著者 - 石井和美

石井和美

フリーライター・家電プロレビューアー。白物家電や日用品の製品レビューを得意としている。WEBや雑誌などで多数執筆中。家電blog(http://kaden-blog.net/」)
管理人。

「アレもコレも付属して……」ってテレビ通販か! 日立の新コードレス掃除機のサービス精神が旺盛すぎる

この時期、各社からコードレス・スティッククリーナーの発表が続いています。今年の新作モデルは、どのメーカーもユニークな機能を備えていおり、各社の打ち出したいポイントが明確に表れている印象です。8月9日に発表された日立アプライアンスの「パワーブーストサイクロン」PV-BEH900もそのひとつで、同社の訴求テーマは「立体おそうじ」。多彩なツールを駆使することで、床だけでなく、さまざまな場所を立体的に掃除できるとのこと。しかも、吸引力が強く、車内の掃除にも便利なんだとか! 発表会の会場で、実際に本機をじっくり試してきました。

オーブンでかつおのたたきができる!? シャープ「ヘルシオ」ついに“水であぶる”の領域へ到達

“水で焼く”ことでヘルシーな調理ができるウォーターオーブン「ヘルシオ」は、健康志向のこだわり派を中心に広く支持されている、シャープの人気調理家電。その最新フラッグシップモデルとして、「ヘルシオ AX-XW400」が発表されました。ポイントは、「あぶり焼き」機能を新搭載したことと、AIoTクラウドサービス「COCORO KITCHEN」で音声対話がさらに進化したことの2点。

この多機能っぷりで約10万円は驚き! 日立のオーブンレンジ「ヘルシーシェフ MRO-TW1」

先日、日立アプライアンスのIHジャー炊飯器「ふっくら御膳 RZ-AW3000M」発表会の模様をお伝えしましたが、同会場では過熱水蒸気オーブンレンジ「ヘルシーシェフ」の新モデルも登場。会場ではその多機能っぷりに驚きつつ、税別で10万円を切るという想定価格にさらに驚きました。

「高級炊飯器=重い内釜」という常識を打破! 日立「ふっくら御膳」、クラス最軽量の内釜で味と使いやすさを両立

日立アプライアンスはIHジャー炊飯器「ふっくら御膳 RZ-AW3000M」を発表し、7月20日の発売に先がけて記者説明会を開催。本稿ではおいしさだけでなく使いやすさにもこだわったという新モデルの魅力を、実食レポートを交えてお伝えします。

デロンギ初、3万円の衣類乾燥除湿機を徹底レビュー! このパワーで設置面積「A4サイズ」に驚いた

梅雨どき、外に洗濯物が干せないと困りますよね。部屋干しすると部屋がジメジメして不快ですし、湿気がカビなどの原因になることも。一方で、最近はPM2.5や黄砂、花粉などを避けるために外で干さない方も増えています。そんな背景もあって、いま、注目されているのが衣類乾燥除湿機です。こちらは単なる除湿機ではなく、"衣類乾燥"にフォーカスして、素早く服が乾かせることがポイント。

「台座がない扇風機」がここまで便利だったとは! 徐々に弱まる「おやすみ風」も快適な三脚式「カモメファン」の実力

今年は5月から真夏日が続き、今後も暑い日が続きそうです。そろそろ扇風機の出番ではないでしょうか。ただし、扇風機を出すと意外に大きくて(特に台座が)、置き場所に悩むことはありませんか? そこで今回は、省スペースで置ける、ちょっと変わった三脚式の扇風機にフォーカスしてみました。

歯がスッキリして想像を超える心地良さ! パナソニック「ジェットウォッシャー ドルツ」は口腔ケアの最終兵器だ![PR]

しっかり歯磨きしたつもりでも、本当に汚れが落ちているのか、気になるときはないでしょうか。特に30代になると歯ぐきが下がり始め、歯と歯の間や歯の根元に汚れがたまりやすくなっています。こうした部分は、歯ブラシだけではケアしづらいため、年をとるほど汚れがたまりやすくなります。

【動画】「口の中の汚れを水流で洗う」ってどんな感じ? GetNaviで「ジェットウォッシャー ドルツ」を試したらその快感に驚いた!【提供元:パナソニック】[PR]

パナソニックは、口腔内の汚れを超音波水流で洗い流す「ジェットウォッシャー ドルツ EW-DJ71」を5月上旬に発売します。ジェットウォッシャーは、歯を磨いた後に使用することで、歯間に詰まった食べカスや、歯周ポケットの汚れなどを水流で洗い流す口腔洗浄器です。

吐きそうなレベルの靴の異臭がマイルドに! 上履きも2足同時にカラっと乾くアイリスオーヤマ「脱臭くつ乾燥機」が気に入った!

