家電
調理家電
2020/7/7 20:00

夏ビールのベストパートナー家電だ! ホットプレート「Home BBQ」で作る肉おつまみが絶品

夏といえば、BBQの季節。太陽の下で肉をジュージュー焼きながらビールを飲むのは最高ですよね。とはいえ、近年は異常気象と言われるほど夏の暑さが半端じゃありません。また、いまは大人数で集まるのも気が引けますし、室内で快適にBBQをする方法はないものか……。

 

そんなときに見つけたのが、レコルトの「Home BBQ」(実売価格9900円)というホットプレートです。果たしてその名のごとく、家でBBQを楽しみたい気持ちを満たしてくれるのか? 実際に使ってその実力をご紹介していきましょう。

↑レコルトの「Home BBQ」

 

サイズは小ぶりで出しっぱなしにしても違和感がないデザイン

Home BBQは幅42.0×奥行き23.0×高さ16.5cmと、ホットプレートとしては小ぶりなサイズ。1〜2人で使うのに良さそうです。カラーはレッド、ネイビーに加え、数量限定でオイスターホワイトなどのカラバリも揃っています。

↑オシャレなデザインなので出しっぱなしにしていても違和感がない

 

プレートはフラットプレートとバーベキュープレートが付属。ステーキを焼くならバーベキュープレートを使いましょう。こちらは6か所の穴から余分な油が落ちるようになっており、ヘルシーに焼き上げられるのが特徴です。

↑水滴を落としてジュッと蒸発すれば温度はバッチリ。約110℃〜250℃まで温度調整可能

 

お肉を焼くには、プレートを外し、水トレイに水を入れます。こうすることで、高温になったヒーターの熱がテーブルに伝わるのを防げるんです。

↑プレートの穴から落ちた油は水トレイに落ちるので、油が熱せられて煙が出ることもない

 

ステーキは絶妙の焼き上がりに

では、さっそくお肉を焼いていきましょう。本体側面のダイヤルを回して250℃に設定したら、お肉をプレートにオン。このビジュアルだけでかなり食欲を誘いますね!

↑バーベキュープレートは肉にきれいに焼き目が付くのがいい。ノンスティック加工が施されていて、焦げ付きにくいのもありがたい

 

ちなみに、ステーキの焼き方は同梱のレシピブックに出ており、「肉の表面から水分が出て汗をかいたようになったらひっくり返す」「肉を休ませる」などの焼き方のポイントが書かれているので、初めてHome BBQを使う人でも失敗なく焼けるでしょう。実際、ホットプレートでこんなにうまくステーキを焼けたのは初めて。焼いた後はアルミホイルに包んで肉を休ませると、肉汁が流れ出にくいのでオススメです。

↑絶妙な火加減で焼き上がった!

 

↑せっかくなので野菜も焼いてみた。きれいな焼き目が付くのでBBQ気分が高まる

 

使ったあとは、本体、水トレイ、ヒーターセットをバラバラに取り外せるので、油の多いメニューでもきれいに洗えます。しかも、それぞれのパーツが軽いので、シンクで洗いやすいという利点も。手入れのしやすさもHome BBQの魅力でしょう。

↑ホットップレートはつい衛生面が気になる調理家電だったが、すべてのパーツを丸洗いできるのはありがたい

 

  1. 1
  2. 2
全文表示
TAG
SHARE ON