デジタル
通信機器
2021/5/4 20:30

Broad WiMAXの実態が丸わかり!評判からわかったメリットや注意点などを徹底解説

BroadWiMAXはおすすめなのか

Broad WiMAXを検討している人で、実際利用しているユーザーが本当に満足しているのか気になるのではないでしょうか。
そこで今回は、実態と評判調査をした結果わかった特徴を徹底解説していきます。

先に結論を述べると、Broad WiMAXがおすすめの人は以下のとおりです。

Broad WiMAXがおすすめの人

  • 月額料金そのものを安くしたい人
  • 他社回線から乗り換えたい人
  • 開通工事ができない人
  • 引っ越す予定がある人 or 引っ越しが多い人
  • 月間の容量無制限でネットを使いたい人

特に、キャッシュバックをもらえるか心配な人には、月額料金から割引されるので安心ですよ。
さらに、他社の解約費用を最大19,000円まで負担してもらえるので、他社回線から乗り換えたい人にもおすすめです!

Broad WiMAXのメリットは以下のとおりで、特に①と④と⑤はBroadWiMAXならではのメリットです。

この記事を読めば、Broad WiMAXの評判やメリット・デメリット、どのような人におすすめなのかがわかるでしょう。

「Broad WiMAX」の公式サイトはこちら

※この記事は、2021年5月時点での情報です。

Broad WiMAXは無制限で利用したい人におすすめのWiFiルーター

BroadWiMAX キャンペーンサイト

Broad WiMAXの月額料金や通信速度などはどうなのか、概要を見てみましょう。

【Broad WiMAXの概要】

データ容量ギガ放題、7GB
使用回線WiMAX 2+
対応エリア日本全国
契約期間3年
下り最大速度1.2Gbps
下り平均速度 ※135.38Mbps
初期費用事務手数料3,300円
端末代金0円
キャンペーン内容・5,000円キャッシュバック
・初期費用20,743円割引
・端末代金0円
・上限19,000円分の契約解除料金負担
月額料金・0〜2ヶ月目:2,999円
・3〜24ヶ月目:3,753円
・25ヶ月目以降:4,413円
3年間実質料金143,424円
3年間実質月額料金3,876円

※1 2021年5月時点のみんそく「Speed Wi-Fi NEXT W06 × Broad WiMAXの通信速度レポート」より
※価格は税込
※2021年5月時点

WiMAXには数多くのプロバイダがありますが、その中でも通信速度や実質料金はまずまずと言ったところです。

Broad WiMAXはその特徴から、次のような人におすすめです。

Broad WiMAXがおすすめの人

  • 月額料金そのものを安くしたい人
  • 他社回線から乗り換えたい人
  • 開通工事ができない人
  • 引っ越す予定がある人 or 引っ越しが多い人
  • 月間の容量無制限でネットを使いたい人

特に、Broad WiMAX特有のおすすめポイントは、上の二つです。
月額料金割引キャンペーンがあるので、毎月の料金を自動的に安くできます。
さらに、他社回線の解約金負担をしてもらえるのも、うれしいポイントです。

ただし、速度に関してはマイナスの評判もあるため、速度を求める人には光回線がおすすめです。
光回線については、後ほど「速度を重視するなら「光回線」がおすすめ」で詳しくご説明します。

WiMAXには持ち運び可能なモバイルWiFiと、自宅で利用できるホームルーターの二種類があります。
それぞれについて、メリットを詳しくご説明します。

「Broad WiMAX」の公式サイトはこちら

手軽に持ち運べるモバイルWiFi

WiMAXには、以下2種類の持ち運び可能なモバイルタイプ端末が用意されています。

【Speed Wi-Fi NEXT WX06】

下り最大速度440Mbps
サイズ111x62x13.3mm
重量約127g
充電時間約160分
同時接続台数最大16台

【Speed Wi-Fi NEXT W06】

下り最大速度1.2Gbps
サイズ128x64x11.9mm
重量約125g
バッテリー容量3,000mAh
同時接続台数最大16台

持ち運び可能なタイプなので、自宅でも外出先でもどこでもインターネットを使えるというのが、大きな強みです。
一方、ホームルーターに比べると端末が小さく電源を安定して取れないため、電波が弱いというデメリットもあります。
外出先でもどこでもネットを使いたいなら、モバイルタイプがおすすめです。

