正月 関連記事

注連飾りを飾ったり除夜の鐘を鳴らしたりおせち料理をいただいたり、古くからのしきたりに触れる機会が多い年末年始。堅苦しいと敬遠しがちなしきたりですが、実は縁起を担いだおめでたい作法が様々。気持ちよく新年を迎えるために知っておきたい、大晦日からお正月にかけての縁起物や縁起事とマナー、その意味を「現代礼法研究所」の主宰を務める岩下宣子さんが解説します。

セリやナズナなど“春の七草”を入れて炊く「七草粥」は、1月7日に無病息災を祈っていただくもの。管理栄養士で料理研究家の鈴木あすなさんに、七草粥の正しい作り方やゆえんに加え、基本のおかゆのおいしい作り方を教えていただきました。おかゆ作りは、生米から炊くおかゆから、炊き上がったごはんから作る簡単な方法までを紹介します。

正月には「鮭(シャケ)」や「鰤(ブリ)」といった魚が“縁起物”として親しまれてきました。なぜ縁起物とされてきたのでしょうか?、そのいわれを、江戸懐石近茶流を受け継ぎ、料理研究家としても活躍する柳原尚之先生に教えていただきました。