ライフスタイル
2019/12/10 21:00

渋谷に新名所。接客ロボットが揃う「Pepper PARLOR」が東急プラザ渋谷にオープン

おそらく誰もが一度は見たことがあるディスプレイ付きのロボット「Pepper(ペッパー)」。このペッパーが接客するカフェ「Pepper PARLOR(ペッパーパーラー)」が、12月5日、新生・東急プラザ渋谷が入る新商業施設「渋谷フクラス」5階にオープン。その様子を一足早く体験する機会がありました。

↑「Pepper」5台が並ぶ「Pepper PARLOR」の正面入口。ここで注文や会計を行えます

 

ロボットが目の前で接客してくれる斬新な世界観

このカフェの持ち味は、ソフトバンクが手掛けるロボットたちが、訪れた人に寄り添いながら心地良い空間とすることにあります。それを実現するために、「受付ペッパー」のほか、「相席ペッパー」、「NAO(ナオ)」、掃除ロボット「Whiz(ウィズ)」など多数のロボットが“顔”を揃えます。

 

正面入口に向かうと、そこには5台のペッパーが並んでいました。ここで訪れたお客はロボットを前にタブレット上でオーダーし、それを現金かクレジットカードで精算するのです。ユニークなのは、仮に何を選んだらいいのか迷った時にペッパーが頭に付いたカメラで捉えた画像から、年齢や男女を判別し、体調もその表情から推測してお勧めのワッフルを提案してくれることです。

↑5台のPepperが並ぶ受付を背後から。なかなか壮観な光景

 

↑客の表情から年齢や男女を判断し、体調までも推定してお勧めのメニューをリコメンド

 

私がメニューからお勧めを問い合わせると、ペッパーは「あなたは頑張り屋さんですね。そんなあなたにピッタリなワッフルはこの○○です」とワッフルのメニューを画面に表示してくれました。ペッパーがどのような根拠で結果を出したかはわからないままですが、それで良ければ飲み物を追加して精算します。注文が終わると控えが渡されてテーブルで待つという流れです。

↑注文時に表示されるメニュー。リコメンドしてもらいたい時は右側のペッパーのアイコンを選びます

 

↑この時は筆者に対し、「頑張り屋さん」との判定。「イベリコハムと目玉焼きスペイン風パプリカのトマト煮」が提案されました

 

ワッフルのメニューは、東京・青山のグリルレストラン「THE BURN」で総料理長を務める米澤文雄氏が手掛けてます。そのコンセプトは、「世界を旅するグルメ&スイーツワッフル」。世界の国々をイメージしたワッフルやドリンクなどを揃えるだけでなく、菜食派であるビーガンメニューにも対応しているとのことです。

↑「フランス産フォアグラのシルキームース自家製グラノーラ添え」ワッフルはグルメ系とスィーツ系から選べる

 

↑グルメ系ワッフルの「タスマニアサーモン・クリームチーズとケッパー」

 

同じテーブルについてくれる「相席ペッパー」は、一緒に遊んだり記念撮影で盛り上げたりしてくれます。「シャッフルポーズ」「頭タッチでピッタリ10!」「のぞきみ熟語」「あるあるガチャ」「買い物記憶」「ココドコ?ザ・ワールド」「ペッパー占い」といった、ゲームや占いなど7種類のアプリでネタも提供してくれます。会話内容はマイクロソフトの「りんな」を使用して、カフェで使われそうなキーワードを多く憶え込ませているんだそうです。実際に占いを試してみると、占い結果が当たっているかどうかを聞いてきて、それをきっかけに会話を広げていくといった感じでした。この日は4台が稼働してましたが、日によっては増減することもあるとのことでした。利用料金は無料です。

↑「相席Pepper」は7種類のアプリを提供。会話もできるので一人で行っても楽しめます

 

  1. 1
  2. 2
全文表示
TAG
SHARE ON