自宅で利用できるホームルーターも契約可能

WiMAXには、以下2種類の据え置き型のホームルーター端末が用意されています。

【WiMAX HOME 02】

下り最大速度440Mbps
サイズ約118×50×100mm
重量約218g
同時接続台数最大21台

【WiMAX HOME L02】

下り最大速度1.0Gbps
サイズ約93×178×93mm
重量約436g
同時接続台数最大42台

ホームルーターは自宅に据え置くタイプのモバイルWiFiです。
モバイルWiFiと違うのは、持ち運びができないことと、据え置き型なのでモバイルWiFiよりは電波が安定するという点です。

モバイルWiFiとホームルーターの共通点として、どちらも工事をする必要がなく端末が届いたらすぐに使えるということがあります。

ホームルーターと光回線はどちらも自宅でしか使えないという点が同じですが、光回線は工事が必要なので手軽に導入できません。
一方で、光回線には、通信が安定しており通信速度が速いというメリットがあります。

このように、WiFi回線の中でもモバイルWiFiとホームルーターには違いがありますし、さらに光回線は固定回線なので性質が大きく異なります。
あなたの利用状況や必要なデータ量などに合った回線を選ぶことが重要です。

Broad WiMAXの口コミ・評判からわかるメリット8つ

Broad WiMAXにはどのようなメリットがあるのでしょうか?
実際にBroad WiMAXを利用しているユーザーのTwitterでの口コミからわかった、Broad WiMAXの8つのメリットをご紹介します。

手続きなしで確実に安くなる料金割引キャンペーン

Broad WiMAXのキャンペーンは、キャッシュバックではなく月額料金割引タイプのキャンペーンです。

一般的なキャッシュバックキャンペーンの場合、キャッシュバックの申請が必要です。
しかし、どうしても申請を忘れることがあり、キャッシュバックをもらい損ねてしまうケースもあります。
その点、Broad WiMAXは申請が不要な月額料金割引タイプなので、特に申請や手続きをしなくても自動的に割引を受けられます
そのため、受け取り忘れが不安な人にとっては嬉しいキャンペーンですね。

Broad WiMAXはプロバイダの中ではコスパが最高とツイートしている人がいました。

「ギガ放題プラン」ならデータ量無制限で利用可能

WiMAXを使うなら、プランはギガ放題プランがおすすめです。
通信速度に制限はありますが、月間データ量は無制限です。
そのため、「直近3日間で10GB以上」という速度制限にひっかからなければ、基本的には無制限に使えます

WiMAXの速度制限は、以下のとおりです。
直近3日間で通信量の合計が10GB以上になった場合は、翌日18時頃から翌々日2時頃 のネットワーク混雑時間帯にかけて、通信速度が概ね1Mbpsに制限されます。

では、1Mbpsはどの程度の速度なのでしょうか?
1Mbpsの通信速度でできることは、以下のとおりです。

  • ネットサーフィン
  • メール送信
  • LINEなどのSNS

これらのことなら、問題なくできるレベルの速度です。

ただ、YouTubeの中画質の動画視聴やビデオ通話は3Mbps、高画質の動画視聴は5Mbpsの速度が必要と言われています。
そのため、動画視聴は難しくなるでしょう。

Twitterを見ると、WiMAXの「3日間で10GB」の速度制限にかかっている人はたくさんいます。
高画質の動画視聴や重いネットゲームなどをすると、簡単に制限にかかってしまうので注意が必要です。

DAZNなどで動画を視聴する場合も要注意のようです。

一方で、リモートワークなどでネット利用が増えているため、ギガ放題プランはおすすめという人もいました。

数あるWiFiルーターの中でも通信速度が安定している

WiMAXの通信速度はどう?と気になる方も多いのではないでしょうか。
WiMAX端末の下り最大速度と、みんそくで調べた実測値を表にまとめてみました。

【WiMAX端末の通信速度】

端末名下り最大速度下り平均速度
Speed Wi-Fi NEXT WX06440Mbps23.8Mbps
Speed Wi-Fi NEXT W061.2Gbps46.5Mbps
WiMAX HOME 02440Mbps34.86Mbps
WiMAX HOME L021.0Gbps50.05Mbps

下り平均速度は、2021年5月時点のみんそく「モバイルWiFi(モバイルルーター)の通信速度レポート一覧」「ホームルーターの通信速度レポート一覧」より

ホームルーターならWiMAXの端末が一番良いとツイートしている方がいました。

前に使っていたiPhone端末を仕事中のテザリング端末に使おうと思っていたという方もいましたが、結局WiMAXの端末に落ち着いたということでした。
端末の品質で言うと、WiMAXの端末の最大速度が最速で、実測値も速い速度が出ていることがわかります。

他社違約金を最大19,000円まで負担してくれる

Broad WiMAXには、他社回線を解約する際に発生する違約金を最大19,000円まで負担してくれるキャンペーンを実施しています。
キャンペーンの正式名称は、「違約金当社負担乗換えキャンペーン」です。
今現在、他社違約金を負担してくれるWiMAXプロバイダはBroad WiMAXだけです。

他社で使っているモバイルWiFiや光回線などを解約する際に、更新月以外だと高額な違約金がかかることがあります。
また、端末代金や工事費用を分割支払い中だと一括支払いとなり、その負担も発生してしまいます。

そこで、他社解約時の違約金を負担してもらえれば、乗り換え時の負担が減りますよね。
少しでも安くWiMAXに乗り換えたいなら、「Broad WiMAX」がもっともおすすめですよ!

