ワールド
2020/10/2 18:30

何やら面白そうなものを作っているぞ! LGが「マスク型空気洗浄機」と「発毛促進ヘルメット」を発表

最近、韓国の家電メーカーLGから話題の商品が2つ登場しました。マスク風のウェアラブル空気清浄機と発毛を促すヘルメットです。アメリカのメディアにも取り上げられるなど海外でも注目を集めているようですが、一体どんな製品なのでしょうか?

 

マスクのようなウェアラブル空気洗浄機

↑新種のウェアラブルデバイス

 

一般的なマスクのように見えるこの写真の商品は、口元に装着できる空気洗浄機「PuriCare Wearable Air Purifier」です。同社の家庭用空気清浄機にも使われている「H13 HEPAフィルター」を2つ備え、装着した人に新鮮できれいな空気を届けるという仕組み。また、呼吸センサーを搭載しており、装着した人の呼吸の量やサイクルを検出します。息を吸うとファンのスピードが上がり、吐くときはファンのスピードが落ちるという具合に、3速のファンが自動で設定されます。820mAhバッテリーを搭載し、ローモードなら最大8時間、ハイモードなら2時間使用できるそう。

 

さらに、マスクの形状は人間工学をもとに設計されており、鼻や顎からの空気漏れを最小限にして、長時間の着用でも快適に過ごせるようにデザインされています。また、付属ケースはUV-LEDライト付きで、使用後の空気清浄機をきれいにしてくれるうえ、フィルターの交換時期もアプリで知らせてくれます。

 

「PuriCare Wearable Air Purifier」は、2020年第4四半期から一部市場で発売される予定(価格未定)。このデバイスについて報じたアメリカのあるメディアの記事に対して「まわりの人たちが普通のマスクをしてくれればいいので、俺はこれにお金を使うつもりはない」「いいアイデアだ」と賛否両論が寄せられています。

 

光治療で発毛を促すヘルメット

マスク型ウェアラブル空気洗浄機に続き、新製品としてLGから発表されたのが、発毛を促すヘルメット「LG Pra.L MediHair」です。男性型脱毛症の治療法として、米国食品医薬品局(FDA)から認められた低レベルの光治療(LLLT)を採用。146個のレーザーと104個のLEDライトが毛包幹細胞を刺激して、発毛をサポートし男性型脱毛を遅らせるのだそう。LGによると、盆唐ソウル大学病院で行われた臨床実験で、このヘルメットを1週間に3回装着し16週間続けたところ、髪の密度や太さに改善が見られたのだとか。このヘルメットのリリースは2020年末頃の予定です。

↑これを頭にかぶれば、髪の毛が増えるかも

 

どちらの商品も日本で発売されるかまだ明らかとなっていませんが、LGはなかなか興味深い生活家電を作っているようです。

 

TAG
SHARE ON