ライフスタイル
アウトドア
2019/6/11 19:30

真空断熱のサーモス製品、アウトドアだとこんなに楽しい! 「目からウロコ」の一泊二日体験会 in 山中湖

真空断熱構造のステンレスボトルで有名なサーモスが、発売されたばかりの「サーモス アウトドアシリーズ」の性能や活用方法を紹介する「サーモスアウトドアシリーズ新製品体験会」が開催されました。サーモスといえば、ケータイマグ、スープジャーや保温調理鍋など、日常で使用する魔法びん用品で知られていますが、通称「山専ボトル」などアウトドア向けアイテムも多くのユーザーに愛されています。

キャンプなどのアウトドアでは、料理や飲み物などをどのように充実させるかが課題のひとつ。その点、「サーモス アウトドアシリーズ」がどのように活用されるのか? キャンプや登山などをよく行う立場からじっくりとチェックしたいと思い、一泊二日の体験会に参加してきました。

 

爽やかな高原の空気のなか、実際にサーモスのアウトドア製品を使う体験会

会場となったのは、山梨県にある「小田急山中湖フォレストコテージ」。都内は汗ばむほどの暖かい日でしたが、会場に着いた際に感じた空気は、涼しく爽やかな高原のものでした。

設備の充実したコテージやBBQ場のほかに、テントを張れるスペースもあり、テントスペースの近くの湖畔からは、山中湖と富士山を臨むことができます。参加者は、コテージかテント泊かを選べたので、筆者はせっかくなのでテント泊を選択。ゆるキャン気分を楽しむことにしました。

 

体験会では、クラブサーモス「T’sコラム」の執筆陣でもあり、アウトドアプロデューサーの長谷部雅一氏によるサーモス製品を使用したデモンストレーションや、Day Drip Coffeeの黒田悟志氏による美味しいコーヒーを入れるドリップ講座などが行われました。

 

ひと工夫が施されたボトルの新製品をチェック!

まず、最初にサーモスの製品担当者より今回のサーモス アウトドアシリーズの紹介が行われました。

サーモスといえば、雪山でも一日中お湯が冷めないという保温力の「山専ボトル」(上写真)が登山愛好家に人気なアウトドアの定番アイテムです。そのほかのサーモス製品も真空断熱構造の高い保温・保冷力を持っており、アウトドアシーンで使用するユーザーが多かったため、今回、よりアウトドアシーンに適した新製品として、サーモス アウトドアシリーズが発売されたのです。

まず紹介されたのは、真空断熱タンブラーを始めとするステンレスボトルシリーズです。「サーモス 真空断熱タンブラー ROD-001」(上写真・3240円※公式オンラインストア価格・税込 以下同)は、470mlの容量で高い保温力を持つタンブラー。ボトルキャップにはティーフックが備わっており(下写真)、ティーバッグの紅茶やお茶などを作るのにも便利な工夫が凝らされています。

続いて紹介されたのは、「サーモス 保冷缶ホルダー ROD-002」(上写真・2700円)です。ビールなどの缶飲料に装着することで、最後まで飲みごろの温度をキープできるもの。付属の飲み口をつければタンブラーとしても使えるので、1年中使えます。

「サーモス ステンレスボトル ROB-001」(上写真・4320円)は、1.2リットルの大容量。家族全員分をまかなえる容量で、保温力も高いのが特徴。キャンプでお茶やコーヒーを飲みたいという時に、多くの場合はヤカンなどで沸かすことが多いのですが、あらかじめ沸かしてステンレスボトルに入れておけば、ほしいときにすぐ飲むことができるのです。ハンドルもついており、持ち運びや注ぐ際も使いやすいのがポイントです。

 

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
全文表示
TAG
SHARE ON