大学時代、3年ほど紳士靴店で店員としてアルバイトをしていました。靴を買われる方は当然フィッティングをするのですが、靴を脱いだとたんにモワッと臭う男性が多かったことを覚えています。当時はそれが堪えました……。 靴は足からの汗を大量に吸っているので、雑菌が繁殖します。この汗がニオイや靴を傷める...

肥満の真犯人は「糖質」だ! ツインバードが低糖質「ブランパン」を身近にするホームベーカリーを提案

「低糖質」ダイエットブームの中、ローソンで売られているパンに注目が集まっています。「ブランパン」という商品で、その名の通り、小麦の外皮(ブラン)で作られたシンプルなパン。ブランパンは糖質が少なく、植物繊維が豊富。手軽に食べることができて、ダイエットにも効果的であることから話題となり、品薄になっていま...

IHヒーターが分離する炊飯器はアリかナシか? アイリスオーヤマ「銘柄量り炊き」を試したら「一人暮らし最強の友」と判明!

アイリスオーヤマから炊飯器「銘柄量り炊きIHジャー炊飯器3合 RC-IA30」(実売価格2万4624円)が発売されました。この炊飯器は米の量と銘柄に合わせて水の量を微調整できることが特徴。それだけでも驚きですが、さらに、ご飯を炊いた後にはおひつとIHヒーターに分離して使えるとのこと。両面ホットプレー...

「デザインいまいち」から「選ばれる空気清浄機」へ! ダイキンがデザイン重視に走った理由

ダイキンは、10月28日に大風量のリビング向けモデル「加湿ストリーマ空気清浄機 MCK70T」と、個室向けのスリムタワーモデルの「加湿ストリーマ空気清浄機MCK55T」、11月1日にエアコンの「うるさら7」を発売。今回、これらの商品について、メディア向けに説明会が行われました。ダイキンの空気清浄機と...

動きは爽快! でもリモコンは「…何で?」 日立初のロボット掃除機minimaruを使ってわかったこと

2003年にプロトタイプを発表してから13年の歳月をかけて、ついに詳細が明らかとなった日立アプライアンスのロボット掃除機「minimaru(ミニマル)」。“小さい”をセールスポイントとしたコンパクトでパワフルなロボット掃除機として注目されています。発売は11月19日と少し先ですが、その前に記者向け説...

日立、ロボット掃除機参入に「なぜいまさら?」の声ーー「小さなボディ」は市場に受け入れられるのか?

現在、ロボットクリーナー市場には、アイロボット社「ルンバ」を筆頭に、パナソニック「ルーロ」、ダイソン「ダイソン360 Eye」など、強力なモデルがひしめいています。そんな状況のなか、日立アプライアンス株式会社がロボットクリーナー「minimaru(ミニマル) RV-DX1」を発表しました。「なぜいま...

「蚊」の次は「加齢臭」狙い!? シャープから消臭力を高めた超コンパクトな空気清浄機が誕生!

子ども部屋や寝室に入ると、ニオイが気になるときがあります。朝、目覚めたときに感じるムワッとした空気に耐えられず、「早く換気したい!」とストレスを感じるなら、今回発表されたシャープの加湿空気清浄機を要チェック! スリムタイプながら除菌・消臭性能が優秀!シャープといえば、蚊を取る機能が付いた「...

人気の動画ニュースVideo News

20170720_y-koba2_ic_R

話題のスマートスピーカー「LINE WAVE」をいち早く試してみたら、こうでした【レビュー動画】

i20170628_hayashi_WN_01

【動画有り】使い勝手が良すぎたG-SHOCK最新作「GPW-2000」インプレッション!

20170626_Y01_02

伝えるプロ・予備校の地理講師がカロッツェリアのFH-9300DVSを授業形式で解説

VIEW ALL

インフォメーションInformation

VIEW ALL

ホンモノケイカク
GetNavi