Broad WiMAXに乗り換えるメリットとして、違約金負担キャンペーンを挙げている人がいました。
他社解約時の違約金が高額な場合は、Broad WiMAXを検討してみてください。

「いつでも解約サポート」で他社へ無料乗り換え可能

Broad WiMAXには、「いつでも解約サポート」という解約サポートサービスもあります。
例えば、次のような理由で他の回線に乗り換えたい場合もあると思います。

  • 通信速度に満足できない
  • 固定回線に変えたい
  • 電波が届きにくい
  • 通信制限にすぐかかる

しかし、普通に回線を乗り換えると、高額な解約違約金がかかってしまいますよね。
そこで、Broad WiMAXの「いつでも解約サポート」を使えば、次のようなうれしいポイントがあります。

うれしいポイント

  • Broad WiMAXの違約金が不要
  • 利用期限がない

「いつでも解約サポート」の利用方法は、以下のとおりです。

「いつでも解約サポート」の利用方法

  1. Broad WiMAXに電話する
  2. 回線乗り換えの手続き
  3. Broad WiMAXを解約する

なお、連絡先の電話番号は、契約時に受け取った書類に記載されています。

Broad WiMAXの「いつでも解約サポート」を使って、解約金の支払いをなくしたという人もいました。

インターネット回線は使ってみないとわからないところがあるので、乗り換えることもあると思います。
どうせ乗り換えるなら、解約金がない方がお得です!

口座振替にも対応している数少ない窓口

WiMAX料金の支払い方法は、ほとんどのプロバイダがクレジットカードのみです。
口座振替で支払いができる窓口は、以下の3社だけです。

  • Broad WiMAX
  • BIGLOBE WiMAX
  • UQ WiMAX

Broad WiMAXは、口座振替でも支払いが可能なので、クレジットカードを持っていない人でも安心して使うことができますね
ただし、毎月の利用料にプラスして220円の支払手数料がかる点と、契約時に20,743円の初期費用が請求される点に注意が必要です。

au・UQモバイルとのセット割が適用できる

auスマホユーザーとUQモバイルユーザーは、セット割を利用できます。
セット割の内容は以下のとおりです。

【auとUQモバイルのセット割の割引額】

キャリア名セット割名毎月の割引額最大対象回線数
auauスマートバリューmine最大1 ,100円1回線
UQモバイルギガMAX月割最大550円1回線

auのスマホを使っていれば1年間に最大13,200円、UQモバイルなら最大6,600円もスマホ料金を節約できることになります。

実際、WiMAXを使っていてもauスマートバリュー mineを使っていない人が多く、使った方が絶対にお得だと書き込んでいる方がいました。

最短当日発送なのですぐ使える

平日の13時までに申し込めば、最短で当日に端末が発送されるので、すぐに使えます。
急いでネット環境を整えたいという方に、最適ですね。

ただし、日曜日と祝日は配送作業を行っていないので、早く受け取りたい人は平日か土曜日の13時までに申し込みましょう!

Broad WiMAXの口コミ・評判からわかるデメリット

Broad WiMAXのメリットについてご紹介しましたが、デメリットもあります。
ここでは、Twitterなどの口コミや評判からわかるデメリットをまとめてみました。
あらかじめデメリットもおさえておけば対策することもできるでしょう。

①初期費用が無料にならない場合があるかも

Broad WiMAXには「初期費用0円キャンペーン」があり、20,743円分もの初期費用が割引になります。
しかし、適用条件を満たさないと無料にならないので、注意が必要です。
ここでは、「初期費用0円キャンペーン」で初期費用を無料にする方法をご説明しますので、このキャンペーンを利用したい方はしっかりとチェックしてくださいね。

「初期費用0円キャンペーン」を利用するためには、以下の4つの条件をすべて満たす必要があります。

条件

  • 条件1:Broad WiMAX 公式サイトのWebフォームから申し込む
  • 条件2:料金プランを「月額最安プラン」で申し込む
  • 条件3:クレジットカード払いで申し込む
  • 条件4:2つのオプションサービス「安心サポートプラス」、「MyBroadサポート」を申込む

条件4のオプションは、端末が家に届いたら解約ができます。
これらのオプションが不要な方は、忘れずに解約してくださいね。

このように、条件自体は厳しいものではなく、オプションの解約も可能です。
ただし、オプションの追加を忘れたり支払い方法を間違えたりするだけで、20,743円もの初期費用が掛かってしまうので注意しましょう!

