ビジネス
ワード活用術
2016/11/26 17:16

【Word】データを取り込んだときの謎の空白行や「↓」を一発で解決する置換ワザ

このコーナーでは、ワードのいまさら聞けない基本機能や、仕事がはかどる達人ワザなど、オフィスワークに役立つ情報を紹介します。

 

ほかのアプリやシステムで作成したファイルを取り込んだとき、段落ごとに改行が2つ入り、不要な空白行が表示されたことはないでしょうか。段落記号が2つ連続している場合は、段落記号1つに置換することで空白行を削除できます。段落内改行記号(↓)が表示されている場合は、「^11」(段落内改行記号)を段落記号に置換します。いずれもあいまい検索を解除するのがポイントです。

 

段落記号2つを1つに置換する

段落記号を置換するには、「あいまい検索」を解除し、「検索する文字列」欄で段落記号2つ、「置換後の文字列」欄で段落記号1つを指定します。

066-01
↑ 「ホーム」タブ → 「置換」ボタンをクリックします

 

「検索と置換」画面が表示されます。

066-02
↑ 「オプション」ボタンをクリック。「あいまい検索(日)」のチェックを外します

 

066-03
↑ 「検索する文字列」欄をクリック。「特殊文字」ボタン → 「段落記号」を選択します

 

「検索する文字列」欄に「^p」と入力されます。

066-04
↑ 続けて「特殊文字」ボタン → 「段落記号」を選択。「置換後の文字列」欄で同様にして「^p」を入力。「すべて置換」ボタンをクリックします

 

これで空白行がなくなります。

 

段落内改行記号を段落記号に置換する

段落内改行記号(↓)を検索する場合は、「検索する文字列」欄に「^11」を指定します。

066-05
↑ 上記と同じようにして「検索と置換」画面で「検索する文字列」欄に「^11」を、「置換後の文字列」に「^p」を指定し、「すべて置換」ボタンをクリックします

 

段落内改行記号が段落記号に変わります。空白行があれば、上記と同じ手順で削除します。

 

いかがでしょうか。ホームページやメールなどのデータを取り込んだ場合に利用できます。試してみましょう。

TAG
SHARE ON