが求める味! ウマさがしみる「新橋の名店」ベスト5

安くて早くてうまい、日本のソウルフードといえば、やはり立ち食いそば。ビジネスマンがこよなく愛するメニューゆえ、日本随一のビジネス街として知られる東京・新橋は、必然的に立ち食いそばの激戦区となっています。今回は、いままで本サイトで紹介してきた新橋の立ち食いそば店のなかから、えりすぐりの5店舗をまとめて紹介。新橋を訪れた際は、心身にしみ入るような名店の味、ぜひ確かめてみてください。

ベンツSクラスが王道のアップデート! トップ・オブ・メルセデスが新たなフェイズに

メルセデス・ベンツ日本は、マイナーチェンジを受けた新型「メルセデス・ベンツSクラス」の受注を8月9日より開始した。モデルラインナップおよび税込車両価格は下記のとおりで、9月上旬から順次納車がスタートする(S560ロング、S600ロング、メルセデスAMG S63ロング、同S65ロングは12月頃納車開始予定)。

...

編集部のオススメRecommended

20170630-yamauchi-72

こんなレンズを待っていた! タムロンから28〜620mm相当をカバーする「超望遠高倍率ズームレンズ」が新登場

カメラ

i20170720_hayashi_LV_01

【スクープ】これが次期型の日産リーフだ! デザイン、航続距離、パワーも大幅アップ!!

クルマ&乗り物

20170721_y-koba_TV_ic

長澤まさみが水着姿で踊りまくる!? キレッキレの動きと表情に目が離せない!【動画】

エンタメ

i20170720_hayashi_WN_06

惜しまれつつ消えた人気仕様が奇跡の復活! 2017年新作は復刻モデルが熱い【10~20年モノ】

時計

人気の動画ニュースVideo News

20170720_y-koba2_ic_R

話題のスマートスピーカー「LINE WAVE」をいち早く試してみたら、こうでした【レビュー動画】

i20170628_hayashi_WN_01

【動画有り】使い勝手が良すぎたG-SHOCK最新作「GPW-2000」インプレッション!

20170626_Y01_02

伝えるプロ・予備校の地理講師がカロッツェリアのFH-9300DVSを授業形式で解説

VIEW ALL

インフォメーションInformation

VIEW ALL

ホンモノケイカク
GetNavi