オプションを無料解約する手順

「初期費用0円キャンペーン」を利用するためには、「安心サポートプラス」と「MyBroadサポート」のオプションに加入する必要があります。
「安心サポートプラス」は月額605円、「MyBroadサポート」は月額997円の料金がかかるので、不要なら解約しましょう。

「初期費用0円キャンペーン」を利用して申し込んだ後、自宅に端末が届いたら無料で解約することが可能です。
ここでは、解約する方法をご紹介します。

  • Broad WiMAXのマイページにログインする
  • オプションを解約する

このように、オプション解約はWebで簡単にできます
また、カスタマーセンターに電話しても解約することができますが、込み合うことがおおいのでマイページから行うことをおすすめします。

使わないのであれば、忘れずに解約しましょう。

②2年以内の解約はキャンペーン違約金がかかる

「Web割キャンペーン」には2年間の最低利用期間が設定されています。
そのため、2年以内に解約してしまうと、通常の解約違約金にプラスしてキャンペーン違約金がかかります

Broad WiMAXの解約費用は、以下のとおりです。

【Broad WiMAXの違約金】

契約解除料12か月以内20,900円
13~24か月以内15,400円
25か月目以降10,450円
更新月0円
「Web割キャンペーン」の違約金10,450円

※価格はすべて税込

つまり、「Web割キャンペーン」を使って契約すると、12か月以内に解約すれば31,350円、13~24か月以内なら25,850円もの違約金がかかってしまいます。

このように、キャンペーンを使うと違約金がさらに高額になるので、ご注意ください。
短期間で解約する予定がある場合は契約しない方がよいでしょう。
もし、どうしても乗り換えが必要なら、「いつでも解約サポート」を利用すれば違約金が免除になります。

③最安のプロバイダではない

Broad WiMAXの実質料金は最安ではありません。
そのため、安さだけを重視したいなら、あまりおすすめはできません。

ここでは、WiMAX全13社のプロバイダの実質料金を比較した表をまとめました。
実質料金安い順に並べているので、参考にしてみてください。

【WiMAX全13社実質料金比較】

窓口名2年間実質月額料金月額料金キャッシュバック額端末代金
GMOとくとくBBWiMAX
(キャッシュバック・ホームルーター)
3,406円0~2ヶ月目:3,969円
3ヶ月目以降:4,688円
最大33,200円0円
GMOとくとくBBWiMAX
(キャッシュバック・モバイルWiFi)
3,526円0~2ヶ月目:3,969円
3ヶ月目以降:4,688円
最大28,800円0円
GMOとくとくBB WiMAX
(割引)
3,471円0~2ヶ月目:2,849円
3~24ヶ月目:3,678円
25ヶ月目以降:4,688円
6,000円0円
Broad WiMAX3,619円0〜2ヶ月目:2,999円
3〜24ヶ月目:3,753円
25ヶ月目以降:4,413円
5,000円0円
DTI WiMAX3,886円0〜1ヶ月目:0円
2〜3ヶ月目:2,849円
4ヶ月目以降:4,136円
0円0円
カシモWiMAX4,005円開通月:1,518円
月額料金:3,971円
0円0円
So-net WiMAX4,220円開通月:0円
1〜12ヶ月目:3,700円
13ヶ月目以降:4,817円
0円0円
TikiモバイルWiMAX4,389円0~2ヶ月目:4,389円
37ヶ月目以降:4,818円
0円0円
BIGLOBE WiMAX4,500円4,378円17,000円21,120円
KT WiMAX5,060円4,268円0円16,500円
YAMADA air mobile5,060円4,268円0円16,500円
エディオンネット5,060円4,268円0円16,500円
UQ WiMAX5,280円4,268円0円16,500円
DIS mobile WiMAX5,060円4,268円0円16,500円
ワイヤレスゲートWi-Fi5,060円4,268円0円16,500円

※価格はすべて税込
※2021年5月時点

全13社を比較した結果、もっとも実質料金が安いのはGMOとくとくBBWiMAXです。

ただ、「GMOとくとくBB」のキャッシュバックの申請・受取がおよそ1年後なので、もらい忘れの可能性も高いです。

そのため、「Broad WiMAX」の料金割引を選ぶ方が確実に安く利用できるといえますよ。

Broad WiMAXがおすすめの人はこんな人!

ここまでご説明したことをまとめると、Broad WiMAXがおすすめなのは次のような人です。

Broad WiMAXがおすすめの人
  • キャッシュバックの申請漏れが不安な人
  • 他社回線から乗り換えたい人
  • 開通工事ができない人
  • 引っ越す予定がある人 or 引っ越しが多い人
  • 月間の容量無制限でネットを使いたい人

特に、キャッシュバックをもらえるか心配な人には、申請不要で月額料金から自動的に割引されるので安心ですね。
さらに、他社の解約費用の負担までしてもらえます。
他社回線から乗り換える際に、解約費用が高額になってしまう人にもおすすめですよ。

Broad WiMAXを申し込む全手順

ここでは、Broad WiMAXを申込む手順をご説明します。
これから申し込みをお考えの方は、参考にしてください。

①利用エリアの確認をする
まずは、利用エリアの確認をしましょう。Broad WiMAXのエリア確認ページで住所や郵便番号を入力して、エリア確認をしてみてください。結果が「〇」ならOKです。結果が「△」、「×」の場合でも、個別にBroad WiMAXに問い合わせれば個別に利用できるか確認してくれるので、問い合わせてみましょう
②プランを選択する
契約プランは、月間データ量無制限の「ギガ放題」がおすすめです。
データ量無制限で月に約3,000円で利用できるのでお得です。
③端末が届いたら初期設定をする
端末が届いたら、初期設定をしましょう。・端末にSIMカードを挿入する
・端末を起動する
・パソコンやタブレットで無線LAN設定を開き、SSIDとKEYを入力する
・接続完了
④オプションが不要な人は解約を忘れずに
「初期費用0円キャンペーン」を利用して申し込んだ場合は、オプションが不要ならBroad WiMAXのマイページから忘れずにオプションを解約しましょう。

「Broad WiMAX」の詳細はこちらから

速度を重視するなら「光回線」がおすすめ

Broad WiMAXは無線通信なので、そこまで高速な速度というわけではありません。
速さを求めるなら、光回線がよいでしょう。

光回線はスマホとのセット割で選ぶと料金がお得になります。
ただ、格安スマホユーザーの場合、スマホとのセット割の割引額が少ないため、単純な実質料金の安さや通信速度の速さで選ぶとよいでしょう。

スマホキャリアごとにおすすめの光回線は以下のとおりです。

おすすめの光回線
    • ソフトバンクユーザーなら「NURO光」

NURO光がエリア外の場合は「ソフトバンク光」

    • ドコモユーザーなら「ドコモ光」
    • auユーザーなら「auひかり」

auひかりがエリア外なら「So-net光プラス」

  • 格安スマホユーザーなら「NURO光」→「auひかり」→「So-net光プラス」

BroadWiMAXなら契約後でも光回線に乗り換えができる!

BroadWiMAXいつでも解約サポート

Broad WiMAX特有の解約サポートキャンペーン「いつでも解約サポート」を使えば、いつでも解約金なしに解約できます

乗り換えができる光回線は例えば次のようなものがあり、とても充実しています。

乗り換えができる光回線

  • ソフトバンク光
  • auひかり
  • So-net光プラス
  • ビッグローブ光
  • ブロードひかり
  • Yahoo!BB
  • BroadLTE

「いつでも解約サポート」の利用方法は、以下のとおり簡単です。

  1. Broad WiMAXに電話する
  2. 回線乗り換えの手続き
  3. Broad WiMAXを解約する

なお、連絡先の電話番号は、契約時に受け取った書類に記載されています。

まとめ

この記事では、口コミから分かるBroad WiMAXのメリットや注意点、おすすめなのはどんな人か、申込手順などについてご説明しました。
Broad WiMAXのメリットは以下のとおりです。

Broad WiMAXがおすすめなのは、以下のような人です。

おすすめの人

  • 月額料金そのものを安くしたい人
  • 他社回線から乗り換えたい人
  • 開通工事ができない人
  • 引っ越す予定がある人 or 引っ越しが多い人
  • 月間の容量無制限でネットを使いたい人

もし、Broad WiMAXを使ってみて通信速度が遅い、使いづらいなどの理由で他回線に乗り換えたい場合は、「いつでも解約サポート」を使うとよいでしょう。

この記事を読んでBroad WiMAXがお得だと感じた方は、ぜひ申し込みを検討してみてください。

「Broad WiMAX」の詳細はこちらから